あなたの力を必要としている子どもたちがいます。どうか、ユニセフからのメッセージを聞いてください。

ケニアの3歳の少女クラシャにはもう、泣く力もありません…

世界では今も約6秒に1人、幼い子どもが5歳の誕生日を迎える前に亡くなっています。

約6秒に1人…

みなさまのご支援があれば、子どもたちの栄養不良を改善し、感染症から子どもたちを守ることができます。

子どもたちの命を守る方法

お母さんのおなかにいるときが肝心。

生まれる前の赤ちゃんは、お母さんが摂る栄養だけが頼りです。母体に必要な鉄分や葉酸を配ったり、破傷風の予防接種を実施したりすることで、元気な赤ちゃんの生まれる確率が大幅にアップします。また、HIV/エイズの母子感染率も、薬の投与と適切なケアで下げることができます。

赤ちゃんが生まれたら、まず母乳育児。

お母さんのお乳は、肺炎や下痢による死亡から赤ちゃんを守ります。母乳で育った子どもは、母乳を与えられなかった子どもより生存率が飛躍的に高まるというデータも出ています。
1袋わずか7円のORS(経口補水塩)には、下痢による脱水症状を大きく和らげる力があります。
蚊が媒介するマラリアは、殺虫処理を施した蚊帳を正しく使うことで、サハラ以南のアフリカ地域でマラリアによる幼い子どもの死を推定55%減らすことができます。

感染症を防ぐ予防接種。

たとえば、子どもの命を奪う感染症のはしかは、1回分約30円のワクチンで予防することができます。また予防接種の実施によって、年間200万~300万人もの子どもの命が救われ、数えきれない子どもたちを病気やその障害から守っています。

~効果的な方法をパッケージにして届ける~

死亡率65%削減

ユニセフは、このような低コストで効果的な方法を、
組み合わせて1つのパッケージにし、村のお母さんたち、ボランティアの保健員、
治療センターのスタッフなどと協力して実施しています。
こうした総合的な活動は、たとえば西アフリカのセネガルでは、
過去15年間で乳幼児の死亡率を65%削減することに貢献しました。

現地レポート

Field Report

現地で活躍する日本人スタッフより

広大な荒れ地を乗り越えて

長年続いた紛争でインフラが壊滅的状態にあるコンゴ民主共和国。この国で私は子どもの命を守る保健システムの強化に取り組んでいます。支援活動のため地方に行く機会が多くありますが、広大な国土には舗装道路がほとんどなく、首都から地方都市へ向かった後、さらに数日かけて村にたどり着きます。悪路にタイヤをとられて立ち往生することも珍しくなく、現地の人々の苦労を実感します。

雨季のぬかるみで立ち往生

どこでも予防接種ができる態勢を

世界最貧国のひとつであるこの国では、子どもの2人に1人が栄養不良に苦しみ、毎年十万人以上の乳幼児が肺炎や下痢、マラリアなどの感染症で命を落としています。こうした状況で幼い命を守るには、予防接種の実施が不可欠です。ユニセフは道路や電気がない地域でも予防接種を行えるよう、ワクチンを確保し、輸送用のバイクや太陽光を利用した冷蔵庫の調達、保健員への研修などを行なっています。

青空の下でもワクチンを投与

2017年、カサイ中央州で予防接種週間を実施した際は、保健センターなど通常の接種会場に加え、村の集会所や広場、学校、市場など約4,774ヵ所に接種所を設け、1ヵ所につき50〜200人に接種を行いました。
私も毎日異なる接種所を訪問し、昼間は運営を支援、夜は現地のスタッフとデータを集計し、改善策を話し合いました。30年以上も国勢調査が行われていないこの国では、現地で得られるデータが、今後の子どもたちの保健や栄養支援にも大きく役立ちます。

 アフリカの人々の役に立ちたい

大学時代に一人でアフリカ諸国を旅した時に現地の人々の優しさに触れ、その恩返しをしたい一心で国際協力の道に進みました。コンゴ民主共和国は戦後の荒廃や貧困など今も多くの課題を抱える国ですが、子どもたちに少しでも明るい未来を手渡そうと復興に力を尽くす大勢の人々とともに、私も全力で活動を続けていきます。

