メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

イラク・モスル東部
2年ぶりの学校へ-30校が授業再開
1万6,000人の生徒が学校に復帰

【2017年1月24日  バグダッド(イラク)発】

戦闘が落ち着き始めたイラクのモスル東部において、ユニセフ(国連児童基金)の支援により30校の学校が1月22日に再開し、1万6,000人の子どもたちが学校に戻ることができるようになりました。

教育と将来への希望を取り戻す

モスル東部の再開された学校で授業を受ける男の子。(

© UNICEF/UN050216/Anmar

モスル東部の再開された学校で授業を受ける男の子。

モスル東部の一部の学校は2年にもおよび閉鎖され、女の子は教育を受けることを許されませんでした。

「ほんの数週間前まで、この周辺は暴力に支配されていました。今日、女の子も男の子も教室に戻っています」とユニセフ・イラク事務所代表のピーター・ホーキンスは述べました。「モスルの子どもたちは、この2年間の悪夢から覚めて、教育とより良い将来への希望を取り戻すための大きな一歩を踏み出したのです」

地方当局による不発弾の検査を経て、今後数週間のうちにさらに40校が開校する予定で、合計4万人の子どもたちが学校に通えるようになります。

ユニセフ、学校再開を支援

ユニセフはイラク政府と協力し、治安が安定した地域でさらに多くの学校の修復や家具などの設置、学校再開を支援していきます。 多くの学校は軍事的目的に使用されたり、攻撃による大きな被害を受けています。ユニセフは以下の活動を含む支援を行っていきます。

  • 学校への水と衛生サービス(水場やトイレの設置など)の提供
  • 教員や教育関係者に対する再研修
  • 子どもたちに対する学習促進プログラムの導入
  • 暴力に反対する啓蒙活動
  • モスル東部の12万人の子どもたちに対する学用品の準備

ユニセフと教育分野でのパートナー団体は、モスル近郊の避難民キャンプで暮らすあらたに避難してきた1万3,200人の子どもたちが、仮設の学習スペースにおいて、算数、科学、アラビア語、英語を学べるよう支援しています。


トップページへ先頭に戻る