メニューをスキップ
HOME > 世界の子どもたちを知る > ユニセフ・イノチェンティ研究所
公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフ・イノチェンティ研究所とは

ユニセフ・イノチェンティ研究所(UNICEF Office of Research - Innocenti)は、世界の子どもたちの権利を推進するユニセフのアドボカシー(政策提言)活動を支え、また現在および将来におけるユニセフの活動分野を特定し研究するため、1988年、イタリアのフィレンツェに設立されました。その主な目的は、子どもの権利に関する様々な問題について国際社会の理解を深めること、世界各国において子どもの権利条約が完全に履行されるよう促進することです。

ユニセフ・イノチェンティ研究所が発行する資料一覧 レポートカード(Report Card)

レポートカード13 子どもたちのための公平性:先進諸国における子どもたちの幸福度の格差に関する順位表

2016年4月発行

レポートカード13 子どもたちのための公平性:先進諸国における子どもたちの幸福度の格差に関する順位表

■ 関連記事

レポートカードシリーズ一覧はこちら»

その他の出版物

Child Drowning - Evidence for a newly recognized epidemic and its prevention
(子どもたちの溺死 ―― 新たに多くの子どもたちの問題としてその存在が明らかになったことの証左と対策)

2012年5月23日発行

■ 関連記事

Child Safety Online: Global challenges and strategies
(インターネット上の子どもの安全―グローバルな挑戦と戦略―)

2011年12月発行

■ 関連記事

The Dynamics of Social Change: Towards the abandonment of FGM/C in five African countries
(社会変革の力学:アフリカの5ヵ国におけるFGM/C根絶に向けた取り組み)

2010年11月18日発行

2010年11月18日:The Dynamics of Social Change: Towards the abandonment of FGM/C in five African countries(社会変革の力学:アフリカの5ヵ国におけるFGM/C根絶に向けた取り組み)

■ 関連記事

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る