メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

中東・北アフリカ
子ども5人に1人、人道支援が必要
90%が紛争の影響を受ける国々に暮らす ユニセフ、最新の分析発表

【2017年9月11日  アンマン(ヨルダン)発】

中東・北アフリカ地域に暮らす子どもたちの5人に1人が、緊急人道支援を必要としている、と最新のデータと分析が示しています。このうち90%は、紛争の影響を受ける国々で暮らしている子どもたちです。

子ども時代を奪う紛争

A woman carries her child through the debris of buildings and vehicles destroyed during intense fighting as they flee the Old City for safe areas in Mosul, Iraq, Thursday 6 July 2017. Partially visible at left is the destroyed Great Mosque of al-Nuri. The end of the violence in Mosul in July 2017 is likely to be a turning point for Iraq, but it will not bring the guns to silence as the battle will soon turn to Tal Afar, West Anbar and Hawija. Three years of traumatic experiences and months of intense fighting have left children and families in Mosul struggling with the physical and psychological wounds of war, with childhoods turned into nightmares of brutality, displacement and loss. Many are being treated in trauma centres in west Mosul with bullet and shrapnel wounds are children and many children who fled the intense fighting between government and non-government actors are severely distressed and need psychosocial care. Warring parties actively recruited children into the fighting, depriving them of a normal childhood and the chance of a better future.Some children are being held in detention centres. UNICEF is providing these children with legal representation, education, psychosocial assistance, vocational training, and helping to improve the conditions of the facilities where children are held. Providing schools, water, sanitation and health services will be crucial for all Iraqi children and their families to return home. Otherwise, the risk is not only of a lost generation, but also severely restricted opportunities to build a solid foundation for coexistence, tolerance and peace in the future.

© UNICEF/UN073067/Romenzi

子どもを抱え、破壊された旧市街を歩く女性。(イラク・モスル)2017年7月6日撮影

「紛争は、何百万人もの女の子たち、男の子たちの子ども時代を奪っています。中東・北アフリカでこれまで数十年かけて築いてきた進歩が逆行する危険に晒されています」と、ユニセフの中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレは述べました。

子どもたちは、何年にもわたる暴力、避難生活および基本的社会サービスの欠如により最も深刻な影響を受けています。病院、電力、水と衛生施設を含む社会インフラも度々攻撃を受け、子どもたちを死と疾病の危険に晒しています。

何百万人の家族が家から逃れることを余儀なくされました。そして何度も、銃撃戦をくぐり抜けて逃げなければならなかった人々もいます。暴力や避難生活が続くことで、子どもたちと家族の生活はさらに困難なものとなっています。

「紛争の終わりが見えず家族の貯金が減少していく中で、多くの家族に残された最後の手段は、子どもを働かせ、娘を早く結婚させることです。紛争に参加する子どもの数も2倍以上になっています」とカッペラエレは言います。

最新の分析によると:

  • シリア国内および難民受け入れ国に暮らす約1,200万人のシリア人の子どもたちが人道支援を必要としています。2012年の50万人から大幅に増加しています。そのうち推定200万人の子どもたちがシリア国内の支援を届けにくい地域あるいは包囲された地域に暮らしており、過去数年間限られた人道支援しか受けられずにいます。
    A child suffering from cholera is held by his father as he receives treatment at the Alsadaqah Hospital, Aden, Yemen, Monday 14 August 2017. The world’s worst acute outbreak of acute watery diarrhea and cholera continues spreading in Yemen. Between late-April and July 2017, 436,625 suspected cases and 1,915 deaths had been reported in 21 of 22 governorates. Health, water and sanitation systems are struggling to function as a result of the ongoing conflict, and lack of regular salary payments for many public sector workers have created the ideal conditions for the disease to spread. As part of efforts to halt the spread of AWD/cholera, UNICEF and its partners are reaching out to communities through a nationwide awareness campaign. Across Yemen, thousands of volunteers are going from house to house to raise awareness and provide advice to families on how they can best protect themselves from the potentially fatal infection. The teams provide 15 to 20 minutes of counselling, followed by demonstrations on how to properly wash hands with soap before eating food or after going to the bathroom. They also stress the importance of boiling water before drinking. The campaign is expected to reach 3.5 million families across the country.

    © UNICEF/UN078078/Fuad

    病院で治療を受ける、コレラの症状のある男の子。(イエメン・アデン)2017年8月14日撮影

  • イエメンでは、戦闘により水と衛生施設が破壊され、コレラと急性水様性下痢症が世界最悪の流行を見せており、これまでに疑われる症例が61万件以上報告されています。イエメンでは、保健施設の半数以上が閉鎖し、給水システムが破壊されたことで、1,500万人近くの人々が安全な水および基本的保健ケアを得ることができません。
  • イラクでは、モスルや最近ではタルアファルを含む地域で戦闘が激化した結果、500万人以上の子どもたちが支援を必要としています。彼らは安全な水、食糧、住居および教育分野での支援を必要としています。
  • ガザ地区では、電力危機が続いており、水の供給は30%減少しました。下痢症に罹る幼い子どもたちの数が、この3カ月間だけで2倍になりました。

「中東・北アフリカ地域の子どもたちは、前例のないレベルの暴力に晒され、目にすべきではない恐ろしい光景を目撃してきました。もし、暴力と戦争が続くならば、その結果は、この地域だけではなく、世界中にとって悲惨なものとなります。世界の指導者たちは、子どもたちのために、そして彼らの未来のために、暴力を終わらせるためにさらなる努力をするべきです」とカッペラエレは述べました。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る