メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

シリア・デリゾール
保冷施設破壊で、ワクチン14万回分喪失
予防接種活動に深刻な影響 続く市街地への攻撃を非難
ユニセフ中東・北アフリカ事務所代表声明

【2017年10月12日  アンマン(ヨルダン)/ダマスカス(シリア)発】

ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表のヘルト・カッペラエレは、シリアのデリゾールでワクチン保冷施設が攻撃されたとの報告を受け、以下の声明を発表しました。

予防接種活動に深刻な影響

On 16 August, Motasim, 5, who had not been vaccinated since he was a year old, receives a dose of oral polio vaccine in the Ain Issa camp for internally displaced children and their families, about 50 kilometres east of Raqqa City. Some 3,500 children are currently sheltering in harsh conditions in the desert, in tents and in soaring temperatures. Motasim and his family fled their home months ago when violence escalated in Raqqa. An estimated 200,000 people, nearly half of whom are children, have fled ongoing fighting in Raqqa Governorate since April 2017. Motasim is among was among more than 355,000 children under age 5 in war-torn Deir Ez-Zor and Raqqa governorates vaccinated during the joint UNICEF/WHO polio immunization campaign. In mid-August 2017 in the Syrian Arab Republic, UNICEF, the World Health Organization (WHO) and partners completed the first round of a vaccination campaign in response to a recent polio outbreak in the country – where continuing violence has devastated the health infrastructure and severely disrupted routine immunization services, particularly in Deir Ez-Zor and Raqqa governorates in the north-east. This is the second polio outbreak in the Syrian Arab Republic since the conflict began in 2011. Before the crisis, the country had been polio-free, with an immunization rate over 80 per cent. National vaccination coverage is now at just over 40 per cent. More than 355,000 children under the age of 5 in hard-to-access area were vaccinated against polio in the two conflict-affected governorates, where violence has made access especially difficult. Health workers also vaccinated children displaced by the fighting and sheltering in tented camps with their families. UNICEF provided the vaccines and essential cold-chain equipment and also ran a community outreach campaign – during which 200 health educators and community volunteers went from tent to tent in displacement camps to meet with families and provide them with information, answer

© UNICEF/UN076727/Souleiman

国内避難民キャンプで、ポリオの予防接種を受ける男の子。(2017年8月撮影)

ユニセフは、シリア東部のデリゾールで続く暴力行為の中で、ユニセフが支援しているマヤディーン(al-Mayadin)地区のワクチン保冷施設が破壊され、この地域の子どもたちを予防可能な病気から守るために使われるはずだったものをはじめ、少なくとも14万回分のワクチンが失われたとの報告を受けました。ユニセフは現在、この憂慮すべき報告内容の検証をおこなっています。

こうした攻撃によって、はしかやポリオといった命を脅かす様々な病気から子どもたちを守る努力が妨げられてしまいます。マヤディーン地区は、今年3月以来48人の子どもに麻痺を引き起こしたワクチン由来ポリオの流行の中心地です。

デリゾール県に暮らす子どもたちは、非常に病気にかかりやすい状況にあります。

保健施設への攻撃は、国際人道法を著しく侵害する行為です。シリアではまったく珍しくなくなってしまった生活インフラへの攻撃によって、誰よりも被害を受け続けているのは、子どもたちなのです。

暴力行為が続くことで、保健インフラが荒廃し、特にデリゾールやラッカでは定期予防接種や予防接種キャンペーンの実施が著しく妨げられています。危機以前のシリアは予防接種率が80%を超え、ポリオを撲滅することができていました。しかし今この国の予防接種率は、40%強にまで落ちています。

シリアの至る所で、暴力は今も子どもたちが日々目の当たりにする現実です。9月は、人々が暮らす市街地に攻撃が連日加えられ、紛争による死傷者が数百人にのぼった今年最悪の1カ月だったと言われています。

ユニセフは、あらためてすべての紛争当事者に対して国際人道法を順守し、子どもたちの保護と福祉を尊重するよう強く訴えます。シリアの子どもたちは、信じがたいほどの苦しみを、あまりにも長い期間受け続けているのです。


トップページへ先頭に戻る