ナイジェリア/ヨベ州ダプチ:拉致された女子生徒100人解放 一人ひとりに医療・心理社会ケアを提供 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

ナイジェリア/ヨベ州ダプチ
拉致された女子生徒100人解放 一人ひとりに医療・心理社会ケアを提供
ユニセフ・ナイジェリア事務所声明

【2018年3月21日  アブジャ(ナイジェリア)発】

2月にナイジェリア東部ヨベ州のダプチで学校が襲撃され拉致された女子生徒たちの多くが、本日解放されたという情報を得たことについて、ユニセフ(国連児童基金)ナイジェリア事務所長モハメド・マリック・フォールは以下の声明を発表しました。

* * *

一人ひとりに医療・心理社会ケアを提供

UNICEF Deputy Executive Director Justin Forsyth meets with girls that had been kidnapped and raped by Boko Haram in Muna Garage IDP camp, in Maiduguri, Nigeria, 29 September 2017. For more than 8-years, Boko Haram related violence has devastated the lives of families and in particular children across northeast Nigeria. Nearly 1 million children have been displaced by the crisis and around 20,000 people killed, amid horrific violations of child rights. Children who have been killed, maimed and abducted, widespread sexual violence and the forcible recruitment of women and children as ‘human bombs’.  Attacks on children, as well as children forced to carry out attacks, are so common that they are almost expected or accepted as part of the conflict.  UNICEF’s Deputy Executive Director, Justin Forsyth, visits Maiduguri, northeast Nigeria, from 27 September to 29 September 2017. On the trip, Forsyth visited a UNICEF supported clinic, providing inpatient therapeutic care in Maiduguri town. The clinic is providing critical support to children affected by severe acute malnutrition, including an intensive care unit. With Maiduguri hosting so many displaced persons, there is a serious strain on health services. Forsyth met a one month old boy who had been left in a bag by the roadside. Some people thought the baby was a bomb. However, Aisha a mother of seven other children realized it was a baby and rushed the boy, who is now named Mohamed, to the clinic. She is now the surrogate mother.    Banki on the border with Cameroon, has been almost been completely destroyed and now houses thousands of displaced persons who have gathered at a camp for their own safety and to access basic services. In Banki, Forsyth went to a UNICEF supported primary health care clinic that is helping to treat children with severe acute malnutrition, saving many lives. He also sat in on a class at a temporary school set up to provide some opportunities for children to resume school and have

© UNICEF/UN0126512/Bindra

ボコ・ハラムに拉致され、性的暴力を受けた女の子たち。(2017年9月撮影※こちらの写真は、本文内で今回解放された女の子とたちとは関係ありません。)

ユニセフは、今年2月19日にナイジェリア東部ヨベ州のダプチで学校が襲撃され拉致された女子生徒の多くが、解放され家族の元に帰ったという本日の報道を歓迎します。未確認情報によれば、100人以上の女子生徒が解放されたと言われています。

私たちは、女子生徒たちが家族という安全な環境の元に戻れたことを嬉しく思います。

ユニセフはヨベ州の青年省と緊密に協力し、女子生徒と家族に必要な支援を提供します。この1カ月間、女子生徒たちは身体的・性的暴力に晒された恐れがあります。彼女たちが不安を克服し学校に戻れるようになるためには、家族とコミュニティの支援が不可欠です。

ユニセフは、市民団体とも協力し、すべての女子生徒が確実に、医療ケアや心理社会的ケアなどにおいて一人ひとり個別にケアを受けられるよう取り組んでいきます。

帰ることができなかった娘さんのご家族の皆様には、心よりお悔やみ申し上げます。まだ確認待ちですが、5人の女子生徒が亡くなったという情報を得ています。ユニセフは娘さんを失ったご家族の悲しみを共有いたします。

ユニセフはあらためて、すべての拉致された女子生徒の解放を求めます。学校は安全な場所でなくてはならず、いかなるときも守られなければなりません。2009年に暴動が勃発して以来、2,295人以上の教員が殺害され、1万9,000人が避難を余儀なくされ、1,400校近くの学校が破壊されました。


トップページへ先頭に戻る