メニューをスキップ
HOME > 世界の子どもたち > ストーリーを読む
財団法人日本ユニセフ協会

世界の子どもたち

南スーダン:
子どもの殺害、子どもの徴用を激しく非難/ユニセフ情勢レポート

【2014年4月18日 南スーダン・ジュバ発】

避難所に身を寄せる家族。
©UNICEF/NYHQ2014-0421/Kate Holt
マラカルの国連施設内にある臨時の避難所に身を寄せる家族(2014年3月27日)。

ユニセフは18日、先週南スーダンで起きた戦闘で、多くの子どもたちが殺害されたことを明らかにしました。殺害された子どもたちのなかには、避難生活を送っていた市民への攻撃や集中攻撃、武装集団や武装勢力に関与させられていた結果亡くなった子どもたちが含まれます。

子どもの死亡者の正確な数字はまだ明らかになっていません。一方で、17日には、南スーダン中部の要衝ボルの国連施設で、敷地内に避難していた人たちが攻撃され、大勢の市民が負傷し、多数が殺害されました。

ユニセフ・南スーダン事務所代表のジョナサン・ヴェイチは「完全に無防備の子どもたちが、安全だと感じられるべき場所で攻撃されました。このような状況下で子どもたちが受けるトラウマは計り知れません」と述べました。

紛争に関与させられる子どもたち

先週前半にユニティー州ベンティウの石油ハブ施設で起きた激しい戦闘により、何百人もの子どもたちが国連施設に避難を求めてきました。攻撃した集団は、武器を持ち、軍服を着用していたことが目撃され、軍事訓練を受けたことがある様子だったといいます。ユニセフは、信頼できる情報として、紛争に関わる両陣営に子どもが関与させられているとの報告を受けています。

ある16歳の少年は、3カ月前、武装勢力に入ることを強要され、戦闘で重傷を負いました。少年の家族は、少年を国連施設内に連れて行き、治療を受けることができたと報告されています。7歳の少女は、病院で自分の家族が殺害されたのを目撃、14歳の少年は、集中攻撃で負傷したといいます。ふたりとも、国連施設内の安全な場所まで何とかたどり着いたといいます。

「激しく、残忍な戦闘です。子どもたちは、決して紛争の道具にされてはいけません。武装勢力に関与させられた子どもたちが受ける長期にわたる影響をこれまで発信してきましたが、今や、武装勢力に関わることは子どもたちの命そのものに関わります。意思決定や指揮系統にいるおとなには、子どもを危害から守る義務があります。そして、子どもたちが武装勢力や武装集団の一員とならないよう、必要とされるあらゆる策を講じなければいけません」とヴェイチ代表は重ねて述べました。

南スーダンで紛争に関与させられている子どもたちの正確な数字を把握するのは、現在の情勢下では困難なものの、その数は極めて大きいと報告されています。国際法ならびに南スーダンの法律では、軍隊または非公式の軍であっても、強制的にせよ、自発的にせよ、18歳未満の子どもを兵士として勧誘すること、誘拐することを禁じています。

2013年12月に南スーダンで戦闘が始まって以来、人道支援関係者は、子どもたちが巻き込まれた事件が、悲劇的に増加していくのを記録してきました。子どもたちは、男女にかかわらず、殺害され、傷を負い、レイプされ、親を失って孤児となり、武装勢力に関与させられ、自宅を失っています。

南スーダンでは、紛争により100万人以上が自宅を離れ、避難しています。

■参考情報
4月1日現在、国内避難民は80万3,200人、周辺国へ逃れ難民となった人は25万4,600人に上ります(ウガンダ8万1,345人、エチオピア6万9,456人、ケニア2万5,099人、スーダン4万2,011人)。難民となった人の86%は、女性と子どもで、栄養不良や感染症にかかりやすくなります。

ユニセフ情勢レポート(2014年4月8日〜14日)

栄養状態の検査を受ける子ども。
©UNICEF South Sudan/2014/Knowles_Coursin
世界で最も若い国である南スーダンでは、多くの子どもたちが重度の栄養不良に陥る危険性がある。

<数字で見る概況>

  • 国内避難民 81万7,700人(2013年12月15日以降/OCHA2014年4月10日発表)
  • うち、6万2,800人が国内8カ所にある国連施設に避難
  • 避難民のうち18歳未満の推定値 43万7,263人
  • 国外へ避難した人 27万人(ウガンダ9万7,177人、エチオピア6万2,657人、スーダン4万2,011人、ケニア2万2,597人など/ OCHA2014年4月3日発表)
  • 参考情報:南スーダンの人口 1,083万人(2012年、ユニセフ『世界子供白書2014統計版』)
  • 2014年末までの人道支援に必要な資金額:7,510万米ドル(現在56%:4,183万米ドルが不足)

<状況>

  • 国内の情勢は流動的で先行き不透明
    4月12-15日に、北部ユニティー州ベンティウで激しい戦闘が起き、同地にある国連施設に避難する人が急増
    4月7-8日に、北部の上ナイル州のメルット(Melut)の北西40kmにあるカカ(Kaka)で武力衝突が発生し、避難者発生
    同じくメルットにあるデソマ(Dethoma)キャンプでは、戦闘が町に及んだ際に再避難できるように準備している避難民も
  • 5歳未満の子どもおよそ74万人を含む370万人が食糧不足に陥る危険性高まる
    栄養不良の割合も増加しており、直ちに治療を行えなければ、子ども5万人が命の危機に
    栄養状況は危機的で、特に紛争が激しい北部3州(ジョングレイ州、上ナイル州、ユニティ―州)では、避難と治安の 不安定さから、農業、漁業が行えず、家畜の移動もできない
    上記3州は陸路でのアクセスができず、支援物資の運搬に大きな支障、空路を利用
  • 戦闘で収穫を逃したばかりか、今後は作付けするのも厳しい状況
    戦闘の影響が少ない地域でも、昨年の洪水の影響を受けている状況
    この時期は食糧の在庫がなくなり、市場で買うのが一般的だが、市場は締まっており、避難していることから調達不能
    栄養不良の治療食77トン以上が空路ジュバに到着、すぐにパートナー団体に引き渡され、保健センターなどへ移送

【関連記事】

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る