メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

タイ
ショッピングセンター爆弾攻撃
子どもを巻き込む無差別攻撃は許されない
ユニセフ・タイ事務所代表 非難声明

【2017年5月10日  バンコク(タイ)発】

9日、タイ南部パッタニー県のショッピングセンターで起きた爆弾攻撃により子どもが負傷したことを受け、ユニセフ(国連児童基金)・タイ事務所代表トーマス・ダヴィンは、以下の声明を発表しました。

子どもを巻き込む攻撃は許されない

今日午後、タイのパッタニー県の大規模かつ混雑したショッピングセンターで爆弾攻撃が起き、負傷した数十人の中に子どもが含まれると伝えられています。ユニセフは、子どもやその家族がいることが分かっているこのような民間施設に対する無差別攻撃を非難します。いかなる子どもの命も、このような形で危険に晒されてはなりません。このような行為は、到底許されるものではありません。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る