メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2016年 >

メッシら、ブラインドサッカーに挑戦
ユニセフ発表の新動画で
公平な社会を築く、スポーツの力
パラリンピック会場で放映

【2016年9月8日  リオデジャネイロ(ブラジル)発】

すべての子どもがスポーツや遊びを楽しむことの大切さと、ブラジル・リオデジャネイロでおこなわれるパラリンピックの開会を称え、FCバルセロナのスター選手と5人制ブラインドサッカーのスペイン代表チームが出演する新しい動画が発表されました。

ユニセフ、新しい動画を発表

この動画では、5人のFCバルセロナの選手が目隠しをしながらスペインのパラリンピック5人制サッカーチームと対戦します。ユニセフ(国連児童基金)とFCバルセロナ基金(the FC Barcelona Foundation)、国際パラリンピック委員会(IPC)の三者が協力し、すべての人にとって公平なスポーツの力を伝えるために作成されました。

このビデオは9月18日までパラリンピックの各会場で放映され、明日午後にスペインの初戦として行われる対中国の5人制サッカー試合会場でも流れる予定です。

「何ができないかではなく、何ができるかということが、その人が何を達成するかを決める、ということをパラリンピックは証明してくれます。そしてこの動画は、スポーツ、学校、人生において子どもたちが目指すものに、制限があってはいけないことを伝えています」と、ユニセフ事務局長のアンソニー・レークは語ります。「ユニセフは、バルサという仲間とともに、より多くの子どもたちに、遊び、学び、そして能力を存分に発揮して充実した人生を送る機会を提供していることを誇りに思います」

メッシら、ブラインドサッカーに挑戦

動画から:両チームの試合の様子

© UNICEF 2016

動画から:両チームの試合の様子

国際パラリンピック委員会会長フィリップ・クレーブン氏は、「ユニセフとFCバルセロナ基金との協力によって、視覚障がいのあるサッカー選手が、彼らの憧れるスターと対戦し、その技術と優れた能力を発揮する様をこの動画で見ることができます。メッシ、ブスケツ、マシップ、ラキティッチ、ロベルトの5人の反応を見ると、視覚が無いままプレーすることがとても難しいことがわかります。これは、最も重要な感覚の一つを奪われながらもペナルティーキックを決めるために必要とされる高度な正確性と、5人制サッカーの選手がいかに素晴らしいかということを更に際立たせています」と述べました。

「この動画を通じて、世界中の子どもたちに、自分たちにも素晴らしいことができ、みなと同じように遊ぶ権利があることを伝えたいと思います」

公平な社会を築く、スポーツの力

今週でユニセフとFCバルセロナ基金のパートナーシップが始まってちょうど10年になります。10年間で、このパートナーシップによって、100万人以上の男の子たち、女の子たちに支援を届け、支援がなければ阻害されていたであろう子どもたちが教育を受け、スポーツや遊びを楽しむことができました。この活動の一つである「オープン・ドア」プログラムは、ブラジルの15都市で実施され、障がいのある子どもたちへのインクルーシブ教育を推進してきました。

「FCバルセロナ基金では、インクルージョン(誰もが受け入れられる社会)、特に障がいのある子どもたちを受け入れるためのツールの一つとして、スポーツの可能性を全て引き出すことを目指しています。ユニセフとロドリゴ・メンデス協会と共にブラジル内で運営している『オープン・ドア』プログラムは、この分野において新しい標準となりました。私たちFCバルセロナ基金は、我々の信条を形にし、もっとも弱い立場にある人々にとってより公正でインクルーシブな社会を築くためのこうしたプロジェクトに取り組み続けていきます」と、FCバルセロナ基金副会長のジョルディ・カルドネル氏は話します。

このビデオに出演する5人のFCバルセロナの選手は、セルヒオ・ブスケツ・ブルゴス、ジョルディ・マシップ、リオネル・メッシ、イヴァン・ラキティッチとセルジ・ロベルトです。5人制サッカーのスペイン代表チームは、ペドロ・グティエレス・レオン(Pedro Gutierrez León)、ホセ・ルイス・ヒエラ・テフエロ(Jose Luis Giera Tejuelo)、ハビエル・アルバロ・ルイス(Javier Alvaro Ruiz)、フランシスコ・ハビエル・ペレス・ムニョス(Francisco Javier Pérez Muñoz)、マルセロ・ロサド・カラスコ(Marcelo Rosado Carrasco)、セルジオ・カノ・ロドリゲス(Sergio Cano Rodríguez)です。


トップページへ先頭に戻る