このウインドウを閉じる場合は、閉じるをクリックしてください。

閉じる

このウインドウを閉じる場合は、閉じるボタンをクリックしてください。

閉じる

メニューをスキップ
HOME > 募金・支援 > 企業・団体・学校のご支援 > 団体としてのご協力
 
公益財団法人日本ユニセフ協会

団体としてのご協力

宗教団体、生協、青少年・女性団体、その他団体のみなさまへ
「全ての子どもたちの笑顔のために」
全国各地の団体のみなさまが、この想いを共有し、ユニセフをご支援くださっています。

ユニセフの支援が初めてというみなさまも、ぜひ、ユニセフ支援の輪に加わってみませんか。
ユニセフの支援を呼びかけたり、ユニセフ募金のためのチャリティーイベントを企画したり、ユニセフ活動を多くの人に伝えたりと、さまざまな方法でユニセフをご支援いただけます。

ご支援の方法

  • 募金活動
  • イベント
  • 団体賛助会員
  • マンスリーサポート
  • 外国コイン
  • 支援ギフト

ご支援の事例

  • 生活協同組合
  • 宗教法人
  • 少年団体
  • 女性団体 Coming soon...
  • 任意団体(法人格なし)
  • その他団体(法人格あり)

支援団体ピックアップ

日本のまちが東ティモールの水環境を変える
〜Carrying Water Project〜

四方を山々に囲まれた福井県東部の大野市。霊峰白山に連なる大自然に育まれた地下水が豊かに湧き、北陸の小京都として栄えた昔から人々の暮らしと文化を支えてきました。しかし「名水のまち」もやはり人口減少の課題を抱えています。市は新しい地方創生の取り組みとして、アイデンティティである「水」に立ち返り、未来を担う「子ども」に焦点を当てた「水への恩返し〜Carrying Water Project(キャリングウォータープロジェクト)〜」をスタートさせました。
詳しくはこちら→

市民の善意 ネパールの子どもたちに届け!
〜愛知県 豊橋市自治連合会様の事例〜

2015年4月25日にネパール・カトマンズ近郊で発生したマグニチュード7.8のネパール大地震を受け、豊橋市自治連合会では、2015年6月〜7月まで豊橋市全51校区(学区)の自治会(約10万7千世帯)への回覧文書でネパールへの支援を呼びかけ、1,000万円を上回るネパール大地震緊急募金を日本ユニセフ協会にお寄せくださいました。
詳しくはこちら→

中日新聞で紹介されました(2015.8.11)

ネパールの子どもたちのために
大阪市交通局が支援を呼びかけ

大阪市交通局は、5月9日(土)〜5月31日(日)の期間、ネパール大地震で被災した子どもたちを支援するため、市営地下鉄・ニュートラム(新交通システム)の全133駅に募金箱を設置し、乗客らに募金を呼びかけるなどの支援の取組を行ってくださいました。
詳しくはこちら→

各駅長室に置いていただいた
ユニセフ募金箱

妊産婦・新生児破傷風を撲滅へ エリミネイト・キャンペーン

国際キワニス(Kiwanis International)は、世界約80ヶ国にクラブをもつ国際奉仕団体です。

現在、国際キワニスは、ユニセフと協力の下、
"2015年までに妊産婦・新生児破傷風(MNT)を事実上撲滅させる"
を目標に掲げた「エリミネイト・プロジェクト」を展開しています。

破傷風は非常に致死率の高い病気で、毎年10万人もの赤ちゃんと母親の命を奪っています。しかし、予防接種や、出産時の衛生に関する正しい知識の普及などにより、撲滅可能であることも事実です。

地球上の全てのお母さんと赤ちゃんの命を破傷風から守るため、国際キワニスの会員の方々が熱心な募金活動にご協力くださっています。皆さまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
詳しくはこちら→

  • ユニセフとは?
  • 資料請求
  • 視聴覚ライブラリー
  • よくあるご質問

ユニセフ募金は、法人税の控除対象となります。
公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には特定公益増進法人への寄付として、税制上の優遇措置があります。