条文のカードを使ったグループ学習

  • 子どもの権利を学級経営に生かしていくためには、おとなも子どもも「子どもの権利条約」について学ぶことがその第一歩です。
    日本ユニセフ協会が発行している「子どもの権利条約カードブック」では、子どもたちにも学びやすいように「子どもの権利条約」第 1~40 条の条文の子ども訳を、イラストとともに掲載しています。
    プリントしてそれぞれの条文を切り離すとカードになり、グループ学習をはじめ、さまざまな活動にご活用いただけます。 例えば、カードを使ってこんな学習をしてみましょう。

  • カードの画像

考えてみよう、自分の権利、みんなの権利

  • 「私が一番大切に思う権利」

    カードの条文を読み、自分にはどんな権利があるのかを学びます。そして、その中から自分が一番大切だと思う条文を選んでみましょう。選んだ条文とその理由をグループで話し合って、互いに何を大切に思い、あるいは心配しているかを理解しあいましょう。

    考えてみよう
  • 「自分の権利、みんなの権利」

    自分の生活を振り返ってみて、十分に守られている権利は何か考えてみましょう。一方であまり守られていないと感じる権利もあるかもしれません。また、自分にとっては守られていても、友達や同級生にとっては守られていない権利もあるかもしれません。
    子どもの権利は、すべての子どもが無条件にもっているものです。もし守られていない権利があるとすれば、どのようにして、みんなの権利を守り実現することができるか、考えてみましょう。