メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

南スーダン戦闘激化
子どもが残虐行為の標的に
殺害、レイプ、誘拐―生存者が証言

【2015年5月18日 ジュバ(南スーダン)/ナイロビ(ケニア)発】

南スーダンでは、女性や子どもたちが攻撃の標的になっている。
© UNICEF/South Sudan/2015/Sebastian Rich
南スーダンでは、女性や子どもたちが攻撃の標的になっています。「他の人たちは川に逃げていきましたが、まさか襲われるとは思わず、私は自宅に残っていました。武装グループが家に押し入り、激しい暴力を受けました。なんとか、生き延びることができました」と語る女性。

ユニセフ(国連児童基金)が目撃者から得た報告によると、南スーダンのユニティ州でこの2週間続いている激しい戦闘の中で、数十人の子どもが殺され、少なくとも12人がレイプの被害に遭い、そして何人もの子どもが武装勢力によって誘拐されました。

標的となる子どもたち

攻撃を受けた村々から逃げ延びてきた人々の証言によると、ユニティ州での戦闘では、戦闘服だけでなく民間人の服装をした男性や少年たちも破壊行為に加わっており、子どもたちは被害者であり加害者にもなっています。複数の目撃者が、この攻撃はスーダン人民解放軍(SPLA)に同調する武装グループによるものだと証言しています。

生き残った人々がユニセフの職員に語った内容によると、村は焼き尽くされ、7歳にも満たない少女を含む多くの女性や女の子が家から引きずり出され、レイプされて殺害されました。少なくとも19人の男の子と7人の女の子が殺され、なかには10歳未満の子どもも含まれていました。その他にも、手足を切り落とされたり、戦闘員にするためや、奪った家畜の世話をさせるために誘拐された子どもたちもいます。

明らかになる恐ろしい事態

ユニセフ・南スーダン事務所代表のジョナサン・ヴェイチは、多数の証言から、雨期を前に戦闘が激化する中で子どもたちが直面している恐ろしい事態が明らかになってきたと話しました。

「子どもたちを意図的に標的にした攻撃に激しい憤りを覚えます。子どもたちを更なる暴力から守るには、直ちに戦闘を止めさせ、人道支援を担う人々が制限なく活動できるようにする必要があります。そして、迅速に徹底した捜査を行い、今回の子どもたちへの残虐行為を行った人々を特定し、その責任を追及しなければなりません」(ヴェイチ代表)

南スーダン政府と反政府軍は、性的暴力を含む子どもたちへの蛮行を直ちに止め、武装グループの勢力下にいるすべての子どもを解放するとともに、子どもたちを守るためにあらゆる力を行使するべきであると、ユニセフは伝えています。

心のケアや家族との再会を支援

国連が確認した情報によると、紛争当事者に徴用されている子どもは、合計1万3,000人に上ります。

今回の南スーダンでの戦闘から逃げ延びた女性や子どもたちに対し、ユニセフは心理社会的支援や離れ離れになった家族との再会支援などを行っています。

この数週間、ユニティ州と上ナイル州での戦闘は激しさを増しており、子どもたちへの恐ろしい暴力が繰り返されています。

傷を負っていたり、捕えられている、あるいは身をひそめて生活を送っている女性や子ども、そしてすべての一般市民を守るため、戦闘地帯となっているユニティ州と上ナイル州に、一刻も早く国連が無条件で入ることが極めで重要であると、ユニセフは強調しています。

* * *

■南スーダン概況

  • 2011年の独立後も政情不安が続いていた南スーダンでは、2013年12月15日、武力衝突が発生。その後も続く紛争により、子どもたちは自宅や学校、生まれ育ったコミュニティを追われ、暴力や栄養不良、病気の危険に晒されている。
  • 国内避難を続ける子ども:80万人以上 / 国外で避難生活を送る子ども:34万4,000人以上。
  • 1万3,000人以上の子どもたちが、武力衝突を引き起こしている両陣営に徴用されているとみられる。
  • 武装勢力と政府との間の和平協定により、今年1月から段階的に子どもの解放が進み、1,757人が解放された。
  • ユニセフは、解放された子どもたちの家族の居場所を追跡して、再会を進める支援のほか、子どもたちに食糧や避難場所、衣類の提供のほか、基礎保健ケア、カウンセリング、心のケアを実施している。
  • 紛争の長期化により、推定22万9,000人以上の子どもたちが重度の急性栄養不良に陥っている。
  • 戦闘地域にある学校の70%は機能しておらず、40万人の子どもたちが教育を受けられていない。

トップページへ先頭に戻る