ユニセフ遺産寄付プログラム

「今を生きる子どもたちへ」贈りたい言葉
~子どもたちへ、つないでいく~

設立より75年、子どもたちへのたくさんの想いに支えられ、ユニセフは世界中で支援を続けてきました。

どんな時代にあっても、子どもたちが健やかに育ち、希望をもって生きていくことができるように。
子どもたちへの想いを言葉というかたちで共有することで、支援者の皆さま一人ひとりの想いがつながり、広がり、育まれる、そんな場をもちたいと考え、言葉を募りました。

皆さまからは、厳しい状況下におかれた子どもたちの希望となるメッセージをたくさん寄せていただきました。いただいた言葉を多くの方にご覧いただきたいという思いから、6つに分けてご紹介することにいたしました。言葉に流れるあたたかな想いを、一つひとつのメッセージをぜひご覧ください。

また、この他にもあたたかいメッセージをいただきました。言葉をお寄せくださった皆さまに、心よりお礼申し上げます。

寄せられた言葉

希望をもって

メッセージを読んで、なにかが心の中に生まれたら、
それは希望の種かもしれません。

  • なんで私だけ、こんなに苦しいんだろう。
    なんで私だけ、こんなことが起きるのだろう。
    なんで私だけ…と何度思ったことだろう。
    どんなに今がつらくても、あきらめず、生きていさえいれば、必ず光は見えるから。

    (M.M.さん)

  • 君たちに頑張ってください、という言葉を掛ける資格は私にはありません。
    でも生き抜いてください。
    かならず生きていてよかったという日が来ることを信じて…。

    (S.H.さん、80代)

  • 見える世界がすべてじゃないよ。
    目を開けても、目を閉じても
    見えない世界が必ずある。
    そこにはまだ知らない世界が
    たくさんあるんだよ。だから
    見えないものを信じよう。
    希望を持って、いまを生きて。

    (Y.N.さん、30代)

  • 明日は今日より良い明日
    出来なかったことが、できるようになる
    苦しかったことがなくなる
    辛かったことは消える
    きっと大丈夫
    明日は今日よりも良い明日

    (H.D.さん、10代)

  • 今を生きる子どもたちに、希望を持って
    生きてほしい。私は、あなたたちと
    一緒に歩み続け、生きる希望を見つけて
    いきたい。全ての人が幸せに生きることのできる世界をあなたたちと一緒に築いていきたい。

    (E.Y.さん、20代)

  • “まわる、まわるよ時代は回る
    喜び悲しみ繰り返し”「時代」です。
    未来が見えなくても、諦めないで下さい。
    明日があると信じてさえいれば、
    今が過去となり、きっと笑って話せる日がくるのですから。

    (A.K.さん、60代)

  • 愛を与えるということは
    枯れることがないから
    希望が絶望にかわっても
    下には望みがあるんよ
    この言葉を子どもたちに贈って
    生き続けてほしいです

    (M.S.さん、40代)

  • 明日は明日の風が吹く。
    吉本新喜劇、池乃めだかさんの台詞です。
    勉強嫌い、運動も苦手だった子ども時代。私を支えてくれた言葉です。
    嫌な辛い事があっても明日は新しい1日。
    新しい1日の繰り返しで強くなれました。

    (匿名)

  • もし今は困難な状況にいても、地球上に生きている木、海、山、動物、昆虫等全てが平等にもっているのは時間です。
    そして人はこの時間を「時間薬」という薬に代える心を持っています。
    自らの成長しようとする力を信じて。

    (Y.T.さん)

  • 今、すぐ目の前の現実は辛く厳しいかもしれない。でも少し先を見てごらん。
    明るいよ。未来で今を振り返れば楽しかったことだけが心に残るんだよ。
    無理はしなくてもいい。
    今日より明日は少し強くなろう。

    (匿名)

心にまっすぐ 歩みつづけて

だめかもしれないと思っても、心に耳を澄ませば、一歩ふみ出せることがあります。

  • 自分を信じて、今自分が出来る事を
    1つずつ行なっていけば、道は、
    開けてきます。天は、見ています。
    陰日向なく一歩一歩進んで下さい。
    お互い頑張ろうね。

