メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2015年 >

デイビッド・ベッカム ユニセフ親善大使
パプアニューギニアの子どもたちを訪問
ベッカム大使設立の基金による活動を視察

【2015年11月5日  マウントハーゲン(パプアニューギニア)/ロンドン発】

ユニセフ親善大使のデイビッド・ベッカムは、5日、パプアニューギニアのユニセフが支援する病院で、栄養不良の治療を受けている子どもたちのもとを訪れました。

ベッカム大使、パプアニューギニアを訪問

栄養不良の治療ケアを受ける子どもたちを訪問したベッカム親善大使。

© UNICEF/UKLA2015-00080/Nickerson

パプアニューギニアでユニセフが支援する病院で栄養不良の治療ケアを受ける子どもたちを訪問したベッカム親善大使。

パプアニューギニアでは、生まれた子どもの13人にひとりが5歳の誕生日を迎える前に命を落とします。その死亡原因の多くには、栄養不良が関係しています。国の統計は、パプアニューギニアの子どもの半数近くが、発育不全に陥っていることを示しています。

ベッカム大使は今年のはじめ、『7(セブン):デイビッド・ベッカム・ユニセフ基金』を設立し、自身の発信力や人脈を活用して支援を呼びかけ、子どもたちのための持続的な変化を生み出していくために取り組むことを発表しました。

この基金は、栄養不良に苦しむパプアニューギニアをはじめ世界のさまざまな地域でユニセフが行う、子どもたちの生活を改善するプログラムを支える資金となっています。

子どもたちの健康と安全を支える

「今年のはじめ、ユニセフと共に基金を立ち上げました。子どもたちにとってもっと安全な世界をつくっていきたいと思ったからです。ここパプアニューギニアに来て、基金を通して集めた資金が栄養不良に苦しむ子どもたちのための栄養治療食となり、子どもたちの健康と安全を支えている様子を初めて実際に見て、とても誇らしく思います。すべての子どもは、自分の能力を十分に伸ばす機会を与えられるべきです。最も厳しい状況の、最も支援の届きにくい子どもたちを守るために労を惜しまないユニセフの活動をこうして見ることができるのは、とても素晴らしい経験です」とベッカム大使は語りました。

ベッカム大使は、11月14日、英国スターチームのキャプテンとしてオールド・トラフォードスタジアムに再び立ち、ジダン選手率いるワールド・チームを迎え撃ちます。この“Match for Children”は、『7(セブン):デイビッド・ベッカム・ユニセフ基金』への支援を呼びかける目的で開催されます。

* * *

   7(セブン):デイビッド・ベッカム・ユニセフ基金』について

『7(セブン):デイビッド・ベッカム・ユニセフ基金』は、2015年2月9日、デイビッド・ベッカム・ユニセフ親善大使が、世界中の何百万人もの子どもたちを危険から守り、支援するための革新的なイニシアチブとして設立した新たな基金。ユニセフやパートナー団体が教育や水と衛生、保健、社会保護などの分野で子どもたちのための成果をもたらし、最も困難な立場に置かれた子どもたちに支援を届けるために必要不可欠な活動資金を集め、行動の変革を促すことを目的としています。『7』は、ベッカム親善大使の象徴ともいえる、イングランド代表とマンチェスター・ユナイテッドで身につけていたユニフォームの背番号から名付けられました。

ベッカム大使の活動は、こちらからもご覧いただけます。


トップページへ先頭に戻る