栄養不良と肺炎で命を失いかけた

1歳半の女の子

 

保健施設までは徒歩2時間。

母の必死の行動が、娘を守った。

(マダガスカル)

c UNICEF/UNI201646

無事に生まれて、すくすく育つ−私たちの生活で思い描く人生のスタート。

しかし、世界には幼くして失われている命がたくさんあります。

 

5歳の誕生日を迎えることなく、命を失う子どもたちは年間560万人

45%にあたる約266万人は、生後1か月以内に亡くなっています

5歳未満の幼い子どもたちの命を脅かす大きな要因に、栄養不良があります。

下痢や肺炎などの病気は、日ごろから栄養が足りていない体をあっという間に衰弱させ、命を奪っています。

 

「発育阻害」と呼ばれる慢性栄養不良は、見た目には「年令のわりに身長が低い」状態です。

やせ細る急性栄養不良と比べると、緊急度や優先度が高い課題と認識されてきませんでした。

 

栄養と発育に関するさまざまな研究によって、発育阻害がもたらすさまざまな影響が浮き彫りになりました。

発育阻害になれば、神経や脳の発達に影響が生じ、将来的には教育や所得の面にも影響を及ぼすこと。

発育阻害の女の子がやがて出産すれば、生れてくる子どもが発育阻害になりやすく、連鎖してしまうこと。

 

同時に、胎内にいる時から2歳の誕生日まで「人生最初の1000日に適切な栄養を取り

ケアを受けられれば、子どもが病気にかかりにくくなり、命や成長を守られることもあきらかになりました

 

「人生最初の1000日」に適切なケアと栄養を与え、子どもたちの健康を守りたい−

ユニセフは、武田薬品の皆さまと共に、以下の取り組みを行います。

 

支援規模

・新生児ならびに5歳未満の子どもたちの生存が厳しく、

発育阻害の割合が高いアフリカの3カ国(ベナン、マダガスカル、ルワンダ)での

保健・栄養プログラムの支援

5年間(2017年-2021年) 総額10億円

「人生最初の1000日」に必要な取り組みは、決して高度な医療ではありません。

シンプルな取り組みです。

正しい知識やケアを

学べる機会を作り、

人を育てること。

必要な医薬品や機材を

そろえること。

正しいケアを

お母さんや家族が

行えるようにすること。

代表的な取り組みをご紹介します。

取り組み

保健分野

栄養分野

保健員の育成や遠隔地での

保健サービスを高め、

妊産婦と新生児を支援

妊産婦から2歳までの

栄養改善、治療、栄養知識の

普及を支援

1

保健

1. 病気の新生児の治療

2. コミュニティ保健員の育成

3. 保健施設・スタッフの充実

3

2

栄養

1. 母親などへの栄養、食事の指導と研修

2. 重度栄養不良児への治療

3. 栄養物資などの調達と配布

1

3

2

ユニセフが開発した携帯電話のSMS技術を使った取り組み(例:医薬品の調達アプリ)を行う可能性もあります。

※上記の写真は、支援対象国以外の写真も含まれています。写真すべ(CUNICEF

 

 

インパクト

3カ国での5年に渡る取り組みで、のべ130万人のお母さんと子どもたちを支援します

保健分野

栄養分野

「人生最初の1000日」における妊産婦と

子どもたちへの質の高い保健サービスの提供と

アクセスの改善

発育阻害およびその他の形態の

栄養不良と闘う

5年間で、約39万5000人の妊産婦への

保健サービスの提供とアクセスの改善を行い、

さらに、約32万3000人の新生児への

ケアの強化を支援します。

5年間で、約58万2000人

5歳未満児の栄養状態の

改善を支援します。

支援対象になるのは3カ国です。

世界での発育阻害の割合(出典: UNICEF, WHO, World Bank Joint Child Malnutrition dataset, September 2016 update)

武田薬品の支援で、ユニセフは、

お母さんと子どもたちを守ります。

unicef logo