    (M.I.さん、50代)

  • スタートラインを平等にすることは
    できないが、夢を持つことはできる。
    貧困から抜け出すのは難しいが、
    救いの手を差し伸べる人がいる。
    もしやりたいことが見つかったら、
    周囲の目を気にすることなく
    挑戦してみよう。

    (Y.T.さん、30代)

  • こんにちは、日本の九州からメッセージを送っています。厳しい状況が続いていると思います。こちらから、すこしばかりですが、基金を毎月送っています。いまは、大変ですが、頑張っておれば、必ず道はあります。自分の好きな事に力を入れて歩んでくださいね。遠い日本から応援しています。皆さんに道が開かれるようにずっと祈っています。貧しくても、幸せはそこにあります。心に正しいと思う道を歩んでください。応援しています。

    (S.H.さん、50代)

  • 信念が変われば、思考も変わる。
    思考が変われば、言葉も変わる。
    言葉が変われば、行動も変わる。
    行動が変われば、習慣も変わる。
    習慣が変われば、人格も変わる。
    人格が変われば、運命も変わる。
    マハトマ・ガンジー
    どうか人生を諦めないで。あなたが諦めない限り、私はあなたをサポートし続ける事を誓います。

    (D.M.さん、30代)

  • 成功する人間は、必ず良い人に出逢う。

    (J.T.さん、40代)

  • 苦しんでいてもそれが一生続くわけではありません。前を向いて努力していく事こそ、生きがいであり、喜びであると思います。今は苦しんでいても、人のために何かできる事をやろう。
    きっと喜びがあると思います。

    (K.N.さん)

  • あきらめないで 頑張って下さい。
    そうすれば、幸せを願って頑張れば、きっと幸せは訪れると信じています。

    (F.K.さん、40代)

  • 人類みな平等 願いは叶う 自分を信頼する すべては学び

    (A.H.さん、40代)

  • 良いことも長く続かないが、
    悪いことも長く続かない。

    (Y.Y.さん、50代)

  • キミのこと、知っているよ。
    そこにいること、わかっているよ。
    キミの瞳は輝やいているね。
    いつも前を向いていて欲しい。
    晴れの日も、曇りの日も、雨の日も。
    キミの心は自由だ。愛しているよ。

    (T.S.さん)

言葉の力

「言葉」の漢字の由来には、心を種として言の葉になると伝えているものがあります。
言葉には、不思議な力があります。

  • どんなに辛く悲しい時も、言葉には力があると言う事を信じて(言霊)。
    例えば「私は幸せです。私は素晴らしい。すべてうまくいく。私はできる」等。日々口ずさみ今、あなたができる事に集中して楽しい事を想像し自分を大切にして生きて下さい。 追伸:子どもたちが夢をもってなりたい自分になれる事を祈っています。

    (T.F.さん)

  • 言葉には力があります。
    「こんにちは」は誰にでも声をかけられます。「ごきげんいかがですか」は誰であっても気づかえます。「お元気で、また会いましょう」はさようならではありません。お互いの力になる言葉です。

    (Y.M.さん、60代)

  • 言葉は心    作者不明
    一つの言葉で喧嘩して 一つの言葉で仲直り
    一つの言葉で頭が下がり 一つの言葉で笑い合い 一つの言葉で泣かされる 一つの言葉はそれぞれに 一つの心をもっている きれいな言葉はきれいな心 やさしい言葉はやさしい心 一つのことばを大切に

    (M.S.さん、80代)

  • SNSの時代になって、言葉を縮め、乱暴に扱いがちです。でも、「軽い言葉は沈み、重い言葉は浮かび上がる。」ものなのです。ゴミのように捨てられない、人の心に響き・残る言葉の使い手になってください。

    (T.K.さん、70代)

  • みえぬけれどもあるんだよ、みえぬものでもあるんだよ。ほんとうに大切なものは、目に見えないと、そんないい古された言葉がすーと心に落ちてゆくのに、どうして日々の生活に消されてゆくの。そう一人静かに自分の心に話しかけてみて。そうして、まわりの誰かにもそっとこころのことばを伝えてみて。

