メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

お知らせ

ハンド・イン・ハンド募金キャンペーン2021
応援メッセージ(2)
柔道家 井上康生さん

2021年11月東京

毎年11月~12月にかけて日本全国で多くのご参加をいただいている、ユニセフの募金キャンペーン「ハンド・イン・ハンド募金」。今年も、各界の著名人の方々から、応援メッセージが寄せられています。

今回ご紹介するのは、柔道家の井上康生さんです。ぜひ、ご覧ください!

ハンド・イン・ハンドの皆さん、こんにちは。柔道家の井上 康生です。

現在は世界中で様々な紛争、大災害、そしてコロナウイルスによる脅威があり、そういうなかで人々、特に子どもたちが生きる権利というものを脅かされている—そういう環境じゃないかと思っております。

私自身、子どもの時からオリンピックに出場し、そして金メダルを取りたいという思いを持って、日々生きてまいりました。

本当に生きていくなかでの環境、また人々の支えがあったからこそと、今思っているところです。

しかし世界を見渡すと、そういう権利さえも持てない、そういう子どもたちが沢山います。是非とも皆さまにはその現状というものを知っていただき、そして皆さまが出来ることから始めていきながら、そういう子どもたちに対して少しでも力になれるように、お願いしたいなと思います。

私自身もこれから先、自分自身は何が出来るのか、しっかりと模索していきながら行動に移し、頑張っていきたいと思いますので、皆さま、一緒によろしくお願いしたいと思います。

柔道家の井上康生さん

応援メッセージ一覧

ハンド・イン・ハンド募金とは

ユニセフ・ハンド・イン・ハンド募金は、1979年の国際児童年に、世界の子どもたちへの共感を高め、協力を推進していきたいという願いから始まりました。以来40年以上にわたって続いています。

「ハンド・イン・ハンド(hand in hand)」とは「手に手をとって」を意味します。その名の通り、誰もがユニセフ・ボランティアとして参加できるのがハンド・イン・ハンド募金の特色です。毎年11月~12月の活動期間、日本全国のみなさまが、街頭やイベント、職場、学校、またご家庭の中で、工夫を凝らしてユニセフ募金活動に参加してくださっています。注:*2020年と2021年は、新型コロナウイルス感染予防のために街頭募金は控えていただき、他の方法でのご協力をお願いしております。)

43回目となる2021年のテーマは「すべての子どもの権利が実現される世界を~できることからはじめよう~」。すべての子どもは世界のどこに生まれても、健康に、生まれもった可能性を十分に伸ばして成長する権利があります。しかし、予防できる病気、紛争、貧困、自然災害、新型コロナウイルス感染症などにより、多くの子どもたちの権利が脅かされています。

詳しくは、ハンド・イン・ハンド募金特設ページをご覧ください。