ユニセフ学習・資料・視聴覚ライブラリー

ユニセフ学習について

日本ユニセフ協会では、世界の子どもたちやユニセフの活動について学習していただくため、講師派遣やオンライン授業、ユニセフハウス展示見学など、さまざまな学習の機会を提供しています。社会科や道徳、総合的な学習の時間、募金活動を行う前の事前学習としてぜひお役立てください。

また、全国26の道府県にも日本ユニセフ協会の地域協定組織があり、道府県内・近郊への講師派遣等も行っておりますので、併せてご活用ください。

<ユニセフ学習の問い合わせ先>

公益財団法人 日本ユニセフ協会 学校事業部
TEL: 03-5789-2014
FAX: 03-5789-2034

講師派遣(ユニセフ教室・講演会・研修会)


東京都品川区立大井第一小学校での
出前授業のようす

児童・生徒対象のユニセフ教室、各種講演会、教員対象の研修会などへの講師派遣を実施しております。

内容: 世界のさまざまな子どもたちの現状やユニセフの活動について、映像や体験を交えた授業を行っています。「子どもの権利条約」や「SDGs(持続可能な開発目標)」、「紛争下の子ども」など、特定のテーマの希望がある場合はその旨お伝えください。ユニセフと関連のあるテーマであれば、可能な範囲で対応いたします。

人数: 原則、学年単位以上でお願いします

費用: 交通費と授業で使用する教材等の送料のご負担をお願いします

お申し込みから実施までの流れ

  • 1.お申し込み

    実施希望日の1ヶ月前までに、「講師派遣(ユニセフ教室・講演会)・オンライン授業 依頼書」(PDF337KB)に記入し、ファックスにて学校事業部(FAX: 03-5789-2034)へお送りください。
    依頼書には、第1〜3希望日時までお書きください。

    「講師派遣(ユニセフ教室・講演会)・オンライン授業 依頼書」は毎年春に全国の学校にお届けしている「ユニセフ活動の手引き」の中にもあります。

  • 2.日時、担当スタッフ決定のご連絡

    ご依頼の内容を検討し、約1〜2週間後に日時、担当スタッフをご連絡いたします。ご希望の日時によってはお受けできない場合もございます。予めご了承ください。

  • 3.担当スタッフとの打ち合わせ

    当日の授業内容や使用する機材、必要な資料などの詳細について、担当スタッフと打ち合わせをお願いいたします。

  • 4.授業実施(当日)

    会場の設営、機材の準備など、ご協力をお願いいたします。費用などの必要な手続きをお願いいたします。

日本ユニセフ協会の協定地域組織がある道府県の学校へは、協定地域組織をご案内しています。
協定地域組織一覧 >>

▲このページの先頭にもどる

オンライン授業


千葉県船橋市立葛飾小学校との
オンライン授業のようす

講師派遣を行うことが難しい遠方の学校とは、無料のインターネット通話ソフトを使用したオンライン授業を実施しています。当協会学校事業部と学校をインターネットで結び、スタッフが学校に赴いて行うのと同じように学習することができます。

学校には、インターネット回線に接続できるパソコン、ウェ ブカメラ、スピーカー、マイクなどをご用意いただきます。オンライン授業をご希望の際は、学校事業部(TEL:03-5789-2014)へお電話にてご相談ください。

▲このページの先頭にもどる

ユニセフハウス展示見学

ユニセフハウスの1階、2階は世界の子どもの問題とユニセフの活動を実感できる展示スペースとなっています。展示スペースでは、開発途上国の保健センターや学校の教室、避難民キャンプなどが再現され、水がめや井戸、対人地雷のレプリカなどを見ながら、ガイドの説明を聞くことができます。

2018年12月、SDGs(持続可能な開発目標)に関する展示コーナーが新たにオープンしました。

ユニセフハウスと展示見学についてくわしく見る >>

▲このページの先頭にもどる

ユニセフの資料・学習教材

ユニセフの資料や学習教材を使って、世界の子どもたちの現状やユニセフの活動について学習することができます。

ユニセフの資料・学習教材についてくわしく見る >>

▲このページの先頭にもどる
公益財団法人 日本ユニセフ協会