日本ユニセフ協会は、ユニセフ本部との協力協定に基づく
日本におけるユニセフ支援の公式機関です。
日本ユニセフ協会

栄養不良が脅かす、「命」・「成長」・「未来」

厳しい日常のなかでも栄養不良に陥ることなく育っていけるようユニセフ募金にご協力ください。
SoftBankスマートフォンの方へ
かざして募金

ケータイ料金と一緒に募金できます。

詳しくは

※募金はソフトバンクかざして募金サイトでのお申込となります。

小学校に通えない“5,900万人”の子どもたち。大きな要因は紛争です。

重度の栄養不良に陥り、東部州の栄養センターで治療用ミルクをもらう女の子 [ シエラレオネ ]

生きるために欠かすことのできない「栄養」が十分にとれないために、命を落とす子どもたちが大勢います。
2015年、世界で5歳を迎える前に生涯を閉じた子どもは約590万人。その半数以上の300万人が、栄養不良や、栄養不良からくる病気にかかった子どもたちでした。
幼い命を守るためには、世界の子どもたちの栄養状況を一日も早く改善する必要があります。

さらに、幼少期の栄養不良は、“脳”や“身体”の発達にも悪影響を及ぼします。1億5,900万人の子どもたちの一生を脅かす「発育阻害」

栄養不良で命を落とす子どもたちの背景には、その予備群ともいえる1億5,900万人の発育阻害の子どもたちがいます。
幼少期の栄養不良が原因で脳や身体の発達が妨げられるこの症状は、幼少期をすぎると回復が不可能となります。子どもたちは、その後の人生を通して病気をくり返し、進学も難しくなり、極めて困難な一生を送ることになります。
現在、発育阻害の40%が南アジアで、37%がサハラ以南のアフリカで起きています。

3回もの入院…5歳のジョセフは極度の栄養不良で危険な状態

大勢の子どもがひしめくアフリカ・ブルンジの病院で、治療用ミルクを飲ませてもらっているのは5歳のジョセフです。
10日前に入院治療を始めた時は、極度の栄養不良で命が危険な状態でしたが、ようやくタンパク質の不足による身体の腫れもひいて、回復の兆しが見えてきました。
実は、ジョセフが栄養不良で入院するのはこれが3回目です。村では作物の不作が続き、わずかな米とイモしか手に入りません。
ジョセフが健康に育つためには、毎日の栄養状況の改善が不可欠です。

このような栄養不良をなくすことができれば さらに、次世代にも大きな波及効果を生むことができるのです。

子どもたちの命と成長、未来を守るため、世界中で続くユニセフの栄養支援活動

国内で最も貧しい地域のひとつ、マディヤプラデシュ州の村での体重測定 [ インド ] すべての子どもたちがすこやかに育つように!

ユニセフは、栄養治療センターの運営や支援物資の提供をはじめ、地域の母子を集めて実施する定期的な発育観察、地元出身の保健員の育成、子どもの命を守る栄養・衛生・保健知識の普及など、世界各地で子どもたちのための栄養支援活動を強力に推進しています。

栄養治療食でただちに治療を開始

栄養不良の子どもたちは、今すぐ口にできる栄養価の高い治療食を必要としています。ピーナツを主原料とした密封パック入りの治療食は、1袋約500キロカロリー。常温保存が可能なため、被災地や紛争地でも活用されています。

命にかかわる栄養不良の子どもを救う治療用ミルク

食べ物を消化・吸収できないほど衰弱した重度栄養不良の子どもには、保健施設での入院治療が不可欠です。身体への負担を考慮し、低カロリーの治療用ミルクから約1週間かけて高カロリーのミルクに移行していきます。

一粒で半年間、子どもの命を支えるビタミンA

免疫をつかさどる栄養素、ビタミンA。不足すると病気にかかりやすいだけでなく、子どもの失明の最大原因にもなります。年に2回の予防接種と一緒に投与を受けることで、感染症などによる死亡率を24%も削減できます。

子どもの命の守り方を広める地域保健員

栄養検査の方法や病気の予防法などを身につけた地元出身の保健員は、地域の母子の強い味方。栄養教室や体重測定、家庭訪問などを通して子どもたちの成長を支え、最寄りの保健施設と村々をつなぐ橋渡し役も担っています。

子どもたちの慢性栄養不良をなくすことにも力を注いでいます。

最も効果の高い取り組みの一つは、
地域の人材を育成し、
命を守る栄養知識を広めてもらうことです。

例えば、生後6ヵ月までの赤ちゃんには母乳以外のものを与えずに育てること。感染症や失明を防ぐビタミンAは予防接種と一緒に投与を受けること。肉や魚が手に入らなくても豆でタンパク質を補えることなど

近くに医療施設のない途上国の村々では、
こうした知識の有無が
子どもたちの生存を左右します。

母親たちと開く定期的な成長観察会

成長観察会は、子どもたちの栄養状態を確認する絶好の機会です。
体重や身長など発育の経過をノートにつけ、3色に色分けされたメジャーで腕周りを測って、黄色なら要注意、赤ならすぐに医療施設での治療を手配し、手遅れになることを防ぎます。さらに、野菜づくりや料理教室などを通じて、子どもに与える栄養についての意識が向上した地域では、子どもたちの健康状態が確実に改善してきています。

