1. ハンドインハンド TOP
  2. 今年のボランティア参加方法
  3. 発信する
  4. 「子ども時代」をシェアする

今年のボランティア参加方法

発信する

「子ども時代」をシェアする

自分たちの「子ども時代」の思い出をふり返りつつ、世界の子どもたちの状況とともにSNS等で発信してみましょう。