    (M.N.さん、60代)

  • 決して辛い日常ばかりではないことを
    心よりお祈りしています。

    (N.A.さん、50代)

  • 私が想像している以上に、大変と思ってます。出来る事は、心を寄せると状況が少しでも良くなる事を祈ってます。

    (Y.N.さん、40代)

  • 『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』

    (Y.D.さん、20代)

  • Dear child! Come!! We have long jounrey to go!! Child, in front of you, there is long way to go. And so many challenges to clear to live. I know that you need water, food, and education. We supply you all you need, we promise. So you must endeavor to get to go on. and keep on fighting to the end. I wish healthy world for you and all!

    (K.N.さん、60代)

‘ちがい’を超えて つながる

戦後や東日本大震災の時など、日本へも世界からたくさんの想いが寄せられました。
ユニセフの活動は、子どもたちへの想いによって支えられています。

  • 気が付けばユニセフニュースの子どもらの笑顔をわらも笑顔で見てる
    貧困も差別・紛争・疫病もあるこの星がわれらのいる星 学校で学ぶ子どもたちの真剣なまなざしは遠く未来を馳せる。

    (T.F.さん、60代)

  • 遠い国、違う言葉、違う宗教、
    違う環境(境遇)でも、
    “今よりも良くなれ”と思う気持ちは
    絶対に切れないunicefの糸でつながっているよ。

    (T.O.さん、50代)

  • 世の中がどのように変わっても、その時その時の違った苦しみを味わっている不幸な子ども達がいるのは、残念ながら悲しい事実です。そんな現実を見ないふりをしたり、気づかない素振りで関わりを持とうとしない人が少しでも減れば、もっといい世の中になるはずですよね。

    (H.K.さん、70代)

  • 世界のどこかに
    あなたを支援したい人がいます。

    (A.H.さん、30代)

  • こんにちは、皆さん私は、小学校1年生(7才)の時父親が家をました。それからは母親と妹そして私の3人での生活になりました。たくさん人々にたすけて、頂きました。その後中学校を卒業して調理師になるため大阪へと、修行のはじまりです。その後故郷に帰ってきました。現在は、大型トラックの、ドライバーをして自立しています。現在65才まだまだガンバします。皆様もガンバ。

    (Y.T.さん、60代)

  • 人には心があります。だから、いつかきっと、人は国境を消し去り、みんな仲良く生きるようになります。君は隣の人と、隣の人はそのまた隣の人と、知恵を寄せ合うことで、国境のない地球が生まれます。

    (T.M.さん、70代)

  • これからは子どもたち一人一人が安心して生活できる世界になるように、まだ小さいみんながこれ以上頑張らなくてもいいように、喉がかわくことがないように。思いっきり元気に遊べるように。頑張って働いて力になるから人類みな平等願いは叶う自分を信頼するすべては学びね。愛をこめて。

    (R.S.さん、20代)

  • 私も子どもなので、今、子どものために、
    友達のために、できることがあまりありません。それがとても悔しいし、悲しいです。大人だったら、と思います。
    頑張って下さい。一緒に頑張りたいです。頑張っていると思いますが、応援させて下さい。いつか友達になりたいです。

    (M.U.さん、10代)

  • いつの時代でも、子どもは、おとうさん、
    おかあさんの宝物。家族みんなの宝物。そして
    町や村の、さらには国の宝物でもあります。
    昔のひとは、子どものことを、「お宝さん」と
    呼んで大切に育ててきました。それは何物にも
    代えがたい、本当の宝物だったからです。
    病気やけがをしないように、すくすくと育つようにと念じてきたのです。これからも、ズーツと…。

    (H.M.さん、70代)

  • 想いは
    力となる

    (E.A.さん、40代)

  • 私たちは血で繋がってないですが、同じ世界で存在しているので、想いで繋がってると強く信じています。
    世界中に苦難を経験している子どもたちは自分が一人ではないのを思い知らせて、一緒に明るい未来を作りましょう。

    (K.E.さん、10代)

  • 全ての社会問題・不幸に共通の根本原因は
    知識や愛の不足です。適切十分な知・愛を
    得た人は大人でも少ない。
    だから必要・大事なのは憎しみ・情報遮断・放置・処罰ではなく愛・方法共有・治療・教育。これをどうか忘れないで。

