メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

コンゴ民主共和国
カサイ地域の衝突激化
子ども150万人が甚大な危機に直面
重傷の子ども300人、拘束や処刑の報告も

【2017年4月21日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ニューヨーク/ジュネーブ発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、コンゴ民主共和国カサイ地域での危機が、子どもたちに甚大な影響を与えている、と警鐘を鳴らしました。150万人以上の子どもたちが激しい衝突の中で危険に晒されており、そのうち60万人は、すでに家を追われ避難民となっている子どもたちです。

重傷の子ども300人、拘束や処刑の報告も

コンゴ民主共和国の子どもたち(2015年3月撮影)※本文との直接の関係はありません。

© UNICEF/UNI181394/Almeras

コンゴ民主共和国の子どもたち(2015年3月撮影)※本文との直接の関係はありません。

「カサイ地域の子どもたちは、恐ろしい試練を耐え抜かなければなりません」と、ユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表代理のタジュディーン・オイウェイル(Tajudeen Oyewale)は、影響を受けている地域を訪問後に語りました。「何百人もの子どもたちが、暴力行為の中でケガを負い、また拘束されたりレイプされたり、処刑されたとの報告も届いています。子どもたちに対するこの恐ろしい虐待が、続くことがあってはなりませんし、加害者の責任が問われなければなりません」

コンゴ民主共和国の中でももっとも貧しいこのカサイ地域での暴力と不安定な情勢は、2016年8月に治安部隊との戦闘の中で地域の伝統的リーダーが殺害されたことをきっかけに始まり、2017年に入って3カ月間で状況はさらに悪化しました。

ユニセフの推計では、

  • 影響を受けている地域では、2,000人の子どもが民兵組織に徴用されています。
  • 少なくとも300人の子どもが、暴力によって重傷を負いました。
  • 4,000人以上の子どもが、家族と離ればなれになっています。

暴力は、この地域の教育と保健システムにも、甚大な影響を及ぼしています。350校以上の学校が破壊されました、カサイ中央州では、3分の1の保健センターがもはやその機能を失っており、子どもたちへの病気のリスクも増大しています。

「子どもたちは、戦場で戦わされたり、暴力で傷ついたり殺されたりするのではなく、家庭や学校や遊び場で安全に過ごすことができなければならないのです」とオイウェイルは述べました。

状況が迅速に改善されない限り、カサイ3州の子どもの人口に相当する600万人が危険に晒される、とユニセフは訴えています。

ユニセフは、民兵組織に徴用され、カサイ地域で拘束されたり取り残されていた384人の子どもの解放を支援しました。

ユニセフはまた、この地域への緊急支援を拡大し、17万3,000人を対象に保健、栄養、保護、教育、水と衛生、食糧以外の支援物資の提供をおこなっています。

ユニセフは、あらためて、全ての紛争当事者に対し、子どもの権利が確実に守られるよう求めます。

そして、活動への資金支援も呼びかけています。今日までにユニセフが確保できた資金は、カサイ地域での危機への対応に必要な資金2,060万米ドルのうち、わずか350万米ドルです。


トップページへ先頭に戻る