メニューをスキップ
財団法人日本ユニセフ協会

■実施中の募金キャンペーン

パートナー 協力企業団体

伊藤ハム 「子ども未来プロジェクト」
実施中
2017年1月1日から2月28日まで

伊藤ハム株式会社は、「アジアの中で最も信頼される食肉加工メーカーになる」という経営ビジョンに基づき、アジアの子どもたちに教育の機会を提供するユニセフの活動を支援する「子ども未来プロジェクト」を引き続き実施いたします。
2017年1月1日から2月28日までの2ヵ月間、対象商品1パックにつき1円がユニセフへ寄付され、2つのプロジェクトを通じてアジアの子どもたちを支援します。

【子ども未来プロジェクト】

アジアでは、約1,800万人の学齢期(小学校)の子どもたちが学校に通えない状況と言われています。こうした教育の機会を奪われがちなアジアの子どもたちに、教育の機会を提供することを目指すユニセフの「子どもにやさしい学校を広める教育事業」を支援します。 主な支援活動としては、学校・教室の建設、性別や障害に配慮したトイレや手洗い場等のハード面での支援の他、現職教員への研修、新規教員の育成、就学前の幼児ケア・教育等ソフト面の支援も予定しています。
※対象商品:①チーズイン71g、②チーズイン71gx2、③マジ旨あらびきウインナー216g、④マジ旨あらびきプチフランク205g、⑤ロイヤルポールウインナー10本入、⑥さわやかパックうすぎりホワイトロース82g、⑦チキン侍ちき丸クンチーズ味105g、⑧チキン侍ちき丸クン和風醤油味105g

© UNICEF/LaoPDR00941/Holmes
© UNICEF/LAOA2006-5008/Holmes

伊藤ハムのプロジェクトwebサイトへ »

これまでの記事:2010年「タンザニア栄養プロジェクト」視察記録

プランピー・ナッツで守られた命 〜 タンザニア・ザンジバルで活躍する保健員

タンザニアの栄養問題と新しい治療方法

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る