ユニセフについて

世界の子どもたちについて

ユニセフに協力する方法やユニセフ募金について

ユニセフではたらくには

その他

ユニセフいろいろQ&A

世界の子どもたちについて

6秒にひとり5歳になる前の子どもが命をうしなっているって本当ですか?
飢えて死んでしまう子どもたちはどれくらいいますか?
どうして学校に行けない子どもたちがいるのですか?
ストリートチルドレンって何ですか?
子どもなのにどうしてたいへんな仕事をしなければならないのですか?
兵士にさせられている子どもがいるって本当ですか?
戦争に巻きこまれている子どもはどれくらいいるのですか?
どこの国の子どもたちが一番こまっているのですか?

6秒にひとり5歳になる前の子どもが命をうしなっているって本当ですか?

本当です。開発途上国と呼ばれる国ぐにでは、1年間に530万人の子どもたちが5歳をむかえる前に命をうしなっています。これは1日に約1万5,000人、およそ6秒にひとりという割合です。
そして、命をうしなう原因の多くが、かぜがひどくなって起こる肺炎や、げりがつづいておこる脱水症状(だっすいしょうじょう)など、予防したり、なおしたりできるものなのです。

5歳の誕生日をむかえられない…

▲Qにもどる

飢えて死んでしまう子どもたちはどれくらいいますか?

実は、飢え(食べるものがなく、おなかがすいて苦しむこと)だけが原因で命をうしなう子どもは、全体の3%ほどです。しかし、飢えるまでいかなくても、じゅうぶんに栄養がとれていない栄養不良の子どもたちはたくさんいます。開発途上国の子どもの4人にひとりは栄養不良です。栄養不良は子どもたちを病気にかかりやすくしたり、病気をなおりにくくしたりします。
栄養不良の原因は食べものが足りないことだけではありません。お母さんの栄養がじゅうぶんでなかったために赤ちゃんがおなかの中でよく育たない、家族が栄養についてよく知らないために食事が栄養のかたよったものになってしまう、家族が畑や家の仕事にいそがしいために子どもの食事をつくる時間がとれず、食事の回数がへってしまうなど、いろいろなことが原因になっています。

栄養が足りない…

▲Qにもどる

どうして学校に行けない子どもたちがいるのですか?

 今、小学校に行きたくても行けない子どもが世界には約6,300万人います。また、多くの子どもたちが学校を途中でやめています。その原因は地域やその子どもの状況によっていろいろです。
たとえば…

  • 学校が遠い
  • 先生がいなかったり、先生の教えることがよくわからない
  • 家の手伝いのために学校に行く時間がない
  • 家族の生活を支えるためにはたらかなければならない
  • 学校で差別や暴力をうける
  • 両親が学校に行ったことがなく、教育の大切さがわからない
  • 教科書や学用品が足りない
  • 女の子だからという理由で学校へ行かせてもらえない

などがあげられます。

学校に行けない…

▲Qにもどる

ストリートチルドレンって何ですか?

家が貧しかったり、親に育ててもらえなくなったために、都会の路上ではたらいたり生活したりしている子どもたちのことをストリートチルドレンといいます。
くつみがきをしたり、新聞や花を売ったり、交差点で自動車の窓ガラスをふいたり、にもつ運びをしたり、ごみすて場から売れるものをさがしてきたり、自分にできることをさがしてはたらいています。昼間、街ではたらき、夜は家に帰る子どももいれば、完全に家をはなれ、路上で生活している子どもたちもいます。こうした子どもたちは、犯罪にまきこまれたり、麻薬のぎせいになってしまったり、とても危険な状況におかれています。また、多くの子どもが学校に通っていません。
ストリートチルドレンは、現在1億人以上いるといわれていますが、正確な数はわかっていません。

はたらかなくちゃ、生きていけない…

▲Qにもどる

子どもなのにどうしてたいへんな仕事をしなければならないのですか?

現在、開発途上国では、5〜17歳の約7,300万人の子どもたちが危険をともなう仕事をしています。貧しい家族の生活を支えるため、時間と手間のかかる家の仕事を手伝うため、親の借金をかえすため、など、子どもたちの多くが自分たちも生きていくためにはたらかなければなりません。
そして、子どもだからと安いお給料しか払われなかったり、1日何時間も休みなくはたらかされたり、学校に行くこともできなかったりしているのです。
はたらかなくちゃ、生きていけない…

▲Qにもどる

兵士にさせられている子どもがいるって本当ですか?

本当です。現在、約30万人の子どもたちが兵士として使われています。子どもたちは命令にしたがうことしか教えられず、ときには人を殺さなければなりません。戦いの最前線で危険なしごとをさせられ、命をうしなう子どももいます。
兵士として子ども時代を過ごすと、平和なときがきても、どのように人を信じたり、なかよくすればよいのかわからなくなってしまうこともあります。
大地震がおこったら、戦争に巻き込まれたら…

▲Qにもどる

戦争に巻きこまれている子どもはどれくらいいるのですか?

1990-2000年に起こった戦争で命をうしなった子どもは200万人以上います。からだに障害を負った子どもは600万人、住む家をおわれた子どもが2,000万人、家族と引きはなされ、ひとりぼっちになった子どもは100万人以上にもなります。また、戦争の中でつらい体験をしたために心に傷を負った子どもたちは、1,000万人以上いるといわれています。
大地震がおこったら、戦争に巻き込まれたら…

▲Qにもどる

どこの国の子どもたちが一番こまっているのですか?

どこの国がいちばん困っている、ということはなかなかむずかしいのです。なぜなら、ユニセフの支援を必要としているということは、その国に何か子どもに関する問題がある、ということなのですから。
ユニセフは支援をするときに5歳になる前に命をうしなう子どもたちの割合をしらべます。日本では1,000人の赤ちゃんがうまれると3人は5歳になる前に命をうしなっています。それにくらべ、1,000人中、100人以上もの子どもたちが命をうしなう国もあります。ユニセフはとくにこの数が多い国について、より支援が必要であると考えています。

世界の子どもデータ

▲Qにもどる

財団法人 日本ユニセフ協会