今回の募金・寄付(1回)
ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム 毎月の募金・寄付(定額)
日本ユニセフ協会は、ユニセフ本部との協力協定に基づく
日本におけるユニセフ支援の公式機関です。
日本ユニセフ協会

どんなに汚くてもこの水を飲むしかない…。

やっとの思いで手に入れた水は、命と未来を奪う水
子どもたちの命と未来を守るためにユニセフ募金にご協力ください。

今、安全な水を手に入れられない人は、世界で6億6,300万人にのぼります。

遠い水源 世界人口の半数以上が水道を使えるようになった今なお、6億6,300万人もの人々が、安心して飲める水が身近になく、池や川、湖、整備されていない井戸などから水を汲んでいます。その半数近くが、サハラ以南のアフリカ諸国に集中しています。

多くの途上国では、水汲みは子どもたちの仕事。サハラ以南のアフリカ諸国だけでも、330万人を超える子どもたちが、水の重さに耐えながら、毎日遠い道のりを歩き続けています。

疲れ果てた子どもたちには、学校に通う時間も体力も残されていません。

毎日、800人もの子どもが、汚れた水や不衛生な環境が原因で命を落としています。

汚れた水 子どもたちの多くは、池や川、野ざらしの井戸など飲用に適さない水源に頼るしかなく、ようやく水源にたどり着いても、その水は多くの場合、泥や細菌、動物のふん尿などが混じった危険な水。

浄水処理をしないまま飲むと、抵抗力の弱い子どもたちはたちまち下痢を起こしてしまいます。汚れた水を主原因とする下痢で命を落とす乳幼児は、年間30万人、毎日800人以上にものぼっています。

不衛生な環境 手に入る水の量が少ないために、身体や生活環境を清潔に保てなくなると、子どもたちは肺炎などさまざまな病気に感染しやすくなります。

特に洪水などで汚水が蔓延した際や、避難民キャンプなどの密集した環境では、十分な量のきれいな水を確保するとともに、衛生キットの配布や病気予防の知識の普及が欠かせません。

「アイシャの1日」エチオピア13歳の少女

朝早くから夕方近くまで、炎天下の砂漠を一日中歩いて家族のために水を汲むアイシャ。

それでも手に入るのは、1人あたりわずか5リットル未満の茶色い水だけです。近くに井戸ができれば、アイシャの人生は変わります。

世界中の女の子や女性たちが水汲みに費やす1日当たりの時間の総計2億時間

きれいな水があれば、変えられる。子どもたちの命と未来を守るユニセフの水支援

ユニセフは、子どもたちが地域の中でいつでも安全な水を使えるように、世界中の村々や学校、保健センターなどに給水所を設置しています。給水所ができた地域では、下痢や病気の症例が減り、手洗いなどの衛生習慣が根づき、何より子どもたちが目に見えて元気になってきています。

ユニセフは、2030年までに世界中すべての子どもが身近な場所できれいな水が使えるようになることを目指しています。

家の近くに井戸ができれば、これまで水汲みのため学校に通えなかった子どもたちにも、教育への扉が開きます 安全な水を使え、身体や衣服も清潔に保てるようになるため、病気にかかりにくくなります。 学校では読み書きはもちろん、石鹸を使った手洗いなどの衛生習慣が身につきます。 地域にできた井戸を長く大切に使っていくために、子どもたちが自ら係を決めて清掃にあたり、大人たちもユニセフの研修を受けて修理や部品交換の技術を学んでいきます。 近年急増している自然災害や紛争などの緊急事態においても、命に直結する「水」は真っ先に必要となる救援物資です。ユニセフは、給水システムが破壊されたシリアの紛争地やアフリカの干ばつ被災地など、昨年1年間だけでも子どもを含む1,360万人に緊急給水を行ない、今も世界各地で多くの命を守り続けています。

