メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

コンゴ民主共和国・東部
民族間の暴力と衝突激化 130万人が避難、うち子ども80万人
食糧不足と子どもの栄養不良が懸念

【2018年1月26日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ニューヨーク発】

コンゴ民主共和国東部のタンガニーカ州および南キブ州で発生した政府軍、民兵組織および武装グループによる民族間の暴力と衝突の影響で、80万人の子どもを含む少なくとも130万の人々が避難を余儀なくされたと、ユニセフ(国連児童基金)は本日発表しました。コンゴ民主共和国は、今では世界最大の子どもの難民・避難民危機が発生している国です。

民族間の暴力と衝突激化

Inter-ethnic conflicts, in the Provinces of Tanganyika and South Kivu, have displaced more than 1.3 million people. We estimate that almost 800,000 children are displaced. Some found themselves in makeshift camps such as around the city of Kalemie. Others sought refuge with host families. Children are the first victims of this violence. Inter-ethnic conflicts, in the Provinces of Tanganyika and South Kivu, have displaced more than 1.3 million people. We estimate that almost 800,000 children are displaced. Some found themselves in makeshift camps such as around the city of Kalemie. Others sought refuge with host families. Children are the first victims of this violence.

© UNICEF/UN0156470/Vockel

絵を描く国内避難民の女の子。(2017年10月撮影)

「コンゴ民主共和国東部に暮らす子どもたちは、地域情勢を不安定にする暴力の波により破壊的な影響を受け続けています」とユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表代理のタジュディーン・オイウェイルは述べました。「地域の何十万もの子どもたちは、保健サービスや教育を受けられなくなり、多くの子どもたちが戦闘員による残虐行為の影響を受けています。子どもたちにとっては、終わりの見えない残酷な状況にほかなりません」

コンゴ民主共和国東部に暮らす子どもたちは、性的虐待を受け、戦闘に徴用されることもあります。ユニセフとパートナー団体は、800件以上の性的虐待を確認していますが、子どもたちが実際受けた性的暴力の数はこれよりはるかに多いと思われます。最近のユニセフのデータによれば、昨年1年間に、民兵組織や武装グループに徴用・徴兵された子どもの数は3,000人以上にのぼります。

食糧不足と子どもの栄養不良が懸念

A community relay carries out screening for cases of malnutrition in the district of Bumbu in Kinshasa, the capital of the Democratic Republic of Congo, on October 20th, 2017. Combating malnutrition requires a multi-sectoral approach. The scaling up of interventions proven to be effective and inexpensive is very important. Community-based nutrition, an approach for implementing high impact nutrition interventions at a community level, is delivering excellent results and needs to be extended to all communities in the DRC.

© UNICEF/UN0156382/Dubourthoumieu

栄養不良の検査を受ける子ども。(2017年10月撮影)

ユニセフは、戦闘が子どもたちの健康や栄養状態におよぼす影響について、深く懸念しています。多くの保健センターは機能しておらず、また暴力の影響で多くの農民は農作業が出来なくなり、食糧不安の危険が高まっています。食糧不足のために、何千人もの子どもたちが栄養不良に苦しむ可能性が極めて高いのです。

こうしたことが、南キブ州およびタンガニーカ州での病気の拡大に加えて降りかかってくるのです。2017年、両州では、コレラが疑われる症例が1万8,250件と2016年の2倍に、またはしかが疑われる症例が1万8,000件報告されています。

タンガニーカ州および南キブ州への緊急対応プログラムの一環として、ユニセフは、避難民に対して分野横断型の支援を実施しています。支援活動には以下が含まれます。

  • 子どもたちに対するはしかの予防接種
  • コレラの予防と治療
  • 栄養不良の子どもたちへの治療
  • 学用品の配布および教員に対する平和教育の研修
  • 負傷したりおとなの同伴者のいない子どもたちを含め、暴力の影響を受けた子どもたちの保護、治療、および心理社会的ケア

ユニセフは引き続き、すべての紛争当事者に対して、緊急に支援を必要としている人たちに人道支援を届けるためのアクセスを確約するよう求めていきます。

タンガニーカ州と南キブ州の危機の影響を受ける子どもたちを支援するために、ユニセフは今後6カ月間の活動資金として6,500万米ドルを要請しています。


トップページへ先頭に戻る