スポーツの場で子どもの権利を推進しよう

子どもの権利とスポーツの原則

遊びやスポーツは、教育と同様に、子どもたちの人生に大きく前向きな影響力をもっています。子どもたちは遊びやスポーツを通して社会性を身につけ、他者との協力、自制心、ルールを守ること、他者を尊重することなど、多くを学びます。
日本では、多くの子どもたちが部活動などを通してスポーツに励んでいます。日々の練習を重ね、その成果を発揮して試合に臨み、勝利につなげる。子どもたちにとっても、つらい練習を乗り越えた先にある勝利は、この上ない喜びでしょう。それもスポーツの大きな意義の一つです。
しかし、その過程で、子どもの尊厳を傷つけたり、身心の発達に悪影響を及ぼしたりしていることはないでしょうか。スポーツの本来のあり方を見失わないために、たとえば、以下のような点を振り返ってみましょう。

  • ▶︎常に子どもの最善の利益を考慮して行動する
    さまざまな活動において、子ども一人ひとりにとって最もよいことを第一に考えているだろうか。勝利至上主義に偏り、過度のトレーニングやプレッシャーを課していないだろうか。
  • ▶︎子どもの意見を尊重する
    スポーツとの関わり方、楽しみ方や試合・練習への要望などについて、子どもたちの意見は尊重されているだろうか。また子どもたちは主体的に練習に参加できているだろうか。
  • ▶︎子どもを暴力や虐待などから保護する
    スポーツの指導・練習・競技などのあらゆる過程において、子どもたちに対して身体的また精神的な暴力、子どもの尊厳を傷つける侮辱的な言葉遣い、虐待やハラスメントはないだろうか。
  • ▶︎子どものバランスのとれた成長を促進する
    スポーツのもつ本来の意義を見失わず、年齢に適した練習を通じて、子どもたちのバランスのとれた身体的・精神的成長を促進できているだろうか。休息や勉強にあてる時間を確保できているだろうか。

日本では、日本ユニセフ協会主導のもと、2018年に「子どもの権利とスポーツの原則」が策定されました。スポーツ庁をはじめとするスポーツ界はもとより、教育界や経済界などでもこの活動への賛同の輪が広がっています。体育の授業やクラブ活動などを通し、教育現場で日々、子どもたちと接し指導にあたる先生方も、ぜひ目を通してみてください。

策定してみよう
『部活動における子どもの権利規約』

「子どもの権利とスポーツの原則」には、
教育機関やスポーツ指導者に期待されることとして、
以下の6つの項目が記されています。

  • no1子どもの権利の尊重と推進にコミットする
  • no2スポーツを通じた子どものバランスのとれた成長に配慮する
  • no3子どもをスポーツに関係したリスクから保護する
  • no4子どもの健康を守る
  • no5子どもの権利を守るためのガバナンス体制を整備する
  • no6子どもに関わるおとなの理解と対話を推進する
↓

6つの項目を参考にしながら、『部活動における子どもの権利規約』を策定してみましょう!

「子どもの権利とスポーツの原則」特設サイトには、学校・園でのスポーツに関連する活動において、子どもの権利が守られているかを確認することができるアセスメントツールも掲載されています。ぜひご活用ください。