あなたのご支援でできること

3,000円のご支援が

汚れた水を安全な飲み水にする浄水剤7,025錠(35,125リットル分)に変わります。

5,000円のご支援が

下痢による脱水症から子どもの命を守るORS(経口補水塩)748袋に変わります。

15,000円のご支援が

村々にきれいな水を届ける井戸の手押しポンプ用器材1基分に変わります。

30,000円のご支援が

石鹸、洗剤、貯水容器などが入った家庭用衛生キット40人分に変わります。

50,000円のご支援で

井戸の修理や部品交換などを行なう給水施設の管理人を7人育成できます。

※ご寄付の金額は任意です。
※輸送や配布のための費用は含まれません。
※2017年5月現在の価格

現地レポート エチオピアで活躍する日本人スタッフより

ユニセフ(国際連合児童基金)について

ユニセフは、世界の子どもを守る国連機関です。

ユニセフ(国際連合児童基金)とユニセフ協会(国内委員会)は、世界190以上の国と地域で、子どもたちの命と健康、権利を守るために活動しています。

活動資金はすべて、個人、企業、法人・団体のみなさまからの民間募金、各国政府からの任意の拠出金に支えられています。民間募金は、全体の活動資金の約3割を占めています。

民間募金は先進34の国と地域にあるユニセフ国内委員会(日本では日本ユニセフ協会)等からユニセフ本部に送られます。ユニセフ本部は、各国の子どもの状況をみて、ユニセフ現地事務所にお金をおくり、各国政府と協力して、子どもたちのための活動を行なっています。

「承認協定」及び「協力協定」「承認協定」及び
「協力協定」

日本ユニセフ協会の支出内訳

日本の皆さまのあたたかいご支援のもと、日本ユニセフ協会からユニセフ本部への拠出額は毎年、世界34のユニセフ協会(国内委員会)の中でトップレベルを維持しています。

収支と活動について詳細をご報告しています。 >

ユニセフは、世界の子どもを守る国連機関です。

※1 新公益法人会計基準に則り、公益目的事業会計に配賦されている、事務運営費(正味財産増減計算書の光熱水費、火災保険料、施設管理料、建物減価償却費、什器備品など減価償却費)及び人件費(給料・報酬、福利厚生費、退職給付費用、賞与引当金繰入額)。

※2 2017年のユニセフ本部への拠出金
14,700,000,000円は、公益目的事業会計の経常費用計
18,171,741,749円の80.9%、ユニセフ募金
17,946,679,349円の81.9%にあたります。

監査報告書
監査報告書
(公財)日本ユニセフ協会は、監事及び会計監査人の監査を受けています。

1年間の活動実績

世界の子どもたちへ、2016年、たとえばこんな支援を届けることができました

220万人の子どもが重度の急性栄養不良の治療を受けました。

940万人の子どもがはしかの予防接種を受けました。

1,360万人の人々が安全な水の提供を受けました。

640万人の子どもが正規・非正規に関わらず、教育を受けました。

230万人の子どもが心理社会的ケアを受けました。

※2016年1月〜10月までの10ヵ月間の成果の一例

子どもたちの命と未来を守るためにユニセフ募金にご協力ください。

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムの郵送用申込書のご請求 >

ご利用ガイド :

今回の募金 毎月の募金

特定公益増進法人である日本ユニセフ協会への寄付金は、寄付額の約40%が所得税額から控除できるほか、一部自治体の住民税、相続税、法人税の控除対象となります。>>

ソフトバンクスマートフォンの方へ 携帯電話利用料と一緒に2タップで募金できます。

※お申込みいただいた募金は、ソフトバンクを通じて日本ユニセフ協会へ寄付されます。

※継続寄付を複数回お申込みされた場合、最後の一口分のみが翌月以降も継続寄付の対象となります。

ユニセフ募金は税額控除の対象となり、約40%が所得税額から控除されます。
確定申告にて寄付金控除を受けるためには、当協会が発行する領収書が必要です。寄付金控除について >

募金のお申込完了ページにて、「団体からの領収書を希望する」ボタンを押し、注意事項に同意の上、領収書をお申込みください。領収書はソフトバンクから当協会へ入金後に発行します。都度寄付は募金のお申込みから通常約2〜3か月後に、継続寄付は、その年1月〜12月に当協会が受領したご寄付の領収書を翌年1月に まとめてお送りします。

継続寄付にお申込みいただいたご支援者の皆さま(月額500円以上)で、領収書発行を希望された方には、ご参加期間中、広報誌「ユニセフ・ニュース」をお送りします。

ソフトバンクスマートフォンの方へ
かざして募金
ケータイ料金と一緒に募金する

※ソフトバンクかざして募金のお申込ページに移動します。
※都度寄付と毎月継続寄付から選べます。

子どもたちの命と未来を守るためにユニセフ募金にご協力ください。
メールマガジンに登録する

PCサイトはこちら