    (T.S.さん、50代)

人生の‘主人公’はあなた

誰もが、人生という物語の主人公です。

  • 「皆が自分の主役、物語の作者であり、演じるのも演出するのも自分だから、大切に生きよう」と、私の師匠はおっしゃった。私もあなたにそう伝えたいです。

    (R.K.さん、80代)

  • 私は30歳の車椅子ユーザー。
    手足の不自由な子どもたちへ。
    1.出会いとコミュニケーションは大切に。
    2.やりたいことはできることからはじめてみて。3.不安でも大丈夫。
    あなたらしく輝ける場所は必ずあるよ!

    (S.Y.さん、30代)

  • 人間は自分の持つ条件の中で生きて
    いかなくてはなりません。辛くても
    苦しくても向上する努力を重ね、
    くじけず教育を身につけ自身で人生を
    みい出すのです。
    生きるとは何になるかではなく、
    どのような人間になるかです。

    (N.T.さん、70代)

  • “You was born to enjoy this world 君はこの地球を、この世界を楽しむために生まれてきたんだよ。”

    (S.O.さん、60代)

  • みんなが持っている夢や希望、絶対諦めないで下さい。みんなには平等に生き学び働く権利があり、世界中の宝です。元気笑顔忘れず育って下さい。大変な時代や環境を耐え抜き、無限の可能性を秘めたみんななら、将来平等で平和で笑顔が絶えない世界を作り上げていくでしょう。私は頑張るみんなを応援します。

    (M.Y.さん、40代)

  • あなたは、人生の舞台の主人公。
    どんな役を演じるかは、あなたが考えていいのです。さあ今日も、夢を忘れず、一歩一歩歩んで行こう!

    (T.O.さん)

  • 自分が将来どんな人になりたいかって
    いう夢を常に抱いて生きてください。
    それが必ず自分を支えてくれる。
    嫌な事があっても大丈夫。それが必ず
    自分の選ぶ道の支えになってくれる。
    夢は必ず叶えられる。諦めない。

    (K.Y.さん、40代)

  • We love you all.

    (N.M.さん、10代)

  • I love you too much-!
    あなた達をあまりにも愛しています。

    (M.M.さん、40代)

  • 何が起こるかわからない、
    1人でも周りの人とでもとにかく頑張って。

    (H.Y.さん、60代)

‘居場所’はきっと見つかる

自分を大切に、自分らしくいられる心のよりどころに出会えるように。

  • あなたには、あなたのいっぱい、
    いいところがあるじゃない。
    自分自身を愛することを忘れないで。

    (K.M.さん、60代)

  • 私は日本人です。母子家庭で貧乏な家で育ちましたが、平和ボケした国で何不自由なく生きています。
    こんな私からあなたへ贈る言葉なんて、一つしかありません。
    あなたは本当に凄い。
    生きていてくれてありがとう。

    (Y.N.さん、30代)

  • あなたには、“居場所”がありますか。あなたには、生きる力をもらえる人がいますか。
    “はい”と言える人、
    今を大切に未来につなげてください。
    “いいえ”と答えた人、
    必ずそういう人や場所に出会いますよ。
    楽しみに。

    (T.K.さん、70代)

  • どうか自分を愛して家族を思いやり
    友達を大切にしてください。
    相手の気持ちに寄り添い、思いやって
    ください。笑顔でいてください。

    (T.K.さん、30代)

  • 産まれて来てくれてありがとう。
    あなたの存在が私の幸せです。
    あなたの人生を最後まで生きてください。
    気づいてください。
    幸せはいつもあなたのそばに。

    (Y.U.さん、60代)

  • あなたの大切な誰かに優しくなれるように、まずは”あなた自身”をなによりも大切にしてあげてください。辛いとき、苦しいときは頼ってください。必ず力になってくれる人がいます。
    大丈夫、未来は変えられるよ。

    (Y.H.さん、20代)

