メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2015年 >

気象予報士に扮した ケイティ・ペリー ユニセフ親善大使
子どもたちを苦しめる異常気象をリポート

【2015年12月7日  ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)の親善大使を務めるケイティ・ペリーは、気候変動が世界の子どもたちに与えている壊滅的な影響に人々の目を向けようと、気象予報士に扮し、ユニークな天気予報レポートを行いました。

ケイティ・ペリー親善大使による天気予報レポート

COP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、気候に関する法的拘束力のある世界的な合意形成に向けて世界のリーダーたちの会合が続いています。ケイティ・ペリー親善大使は本日公開された映像で、世界の至るところでみられ、多くの子どもたちや家族が家を追われる原因となっている異常気象に焦点を当てています。

2015年11月に発表されたユニセフの気候変動に関する最新の報告書*では、5億人以上の子どもが洪水の発生頻度が極めて高い地域で暮らし、1億6,000万人の子どもたちが厳しい干ばつが発生する地域で暮らしていると報告しています。

子どもたちの“予報”を変えるために

On 14 July, Seyanae tends his family’s few surviving goats, near the town of Lodwar, capital of Turkana District, in Rift Valley Province. His grandfather is Napathar, whose wife recently died of hunger. “I don’t know my age and I have never been to school,” Seyanae said. “The only thing I do is to help my family with their animals. None of my brothers and sisters go to school either – I have five brothers and sisters – so, with me, there are six. Every day I look after our goats. I like it: for us, they are a source of food and they are all that we have that we can make money with. So what I do is very important. I used to look after 200 goats, but now we only have 10. They have died of disease. They didn’t have any grass, so they died of hunger. Since last year, they have been dying – when the rains didn’t come, the grass started to dry up. When the goats die, we remove the skin and then we eat them. That is all we have to eat now. If all of my goats died, I would be willing to go to school…. I think it would be good to get an education and a job. But I am very worried there has been no rain. Every day we hope it will rain, but it doesn’t come. Two people in my family have died because they didn’t have enough food. At night we go to sleep and we are hungry.” In this predominantly pastoralist region, many families are selling their livestock to buy increasingly expensive food. [#1 IN SEQUENCE OF TWO] On 26 August 2011, the crisis in the Horn of Africa – affecting primarily Kenya, Somalia, Ethiopia and Djibouti – continues, with a worsening drought, rising food prices and ongoing conflict in Somalia. Some 12.4 million people are threatened by the region’s worst drought in 60 years. Hundreds of thousands of children are at imminent risk of dying, and over a million more are threatened by malnutrition and disease. In Kenya, 1.7 million children have been affected by the drought, including 220,000 Somali refugee children in the nort

© UNICEF/UNI114799/Holt

家畜のヤギを世話する男の子。200匹いたヤギも、雨が降らず草が育たなかったため、10匹にまで減ってしまったという。(ケニア、2011年撮影)

「干ばつや洪水、熱波などの厳しい気候条件によって、住む家や生活の糧が破壊されるだけでなく、子どもたちに対する病気や栄養不良のリスクは高まり続けています。そして何よりよくないのは、気候変動が生む最も不公平な重荷を背負わされるのが、世界の最も幼く、最も弱い立場にある市民だということです。この深刻な問題に取り組むよう、リーダーたちに働きかけましょう。ハッシュタグ#FightUnfairを付けて、あなたが気候変動を抑えるためにしていることをシェアしてください。私たちが力を合わせれば、多くの子どもたちの“予報”を変えることができます」とケイティ・ペリー親善大使は呼びかけました。

ユニセフの報告書ではまた、洪水の多い地域で暮らす5億3,000万人の子どもたちのうち3億人が、国民の半数以上が貧困状態にある国で暮らし、また干ばつが深刻な地域に暮らす子どものうち5,000万人が、同じく国民の半数以上が貧困状態の国で暮らしていると報告しています。

負のサイクルを生み出す気候変動

洪水の水が引かない中、大きな鍋を使って移動する子ども。(パキスタン、2011年撮影)

© UNICEF/UNI116709/Zaidi

洪水の水が引かない中、大きな鍋を使って移動する子ども。(パキスタン、2011年撮影)

気候変動とは、より多くの干ばつ、洪水、熱波、その他の厳しい気候条件に見舞われることを意味します。それらは人々の命を奪ったり、生活を荒廃させると共に、栄養不良やマラリア、下痢など、子どもたちの命にかかわる症状を蔓延させます。危機が起こる前から適切な衛生環境の中で暮らすことができていない子どもは、洪水、干ばつ、嵐などの被害をより受けやすく、また被災から回復するにも時間を要し、そして次に危機が起きたときには更に深刻な危険に直面する、そうした負のサイクルも生み出すのです。

世界的な人気を誇るケイティ・ペリーは、2013年にユニセフ親善大使に任命され、特に若者たちに向けて、世界で最も困難な状況にある子どもたちの生活を改善するための取り組みを訴えています。

*気候変動に関するユニセフ報告書『Unless we act now: The impact of climate change on children』は、こちらからご覧いただけます。


トップページへ先頭に戻る