あなたのご支援でできること

3,000円のご支援が

袋を開けてすぐに食べられるペースト状の栄養治療食91袋に変わります。

5,000円のご支援が

重度の栄養不良に陥った子どもの命を救う治療用ミルク241杯分に変わります。

10,000円のご支援で

保健員が1,836人の子どもに上腕の周囲を測定するメジャーで栄養検査を実施できます。

30,000円のご支援が

子どもたちを感染症や失明から守るビタミンA 15,000人(1年間)分に変わります。

50,000円のご支援で

保健員2人に研修を行ない、地域の母子に栄養・保健サービスを提供することができます。

※ご寄付の金額は任意です。
※輸送や配布のための費用は含まれません。
※2016年10月現在の価格

現地レポート ネパールで活躍する日本人スタッフより
すべての子どものが学校に通い、笑顔を取り戻すまで。ユニセフは子どもたちを支え続けます。

ユニセフ(国際連合児童基金)について

ユニセフは、世界の子どもを守る国連機関です。

ユニセフは、世界150以上の国と地域で、子どもたちの命と未来と守るために、保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ、緊急支援などの支援活動を実施しています。その活動資金は、すべて個人や企業・団体・各国政府からの募金や任意拠出金でまかなわれています。


ユニセフは、世界34の国と地域にユニセフ国内委員会を置き、募金、広報、アドボカシー(政策提言)活動を行っています。
1955年に設立された日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)は、ユニセフ本部との協力協定に基づく日本におけるユニセフ支援の公式機関です。

ユニセフ(国際連合児童基金)について

当協会のユニセフ本部への拠出額と拠出率は、2015年も、世界34のユニセフ協会(国内委員会)の中でトップレベルを維持しました。

収支と活動について詳細をご報告しています。 >

ユニセフは、世界の子どもを守る国連機関です。

※1 管理的費用とは、人件費(正味財産増減計算書の給料・報酬、福利厚生費、退職給付費用、賞与引当金繰入額)及び事務運営費(光熱水費、火災保険料、施設管理料、建物減価償却費、什器備品など減価償却費)です。この費用は、新公益法人会計基準に則り、一般会計の各事業に配賦されています。また、管理部門に掛かる事務運営費・人件費は、同会計基準に則り、一般会計とは別に法人会計に計上されており、一般会計と東日本大震災緊急募金特別会計と法人会計を合わせた全経常費用計に占める管理的費用の割合は、2.6%です。
詳しくは正味財産増減計算書をご覧ください。


※2 2015年のユニセフ本部への拠出金15,000,000,000円は、一般会計経常費用計18,599,944,363円の80.6%、ユニセフ募金(受取募金と受取グリーティングカード募金)合計18,487,485,746円の81.1%にあたります。


監査報告書
監査報告書
(公財)日本ユニセフ協会は、監事及び会計監査人の監査を受けています。
世界の子どもたちへ、2015年、たとえばこんな支援を届けることができました
幼い命を守るために

世界中で、子どもの免疫力を高めるビタミンAを2億7,000万人に投与し、7,000万人以上に安全な水やトイレを提供、95ヵ国の子どもたちにはしかや風疹など28億回分の予防接種用ワクチンを提供しました。

緊急事態への対応

紛争が続くシリアでは、約300万人の乳幼児にポリオの予防接種を行ない、84万人を超える子どもに心のケアを実施、難民危機に直面した欧州では8万人以上の子どもを保護施設でケアするなど、102ヵ国で310の緊急事態に対応しました。

※2015年実施

厳しい日常のなかでも栄養不良に陥ることなく育っていけるようユニセフ募金にご協力ください。

ご利用ガイド :

今回の募金 毎月の募金

特定公益増進法人である日本ユニセフ協会への寄付金は、寄付額の約40%が所得税額から控除できるほか、一部自治体の住民税、相続税、法人税の控除対象となります。>>

SoftBankスマートフォンの方へ 携帯電話利用料と一緒に2タップで募金できます。

※お申込みいただいた募金は、ソフトバンクを通じて日本ユニセフ協会へ寄付されます。

※継続寄付を複数回お申込みされた場合、最後の一口分のみが翌月以降も継続寄付の対象となります。

ユニセフ募金は税額控除の対象となり、約40%が所得税額から控除されます。
確定申告にて寄付金控除を受けるためには、当協会が発行する領収書が必要です。寄付金控除について >

募金のお申込み完了後、「団体からの領収書を希望する」ボタンを押し、注意事項に同意の上、領収書をお申込みください。領収書はソフトバンクから当協会へ入金後に発行します。都度寄付は募金のお申込みから通常約2~3か月後に、継続寄付は、その年1月~12月に当協会が受領したご寄付の領収書を翌年1月にまとめてお送りします。

継続寄付にお申込みいただいたご支援者の皆さま(月額500円以上)で、領収書発行を希望された方には、ご参加期間中、広報誌「ユニセフ・ニュース」をお送りします。

SoftBankスマートフォンの方へ
かざして募金
ケータイ料金と一緒に募金する

※ソフトバンクのページに移動します。
※都度寄付と毎月継続寄付から選べます。

メールマガジンに登録する

PCサイトはこちら