メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

「日韓子どもにやさしいまちづくり自治体交流会」開催
4月25日(火)9時45分~11時45分 

【2017年4月7日  東京発】

ユニセフ(国連児童基金)は「子どもにやさしいまちづくり事業(Child Friendly Cities & Communities Initiative=CFCI)」を提唱してから20年目となる昨年より、この事業の世界中でのさらなる推進に取り組んでいます。これを受け、日本ユニセフ協会でも、子どもの貧困など喫緊の問題への取り組みはもとより、すべての子どもの健やかな成長を図るため、地方自治体の皆様とこの活動に関する情報や課題を共有する「子どもにやさしいまちづくり連絡会」を立ち上げ、日本型CFCIの推進を図っております。

この度、韓国でこのCFCIに取り組む10の地方自治体が日本の子どもの権利オンブズパーソン制度の視察のために来日(4月23日~26日)します。この機会を活かし、日本と韓国のCFCI自治体の交流会を下記の要領で開催致します。

「ユニセフ日韓子どもにやさしいまちづくり自治体交流会」概要

■日 時 : 2017年4月25日(火) 9:45~11:45 (開場:9:30)

■会 場 : ユニセフハウス 1Fホール

■定 員 : 130名(入場無料)※先着順、事前申し込みが必要です

■対 象 : 地方自治体職員、NPO職員、研究者、学生、子ども、メディア等

 

■参加方法 :

下記を記入のうえ、Eメール、またはFAXにて(公財)日本ユニセフ協会宛てにお申込ください。

  • 件名「ユニセフ日韓子どもにやさしいまちづくり自治体交流会」
  • 本文 ①ご所属 ②ご氏名 ③ご連絡先(電話番号およびEメールアドレス)

送信先:Eメール webmaster@unicef.or.jp /Fax 03-5789-2036

 

■【プログラム】(日本語⇔韓国語通訳あり)

第1部: 韓国のCFCI実践報告 9:45~10:15

  1. 韓国のCFCIの現況 スン ジョンウン 氏(韓国ユニセフ協会)
  2. 完州郡の事例報告  ワン ミンニェ 氏(完州郡子どもにやさしいまち課課長)
  3. 江東区(ソウル市)の事例報告 リー スンジャ 氏(江東区子ども青少年課課長)

 

第2部: 日本のCFCI実践報告   10:15~10:45

  1. 日本のCFCIの現況 三上 健(日本ユニセフ協会)
  2. 世田谷区の事例報告 真鍋 太一 氏(世田谷区子ども育成推進課係長)
  3. 町田市の事例報告  佐藤 智恵 氏(町田市児童青少年課課長)

 

第3部: フリーディスカッション(CFCI自治体の皆様のご参加を中心に)10:45~11:45

  • 司会: 吉永 真理 教授(昭和薬科大学)

 

お問い合わせ先

(公財) 日本ユニセフ協会  広報室  担当:三上

TEL:03-5789-2016(平日9時~17時) FAX : 03-5789-2036

Eメール: webmaster@unicef.or.jp


トップページへ先頭に戻る