メニューをスキップ 公益財団法人日本ユニセフ協会
HOME > 協会からのお知らせ2013年

ユニセフ協会からのお知らせ

わずか数滴のワクチンがあれば…
10月24日は「世界ポリオデー」

【2013年10月24日 ニューヨーク発】

© UNICEF/PAKA2012-00310/ASAD ZAIDI
パキスタンのバルチスタン州都のクエッタ市では、ポリオ予防接種キャンペンの一環として、戸別訪問でポリオワクチンの投与を実施しています。

10月24日はポリオワクチンを発明したジョナス・ソーク博士の誕生日にちなんだ「世界ポリオデー」。ポリオ(小児麻痺)は、ポリオウイルスによってもたらされ、感染すると足や腕に麻痺が生じます。しかし、たった数滴のワクチンがあれば、予防することができるのです。

ポリオ撲滅へ大きな前進

ポリオ撲滅に向け、国際社会は、近年、大きな前進を成し遂げました。ポリオ蔓延国でも予防接種の普及が進んだことで、ポリオ発症例は減少傾向にあります。しかしその一方、ポリオの蔓延が終わったとみられていた国や地域で、新たな発症も報告されています。ポリオワクチンをまだ接種できていない子どもたちが存在することが、この背景の一つと考えられています。

現在、ポリオ蔓延国とされているアフガニスタン、パキスタン、ナイジェリアでは、予防接種を受ける子どもたちの数が劇的に増え、ポリオ撲滅という目標の達成が、これまでになく現実のものとして見えてくるようになりました。2012年、これら3カ国で報告されたポリオ感染例数は166例でしたが、2013年は99例にまで減少したのです。

また、長い間、ポリオ撲滅が最も難しい国であると考えられていたインドでは、最後のポリオ感染例が報告されてから2年以上経過しています。

無くならない感染リスク

国際社会は、ポリオの撲滅の実現にどんどん近づいています。しかし、もともとポリオが蔓延していなかった国などで新たな感染例が報告されているのも事実です。世界のどこかにポリオがある限り、世界中の子どもたちの感染のリスクが消えることはありません。

最近“アフリカの角”地域で発生したポリオの大量感染、そして、シリアからも感染が疑われるケースが報告されたことが私たちに伝えているのは、生涯にわたって身体機能の一部を麻痺させてしまいかねないこの病気を予防するワクチンを子どもたちに届けなければ、世界中の全ての人が、たとえどこに居ようと感染のリスクに晒され続けるということなのです。

最近報告されている新たな感染例の実に6割が、元々ポリオが蔓延していなかった国で報告されています。ポリオ撲滅のためには、ポリオウイルスを根絶しなければなりません。

世界全体で進めるイニシアティブ

© UNICEF/NYHQ2013-0155/TANYA BINDRA
紛争によって被害をうけたマリのガオ州ガオ市で、地域の保健センターで幼児にポリオワクチンを投与する保健員。

各地でポリオの大量感染が報告されています。しかし、だからと言って、これまで国際社会が取り組んできたことが否定されているわけではありません。すでに効果が実証されている戦略に従った活動をすれば、そうしたポリオの大規模感染にも、以前よりももっと早く適切に対処することができるのです。

ユニセフはじめ、ポリオ撲滅イニシアティブ(GPEI)に参加する団体は、2018年までにポリオ撲滅の目標を達成するため、この度、大量感染などの突発的な事態にも迅速に対応できる体制を整理し、過去の事例からの教訓も活かして作成した『ポリオ撲滅に向けた最終戦略プラン』を実行に移しました。

残る課題

前進し続けるポリオ撲滅に向けた活動。しかし、活動に従事する専門家やボランティアなどの安全の確保が、大きな課題として残っています。

子どもたちにワクチンや保健サービスを届けるため保健センターなどで働くヘルスワーカーたちは、たとえ身の危険が危ぶまれる状況下であっても、その努力を惜しむことはありません。こうしたヘルスワーカーや、彼らの安全を守る警察官の身の安全が確保されなくてはなりません。たとえ内戦や紛争の状況の中でも、こうした活動が暴力に巻き込まれることがあってはならないのです。

ユニセフは、各国政府や地域の指導者に対し、こうした活動に従事する方々への暴力行為を非難し、こうした方々が子どもたちに必要な支援を届けるために、国中のあらゆるところに何の制限も受けることなくアクセスできるよう必要な施策を講じるよう働きかけています。

宗教や文化的な価値観によって、子どもへの予防接種が拒否されるケースもあります。ユニセフは、“最後の一人”の子まで経口ポリオワクチンを届けるため、活用できるあらゆる手段やネットワークを使って活動を広げています。ワクチンの投与が拒否される例は、過去9ヶ月で40%以上の減少がみられました。今日、99%を超える保護者が、子どもたちへの経口ポリオワクチン(OPV)の投与を容認しています。

地球上からポリオを撲滅するために

ポリオを撲滅するたった一つの方法は、すべての国と地域で、すべての子どもに予防接種をすることです。ポリオは内戦や紛争の終結を待ってはくれません。私たちにも、平和が訪れるのを待っている猶予はありません。

世界中の全ての、特に紛争や災害、それらが要因で住む場所を追われた子どもたち、そして貧困に苦しんでいる子どもたちに、ワクチンを届ける努力を一層進めていかなくてはなりません。

関連リンク:

紛争が続くマリ北部ガオでコレラ感染拡大中 浄水や消毒、予防啓発の緊急支援活動を実施

日本政府-ソマリアで拡大するポリオ根絶に向けて支援を開始-

Polio Info (英語サイト)

トップページへ先頭に戻る