メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2016年 >

ユニセフ
ナイジェリア北東部での支援継続
人道支援車両への攻撃後も

【2016年7月28日  アブジャ(ナイジェリア)発】

ユニセフ(国連児童基金)は、人道支援車両への攻撃被害にもかかわらず、ナイジェリア北東部で紛争の影響を受けている何百万人もの子どもたちへの支援を継続しています。

攻撃によってユニセフ職員1名を含む負傷者が出た事態を受け、国連職員のハイリスク地域への渡航は一時的に停止されています。

200万人以上に支援を届けるために

ユニセフが支援する保健センターで、治療を受けている、重度の急性栄養不良の男の子。(ナイジェリア・ボルノ州の避難民キャンプ)※本文との直接の関係はありません。

© UNICEF Nigeria

ユニセフが支援する保健センターで、治療を受けている、重度の急性栄養不良の男の子。(ナイジェリア・ボルノ州の避難民キャンプ)※本文との直接の関係はありません。

「ボルノ州の州都マイドゥグリで、私たちは全力で支援にあたっています」とユニセフ・ナイジェリア事務所のジャン・ゴフ代表は言います。「緊急支援を必要とするボルノ州全土の人々に支援を届けるため、さらなる取り組みを引き続き要請しています。この残酷な攻撃によって、緊急の人道支援を切実に必要としている200万人以上への支援が妨げられることは、あってはならないのです」

ユニセフは、ボルノ州で生じている危機への対応の強化を、ドナーや人道支援機関に対して要請しています。ボルノ州は、ボコ・ハラムとの衝突によって、最も影響を受けている地域です。

今回の攻撃が起こる以前、複数の地域では治安状況が改善していました。

「人々の生活が危機に瀕していることを、私たちのチームが目にしています。暴力によって、農地、市場、蓄えられていた食糧、そして保健施設や給水設備も破壊されています。私たちは、そのような被害を受けているより多くのコミュニティーに、確実に支援を届けなければならないのです」(ゴフ代表)

重度の急性不良に陥る子どもたち

ユニセフの推計によれば、ボルノ州だけで、今年、重度の急性栄養不良に陥るであろう子どもは24万4,000人に上り、もし治療を受けられなければ、その5人に1人が命を落としてしまいます。

ユニセフは、ナイジェリア北東部の紛争の影響を受けている3つの州で、200万人に対し保健サービスを提供し、5万6,000人の子どもたちに栄養不良に対する治療を行いました。また、支援によって、25万人への安全な水へのアクセスが改善し、20万人以上の子どもたちが学校に戻ることができました。

ハイリスク地域への渡航の一時的停止にもかかわらず、ユニセフは、ボルノ州での対応を強化しようとしています。今年初め、ユニセフは緊急支援のための資金として5,500万米ドルを要請し、現在までに2,300万ドルが集まっています。


トップページへ先頭に戻る