イエメン 給水施設へ3度目の攻撃 1万人以上への給水絶たれる メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

イエメン
サアダ県の給水施設へ3度目の攻撃
1万人以上への給水絶たれる
ユニセフ、社会インフラ施設への攻撃の中止求める

【2018年7月24日  アンマン(ヨルダン)発】

イエメンで水道施設が攻撃を受け、人々への安全な水の供給が絶たれていることを受けて、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレは、攻撃を強く非難する声明を発表しました。

* * *

社会インフラ施設への攻撃

攻撃を受けた大規模給水施設(イエメン北西部サアダ県)

©UNICEF Yemen

攻撃を受けた大規模給水施設(イエメン北西部サアダ県)

ユニセフは、イエメンの人々の命を守る必要不可欠な水道システムがまたも攻撃されたことを、厳しく非難します。

イエメン北西部のサアダ県の大規模給水施設が、今週攻撃を受けました。この施設が攻撃を受けるのは今回で3度目です。施設の半分以上が損傷を受け、1万500人が安全な飲み水の供給を絶たれました。

イエメンでの度重なる水道システムへの攻撃により、子どもたちとその家族は水の供給を得られなくなっています。それにより、紛争で荒廃したこの国では、水を起因とした病気の流行の危険が高まっています。

攻撃を受けた大規模給水施設(イエメン北西部サアダ県)

©UNICEF Yemen

攻撃を受けた大規模給水施設(イエメン北西部サアダ県)

イエメンの人々にとって、このような基礎的サービスの崩壊は、命に関わる問題です。イエメンの子どもたちが生き残れるかどうかは、これらのサービスを受けられるかどうかにかかっているのです。このような施設が攻撃され続ければ、多くの子どもたちを含む、さらなる犠牲者が出ることになります。

水道システムを含む社会インフラ施設への攻撃は、国際人道法に違反します。ユニセフはあらためて、イエメンのすべての紛争当事者と彼らに影響力のある者に対して、水道システム、学校、病院や診療所を含む社会インフラ施設やその周辺に対するあらゆる攻撃と軍事行為を停止するよう求めます。

 補足

  • サアダ県のNushour地区にある給水事業は、攻撃により機能停止し、太陽光システム、ポンプ設備ならびに貯水タンクが損傷しました。
  • 2018年3月に、Nushourの給水事業は1週間に2度攻撃を受け、推定2万米ドルの損傷を受けましたが、ユニセフが修復しました。今回水道システムが受けた損傷は30万米ドルにのぼると推定されます。
  • 紛争によりイエメンの水や衛生のシステムは深刻な被害を受け、860万人の子どもたちは日常的な安全な水を得られず、コレラや急性水様性下痢症などの水を起因とする病気に罹る危険に晒されています。
大規模給水施設の攻撃前と攻撃後の比較(イエメン北西部サアダ県)

©UNICEF Yemen

大規模給水施設の攻撃前と攻撃後の比較(イエメン北西部サアダ県)


トップページへ先頭に戻る