  • 私が贈りたい言葉は、自分を愛して
    大切に生きて欲しい、そして
    未来の地球を守るのはあなた達です。
    今が辛く苦しい状況でも、すべて
    意味があり、未来に繋がっていると
    思います。自分の未来を信じて歩んで
    欲しいです。

    (H.U.さん、40代)

  • ダメでもいい。くじけてもいい。
    弱くたっていい。それがあなただから。
    あなたがあなたである限り、誰も「あなた」を奪えない。その輝きを奪うことはできない。あなたは希望の光そのもの。ただそこにいるだけで輝いているのです。

    (C.S.さん、50代)

  • 子ども達の未来、光の中へ。世界中の光に
    きぼうの世界の大人たちかなえてあげて下さい。愛・光・未来 世界中の思い すべての子どもたちへ。

    (T.M.さん)

  • “ひとり”じゃないよ。

    (S.O.さん、10代)

  • 偽善上等、安全なところにいて批判をしている大人たち 大人たちが作ったルールがルールを守るあなた達を苦しめるかもしれないけど あなた達を守りたいと思ってる大人たちがいることを信じてほしい。

    (K.N.さん、50代)

75年間、ユニセフが変わらずつないできたもの。
それは、子どもたちへの想いです。

ユニセフ親善大使の言葉

ユニセフの活動は、ユニセフ親善大使の方々にも支えられてきました。
芸能・文化・スポーツなどの分野で活躍される方々が、世界の子どもたちの問題を訴え、支援を呼びかけるため、無償でご協力くださっています。
子どもたちへの想いが込められた、親善大使の言葉をご紹介します。

  • 私は、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきりと証言できます。
    なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、
    食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから。

    オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)

    俳優、1929年ベルギー生まれ、1993年没。1989~親善大使。

  • 子どもたちへの投資は、平和への投資。戦争のない未来への投資です。このことに私は心を傾け、人生をささげてきました。

    ヴァネッサ・レッドグレイヴ(Vanessa Redgrave)

    俳優、1937年イギリス生まれ。1995年~親善大使。

  • 今日の赤ちゃんは、明日の糧です。子どもたちは、明日の社会をつくり、明日の問題を解決する可能性にあふれています。

    シャキーラ・メバラク(Shakira Mebarak)

    シンガーソングライター、1977年コロンビア生まれ。
    2003年~親善大使。

  • 音楽は、肌の色や国や文化を超えて共有できる言葉です。音楽を通して、子どもたちの教育、栄養、保護のために、人びとに働きかけていきたいと思っています。

    アンジェリック・キジョー(Angélique Kidjo)

    シンガーソングライター、パフォーマー、1960年ベナン生まれ。
    2002年~親善大使。

  • 存在を忘れられることがどのようなことなのか、人間らしさを失うことがどのようなことなのか、そして、そこから立ちなおり、新たな人生を生きるのがどのようなことなのか、私にはわかります。

    イシメール・ベア(Ishmael Beah)

    作家、1980年シエラレオネ生まれ、元少年兵。
    2007年~親善大使。

  • 教育は、私に生きていく力をくれました。
    教育を受けていなければ、今の私はありません。
    難民となったすべての子どもたちに、質の高い教育が必要です。知識やスキルを身に着けることで、子どもたちはどこに行っても、その地域社会の一員として生きる力を与えられるのです。

    マズーン・メレハン(Muzoon Almellehan)

    活動家、1999年シリア生まれ、イギリス在住。
    2017年~親善大使。

  • 訪問した先々で、私は子どもが社会で最も弱い立場におかれた犠牲者なのだと気づかされました。子どもたちによりよい未来を手渡すために、指導者たちに訴え、人びとにも働きかけていくのが使命だと思っています。

    ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri)

    歌手、1934年ギリシャ生まれ。
    1993年~親善大使。

ユニセフ親善大使について

子どもたちの未来のために。
これからも、皆さまとともに支援をつづけてまいります。

写真クレジット(左上から):©UNICEF/UN0309426/Tadesse ©UNICEF/UN0439618/Dejongh ©UNICEF/UN0443342/Tadesse ©UNICEF/UN056430/Jingjai N. ©UNICEF/UNI210656/Ayene ©UNICEF/UNI310365/Sinis VII Photo