中東のシリアでは紛争が開始してから10年を迎え、近年の歴史の中で最も長引いた紛争の1つとなりました。紛争開始以来、あまりにも多くの子どもたちが多くの犠牲を強いられ、子ども時代を奪われています。この10年間で600万人ちかい子どもが生まれ、紛争の最中、平和や故郷を知らずに育っています。シリア国内の子どもの半数は学校に通えず、昨年だけでも精神的苦痛を抱える子どもの数は倍増したと報告されています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって人々の生活はさらに悪化し、シリア国内では80%近くが貧困に陥っています。またシリア周辺国には、今も250万人のシリア人の子どもが難民として暮らしています。

ユニセフは、2021年、シリア、および周辺国(トルコ、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプト)においてシリア紛争下で苦しむ子どもたちを一人でも多く守る救援活動のため、13億3,110万米ドル(1,424億2,842万円。1米ドル=107円で計算)の支援を国際社会に呼びかけています。

最新ニュースはこちら

安全を求めて北へ避難する家族 /日本ユニセフ協会 (2020年2月公開)

2020年、皆さまのご支援でできたこと

  • シリア国内の260万人の女性と子どもに栄養の検査を実施
  • シリア国内の150万人に微量栄養素を提供
  • シリア国内の1万5,596人の5歳未満の子どもが重度の急性栄養と診断され、治療を受けた
  • シリア国内の240万人の保護者に健康に関するメッセージを届けた
  • コロナ禍に関わらず、シリア国内の約50万人の1歳未満児に定期予防接種を提供した
  • シリア国内の60万人にポリオの予防接種を実施
  • 給水システムの修繕を通じてシリア国内の310万人に改善された水源を提供した
  • シリア国内の90万人以上に改善されたトイレを提供
  • シリア国内の3,294校の給水ポイントの修繕、衛生習慣の啓発活動を通じて94万7,000人に安全な衛生環境を提供
  • シリア国内の7,110人の子どもに心のケアサポートを提供
  • シリア国内の210万人以上の子どもに教育の機会を提供

2021年、ユニセフの活動目標

水と衛生
  • 414万人に改善された安全な水を提供する
  • 周辺国の90万2,448人が安全な水を利用できるようになる
  • 136万人が改善された衛生設備やサービスを利用できる
  • 55万人が手洗いの正しい方法に関するメッセージを受け取る
  • 周辺国の170万2,500人が安全な水と衛生サービスを利用できるようになる
保健・栄養
  • 96万人の生後6-59ヶ月の子どもと妊産婦が微量栄養素を受け取る
  • 1万3,900人の生後6-59ヶ月の子どもが急性栄養不良の治療を受ける
  • 320万人の5歳未満の子どもがポリオの予防接種を受ける
  • 180万人の子どもと女性が保健ケアを受ける
  • 145万人の妊産婦が乳幼児期の食事についてカウンセリングを受ける
  • 周辺国の31万7,759人の生後6-59ヶ月の子どもと妊産婦が微量栄養素を受け取る
  • 周辺国の18万7,500人の子どもがビタミンAの投与を受ける
  • 周辺国の1,605万4,569人の生後6-59ヶ月の子どもがはしかの予防接種を受ける
  • 周辺国の13万6,900人の生後6-59ヶ月の子どもがはしかの予防接種を受ける
教育
  • 175万人の子どもが正規教育の恩恵を受ける
  • 40万人の子どもが非正規教育の恩恵を受ける
  • 周辺国の152万8,500人の子どもが正規、および非正規の教育を受けることができる
  • 周辺国の72万2,500人が個別で学習する教材を受け取る
子どもの保護
  • 238万人が地雷や爆発性戦争残存物の回避教育を受ける
  • 41万5,000人が心理社会ケアを受ける
  • 12万500人の子どもと女性が性に基づく暴力の危険回避や予防、対応に関するメッセージを受け取る
  • 周辺国の34万6,000人が心理社会ケアを受ける
  • 周辺国の39万5,000人が性的搾取や虐待を安全に通報できるシステムを利用する
その他
  • 49万人の子どもが厳しい気候から身を守るための衣類やブランケットを受け取る

あなたのご協力が、子どもたちの命を守ります

  • 3000円のご支援で経口ポリオワクチン169回分に変わります。

  • 5000円のご支援で軽いけがや病気などに対応するための、包帯、テープ、手袋、はさみ、毛布、眼軟膏剤、消毒剤などが入っている救急医薬品キット1キットに変わります。

  • 10000円のご支援で5人家族が1ヵ月間避難生活を送るために必要な衛生用品のセット2世帯分に変わります。

  • 30000円のご支援で緊急下でも授業が行える学用品のセット4クラス(生徒160人)分に変わります。

  • 50000円のご支援で子どもを寒さから守る、大きめの毛布97枚に変わります。

※ご寄付の金額は任意です
※2021年1月現在 1米ドル=107円で計算
※輸送や配布のための費用は含みません。

恒常化する資金不足、拡大する支援のニーズ

シリアの紛争に巻き込まれ、命の危機にさらされる子どもたちを守るために、ぜひ、みなさまのお力添えを!

cUNICEF/
UKLA2012-00898/KARIN
-SCHERMBRUCKER

ユニセフ募金は税額控除の対象となり、約40%を所得税額から控除できます。

特定公益増進法人の日本ユニセフ協会への寄付金は、所得税、一部自治体の個人住民税、相続税及び法人税の控除対象となります。

寄付金控除について »

ユニセフは、世界の子どもたちを守る国連機関です。