メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2016年 >

ナイジェリア ボコ・ハラム
悪化する “子どもたちの危機”
家を追われた子ども140万人、自爆攻撃への利用86人
ユニセフ報告書発表

【2016年8月25日  ダカール(セネガル)発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日発表した報告書の中で、ボコ・ハラムによるここ数年に及ぶ暴力によって、チャド湖畔一帯では人道危機がさらに悪化し、140万人の子どもたちが家を追われ、少なくとも100万人が、非常にアクセスが難しい地域に閉じ込められていると報告しています。

悪化する“子どもたちの危機”

「チャド湖一帯で起きている危機は、子どもたちの危機であり、世界的な移民・避難民問題の重要課題として位置づけられるべきです」とユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所代表のマヌエル・フォンテーヌは述べました。「人道的ニーズの増大に、支援が追いつけない状態です。今までアクセスできなかったナイジェリア北東部にも支援が届けられるようになったことも、その理由のひとつです」

ユニセフ、報告書を発表

ユニセフ報告書「移動を迫られた子どもたち、置き去りにされた子どもたち(Children on the Move, Children Left Behind)」

ユニセフ報告書「移動を迫られた子どもたち、置き去りにされた子どもたち

ユニセフは、2016年9月19日に予定されている国連の移民・難民サミットに先立ち発表された報告書『移動を迫られた子どもたち、置き去りにされた子どもたち』で、ボコ・ハラムによる暴力の影響を受けているナイジェリア、カメルーン、チャド及びニジェールにおいて、紛争が子どもたちに与えている以下のような影響及び子どもたちの痛ましい経験を伝えています。

  • 現在避難を余儀なくされている260万人に加えて、新たに220万人がボコ・ハラムの支配地域で身動きが取れなくなっている恐れがあり人道支援を必要としています。その半数以上が子どもたちです。
  • 今年に入ってからチャド湖畔一帯において38人の子どもたちが自爆攻撃のために利用されたと推定され、2014年から自爆攻撃に利用された子どもの数は、合計で86人にのぼります。
  • チャド湖畔一帯で、年のはじめには17万5,000人だった重度の急性栄養不良児の数は、今年のうちに47万5,000人に達すると推定されています。
  • ナイジェリア北東部だけでも、2万人の子どもたちが家族から離ればなれになりました。

受け入れるコミュニティの負担も

ダルエスサラームの難民キャンプで妹の世話をするハディージャさん(15歳)

© UNICEF/UN028854/Tremeau

ダルエスサラームの難民キャンプで妹の世話をするハディージャさん(15歳)

報告書は、家を追われた人々の10人中8人以上は、親せきや隣人の家に身を寄せているために、世界で最も貧しいとされるコミュニティにさらなる負担がかかっていると、伝えています。

「紛争の影響を受ける地域では珍しくないのですが、住民たちは、避難してきた人たちに僅かな食糧などを分け与えるという人間らしい行為をもって受け入れています」とフォンテーヌは言います。

子どもたちのニーズに応えるために

ユニセフとパートナー団体は、紛争の影響を受ける地域の子どもたちとその家族の基本的なニーズに応えるべく活動しています。今年に入ってからこれまでに、約17万人の子どもたちが心理社会的なケアを受け、約10万人の子どもたちが重度の急性栄養不良の治療を受け、10万人以上の子どもたちが学習プログラムに参加することができました。

ボコ・ハラムによる暴力行為の影響を受けるナイジェリア、ニジェール、チャド、カメルーンの人々を支援するためにユニセフが必要とする3億800万米ドルの資金のうち、確保できているのは13パーセントにすぎません。ユニセフは、ドナーに対して影響を受ける地域へのさらなる支援を呼びかけています。資金が集まれば、特にボコ・ハラムに支配されていた地域の増加する人道ニーズを含め、ユニセフは支援を拡大して対応することができます。

 

20160825_nigeria_bokoharam

トップページへ先頭に戻る