メニューをスキップ
HOME > ユニセフについて > 主な活動分野 > 社会へのインクルージョン
公益財団法人日本ユニセフ協会

社会へのインクルージョン

© UNICEF/NYHQ2013-0425/Pirozzi

「インクルージョン(誰もが受け入れられる社会)」は、ユニセフが社会・経済政策に関して行う提言であり、社会へのインクルージョンを様々な形で推し進めるためのものです。民族やジェンダー、障がい、その他様々な要因で起こる個人への差別に対処するだけではなく、構造的な差別をなくすために取り組んでいます。施設の機能を改善したり、子どもたちの問題に資源を配分できるよう、ユニセフは様々な省庁や統計局をはじめ、議会、国内人権団体、地域当局、民間部門、市民社会と協力しています

例えば、教育面でのインクルージョンでは、障がいのあるなしに関わらず、子どもたちを普通学級で受け入れることを推進するために、垣根なく、イノベーティブな技法を取り入れています。

  • 障がいのある子どもたち
  • 差別・偏見

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る