子どもたちの笑顔に元気をもらって

どうか、ユニセフと一緒に世界の子どもたちを守っていただけないでしょうか?みなさまからのあたたかいご支援を、心よりお願い申しあげます

ユニセフについて

ユニセフは、世界の子どもを守る国連機関です。

ユニセフ(国際連合児童基金)とユニセフ協会(国内委員会)は、世界190の国と地域で、子どもたちの命と健康、権利を守るために活動しています。

活動資金はすべて、個人、企業、法人・団体のみなさまからの民間募金、各国政府からの任意の拠出金に支えられています。民間募金は、全体の活動資金の約3割を占めています。

民間募金は先進34の国と地域にあるユニセフ国内委員会(日本では日本ユニセフ協会)等からユニセフ本部に送られます。ユニセフ本部は、各国の子どもの状況をみて、ユニセフ現地事務所にお金をおくり、各国政府と協力して、子どもたちのための活動を行なっています。

ご存じですか?かつて日本がユニセフの援助に支えられたことを。

日本は戦後の荒廃から急速に復興し、今や経済大国になりましたが、その陰にはユニセフから受けた援助がありました。1949年(昭和24年)に開始されたユニセフ援助は、学校給食でのスキムミルク(脱脂粉乳)や毛布、衣料の原料、医薬品・医療資材、災害時の緊急援助など、1964年(昭和39年)まで15年間、当時の金額で65億円にものぼりました。

また、日本ユニセフ協会は、ユニセフ本部や協力企業・団体などの協力を得て、東日本大震災直後から緊急・復興支援を続けてきました。みなさまからお寄せいただきました「東日本大震災緊急・復興支援募金」は、総額48億円※にものぼりました。
※緊急支援活動の開始当初(2011年3月14日)に日本ユニセフ協会国内事業費から充当した1億円を含みます。

お寄せいただいた募金は、世界の子どもたちの命と健康、権利を守るさまざまなユニセフの活動に大切に使われます。

募金の流れ

<ユニセフ・ファミリー>世界190の国と地域で活動
みなさまからの募金
ユニセフ国内委員会(34の国と地域)

日本ユニセフ協会は日本のユニセフ国内委員会です。ユニセフの活動を知らせ、募金を集めています。

ユニセフ物資供給センター(コペンハーゲン)

世界各地に48時間以内に支援物資を届けます。

ユニセフ本部(ニューヨーク)

開発途上国での活動計画をまとめ、集められた募金の使いみちを決めます。

イノチェンティ研究所(フィレンツェ)

世界の子どもの状況や問題の調査、分析、子どもの権利に関する研究を行なっています。

ユニセフ現地事務所

各地で、子どもの命を守り、生活をよくするための活動を計画し、実施します。

開発途上国などの子どもたちへ(150以上の国と地域)

世界中で、深刻な栄養不良の子ども300万人に栄養治療を行い、病気への抵抗力を高めるビタミンAを2億7,300万人の乳幼児に投与しました。また、71ヵ国で7,000以上の学校を対象に井戸や水道、衛生施設の建設・修理を行いました。

紛争下のシリアや大地震に見舞われたエクアドルなど、108ヵ国で344の緊急事態に対応しました。孤児など保護者のいない5万人以上の子どもの安全を確保し、300万人以上に心のケアを提供、1,170万人の学齢児に教育支援を行いました。

あなたとユニセフでもっと多くの命を守ることができます

どもの生存をめぐる状況は近年着実に改善されています。5歳未満の子どもの年間死亡数は、1990年時点では、年間1,260万人(1日約3万5,000人)でしたが、2016年には560万人(1日約1万5,000人)と大きく減少しました。
しかしこの成果は、いまだ年間560万人ー約6秒に1人ーの乳幼児が次々に命を落としているという事実も示しています。しかもこうした命のほとんどが、予防接種で簡単に防げる感染症や下痢による脱水症、栄養不良など、先進国では考えられないような理由で失われているのです。

