メニューをスキップ
財団法人日本ユニセフ協会
私がマンスリーサポーターになった理由
フリージャーナリスト 池上彰さん
写真  世界には、こういう子どもたちがいることを知ってほしい。まずは知ること。そこから始めて何ができるか、自分で考えてほしい
テレビで流れる世界の紛争のニュース。難民キャンプで脅えた表情を見せる子どもたちの姿。子どもたちには、何の罪もないのに。
私は、「NHK週刊こどもニュース」を11年間担当し、番組で世界の紛争をたびたび取り上げました。紛争の一番の被害者は子どもたちです。 その姿を紹介する都度、日本の子どもたちからは、「私たちに何ができるの?」と尋ねられました。これが、とてもむずかしい質問なのですね。

紛争や貧困に苦しむ子どもたちがいる事を知ってほしい
写真
©UNICEF/Timor-Leste
日本で暮らす私たちにとって、紛争や貧困に苦しむ人たち、とりわけ子どもたちに対して何ができるのか。いつも自問自答してしまいます。 そんなとき私は、とりあえず日本の子どもたちには、「世界には、こういう子どもたちがいることを知ってほしい。まずは知ること。そこから始めて、何ができるか、自分で考えてほしい」というメッセージを送るしかありませんでした。
日本の子どもたちには、まず現実を知ってほしい。それが私の思いでした。
では、現実を知ったら、次に何ができるのか。今度は、視聴者の子どもたちにメッセージを送った自分自身が問われてしまうのです。
写真
©UNICEF/Timor-Leste
子どもと教育
番組では、ユニセフの活動も取り上げました。紛争や貧困に苦しむ子どもたちが、満足な教育を受けられないまま大人になると、紛争の当事者になったり、貧困を再生産するだけになったりしてしまいます。子どもたちが教育を受けることで、自分たちが置かれている立場を自覚するようになり、何が問題なのかを知ることができます。それが、紛争や貧困解決の第一歩になりうるのです。
教育を受けるためには、学校が必要です。学校は、何も立派な校舎が必要だというわけではありません。雨風をしのげる程度のもので十分。それに、筆記用具など最小限の文房具。これを支援しているのが、ユニセフなのです。
写真
©UNICEF/Timor-Leste/2006/Francis
インドネシアからの独立を果たした東ティモール。独立直前の2001年、私は東ティモールの子どもたちの様子を取材に行きました。
独立をめぐる紛争で放火された学校の校舎は、改装されていました。そこに、「ユニセフの援助で完成した」というプレートを見つけたとき、私は、「自分に何ができるのか」という問いに対する一つの答えを見つけたような気がしました。
私の願い_マンスリー・サポーターになった理由
日本に帰国後、私はユニセフのマンスリーサポーターになったのです。 貧困と紛争の悪循環を断ち切ること。それには、教育が大切なのです。せめてユニセフに協力することで、その一助になれば。これが私の願いです。
2007年9月、ユニセフは、世界の5歳未満の子どもの死亡数が、1000万人の大台を割り込んだと発表しました。まだ、そんなにも多くの死亡者がいるのかという驚きはありますが、みんなが協力すれば、死亡者を減らすことができるのだ、という証明の数字でもあります。

この数字をさらに減らすために、さて、あなたは何ができますか?
池上 彰  1950年 生まれ。
フリージャーナリスト
NHK記者として、警視庁、文部省(現・文部科学省)などを担当し、1994年から「週刊こどもニュース」に「お父さん」役で出演。著書には『そうだったのか! 現代史』(ホーム社)、『相手に「伝わる」話し方』(講談社)など多数ある。監修書には、『家族ってなんだろう』(ほるぷ出版)など。
ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム
それは、子どもたちの今と未来をつなぐ支援プログラム。
あなたの大切なご支援を毎月、確実に子どもたちに届けるためのプログラムです。ご指定の金融機関・郵便口座から、またはクレジットカードから、一定額(ご自由にお決めいただけます)を毎月自動振替でご協力いただけるプログラムです。

継続的支援が可能にすること
マンスリーサポート・プログラムへのご協力は、貧困や災害に悩まされ支援を必要としながらマスコミなどに取り上げられることの少ない“忘れられた子どもたち”への地道で多様な支援を可能にしてくれます…。 エスター・グルマさん 日野原 重明さん 95才から私の人生を子どもたちのために使いたい
 日本ユニセフ協会大使
日野原 重明さん≫


あなたの毎月のご支援が子どもたちを支える大きな力になります。
ユニセフ・マンスリーサポートプログラムにご協力ください。
  面倒な手続きは不要。一度のお申し込みで、毎月、子どもたちへの支援が届きます。
ご参加いただくと、年4回、世界の子どもたちのようすが分かる機関誌『ユニセフ・ニュース』をお届けしているほか、ユニセフの大切なサポーターとして折に触れ、さまざまな情報をお届けいたします。
 

今すぐお申込み オンライン(クレジットカード) 口座振替(申込書をダウンロード) プログラムの申込み方法 マンスリーサポーターになると