メニューをスキップ
公益財団法人 日本ユニセフ協会

ユニセフを応援する著名人の方々 親善大使をはじめとする多くの著名人のみなさまが、その名声を活かし、ボランティアとして、ユニセフの活動を伝え、支援を訴えてくださっています。

ユニセフ親善大使

ユニセフ親善大使は、世界の子どもたちが直面する問題を訴え、子どもたちへの支援を呼びかけるため、全くの無報酬で、ユニセフの活動に協力くださっています。

最初のユニセフ親善大使は、世界的なコメディアン、ダニー・ケイさん(1954年任命)。その後、女優のオードリー・ヘップバーンさんなど、芸能・文化・スポーツなどの世界で活躍される方々が、ユニセフ支援の輪に加わってくださいました。また、本部推奨・承認のもと、ユニセフ現地事務所やユニセフ協会(国内委員会)も、各国大使や地域大使などを任命しています。

イベントへのご協力

日本ユニセフ協会が主催する募金キャンペーンや広報イベントなどにも、多くの方々にご協力いただいています。


ハンド・イン・ハンド
政井マヤさん
(2012年12月)

子どもとエイズ世界キャンペーン
琴欧州関とダニエルカールさん
(2006年2月)

世界手洗いの日
森山開次さん(2009年10月)
世界手洗いの日
ルー大柴さん(2012年10月)

※こちらでは、一部の方々のみをご紹介しています

ユニセフハウスを訪問

世界で唯一、“ユニセフの現場”を映画のセットのように再現したユニセフハウス(東京都港区)にも、多くの方々が足を運んでくださっています。


イ・ビョンホンさん
(2011年12月)
綾瀬はるかさん
(2009年8月)

※こちらでは、一部の方々のみをご紹介しています

募金する
ユニセフの活動を応援くださる多くの著名人の方々とともに、あなたも世界の子どもたちを支援しませんか?子どもたちの命と未来を守る、ユニセフ募金へのご協力をお願いします。