あなたのご支援でできること

3,000円のご支援が
身体の抵抗力を高めて病気を防ぐビタミンA(1年間分)1,500人分に変わります。
5,000円のご支援が
下痢による脱水症状を和らげて命を守るORS(経口補水塩)748袋に変わります。
10,000円のご支援が
3つの感染症(はしか、おたふく風邪、風疹)に対する予防接種81回分に変わります。
30,000円のご支援が
蚊が媒介するマラリアから子どもたちを守る、殺虫処理を施した蚊帳131張りに変わります。
50,000円のご支援が
保健員15人に子どもの病気への対処法の研修を一日実施できます。

※ご寄付の金額は任意です。※輸送や配布のための費用は含まれません。※2017年10月現在の価格

ご支援方法

毎月の募金・寄付

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムとは・・・

任意の金額を、毎月、自動引き落としでご支援いただく募金プログラムです。

月々のご支援が大切な理由・・・

支援を必要としている子どもたちを、一回だけでなく、継続的に支えることができます。学校建設や政策提言など長期的な活動にも取り組みやすくなります。

マンスリーサポーターになると・・・

機関誌「ユニセフ・ニュース」(年4回発行)をはじめ、最新のユニセフの取り組みや、世界の子どもの情報を無料でお届けします。

クレジットカードで毎月の募金・寄付

  • 口座振替
  • 申込書のダウンロード
  • 申込書のご請求

今回(1回)の募金にご協力いただける方はこちら

クレジットカードで今回の募金・寄付

ユニセフ募金は税額控除の対象となり、約40%が所得税から控除されます。

当協会への寄付金は、従来の「所得控除」に加えて「税額控除」のどちらか有利な方式を選択いただくことができます。「税額控除」を選択されると、多くの場合、従来よりも控除額が大きくなります。
例えば、税額控除を選択された場合、10,000円のご協力で、年間最大3,200円の所得税が控除されます。
源泉徴収されている方は、確定申告によって還付を受けることができます。

寄付金控除計算

  • A(税額控除)かB(所得控除)のどちらか有利な方を選択し、所得税の控除をうけられます。どちらも確定申告が必要です。
  • ユニセフ募金は一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。詳しくはお近くの税務署にお尋ねください。
  • 国税庁のホームページ上には、簡単に確定申告書類を作成することができる機能があります。画面の案内に沿って入力、印刷すればそのまま税務署に提出することができます。郵送も可能です。

募金の他にも、ご支援方法があります

ユニセフの活動、世界の子どもたちの現状について、1人でも
多くの方に知っていただくことで、6秒後に失われてしまう
小さな命のともしびに明るさを取り戻すことができます。
そしてもし、ご興味をお持ちいただけましたら、
あなたのご家族・友人に広めてください。

資料請求する

メールマガジンに登録する

SNSでつながる

  • Facebook 公式ページ
  • Twitter 公式 アカウント
  • Instagram 公式 アカウント

ページの先頭に戻る

©UNICEF/_NYHQ2010-1034/Asselin ©UNICEF/NYHQ2010-0402/Holt ©UNICEF/BANA2012-02057/Noorani ©UNICEF/NYHQ2010-1249/Volpe ©UNICEF/KENA00535/Dhayi ©UNICEF/SRLA2011-0286/Asselin ©UNICEF/NYHQ2012-0329/Asselin ©UNICEF/UKLA2012-01073/Kurzen ©UNICEF/NYHQ2013-1212/Valc ©UNICEF Tanzania/2009/Pudlowski ©UNICEF Tanzania/2009/Pudlowski ©UNICEF/NYHQ2009-1753/Markisz ©UNICEF/NYHQ2011-1305/Njuguna ©UNICEF/UKLA2013-04463/Maitem ©UNICEF/MLIA2012-01174 ©UNICEF/NYHQ2009-1939/Nesbitt ©日本ユニセフ協会 ©日本ユニセフ協会 ©UNICEF/PFPG2015-3431/Shrestha ©UNICEF/NYHQ2014-1112/Khuzaie ©UNICEF/SUDA2014-XX603/Noorani ©UNICEF/PFPG2013P-0498/Lane ©UNICEF/HTIA2012-00158/Dormino ©UNICEF/SLRA2013-0124/Asselin ©UNICEF/DRCA2010-00094/Connell ©UNICEF/PAKA2008-1438/Pirozzi ©UNICEF/LAOA2011-00019 /Souvannavong ©UNICEF/NYHQ2011-1485/Rudovsky