ユニセフバナー オンライン上の募金はこちらから

経口補水塩(ORS)

1つめの方法は、経口補水療法です。

子どもの死因の約5分の1は、下痢をともなう病気です。

近年になるまで、体から失われた水分を補給し、 生命を救う簡単な方法はないと考えられていました。 開発途上国では3人に1人の子どもが慢性的な栄養不良で、 身体の抵抗力が弱っています。

そのため不衛生な食べ物や水などが原因で しばしば激しい下痢におそわれ、 脱水症状で命を落としてしまいます。 この症状から子どもを救うことができるのが、 糖分と塩分の適量な配合液の投与――経口補水療法なのです。

この糖分と塩分と栄養素を配合した経口補水塩(ORS)が子どもを持つ親たちに届き、 安全な飲み水を使って適正な配合液を作ることができれば、 毎年250万人もの子どもを救うことができます。

ORS 1回分1袋のコストは、約7円です。
(C) unicef


戻る