メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

イエメン
給水施設への度重なる攻撃
ユニセフ支援の衛生施設が空爆被害 ユニセフ事務局長、社会インフラ施設への攻撃を非難

【2018年8月1日  サヌア(イエメン)/ニューヨーク発】

イエメンで水道施設が度重なる攻撃を受け、人々への安全な水の供給が絶たれていることを受けて、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、こうした攻撃を強く非難する声明を発表しました。

* * *

給水施設への度重なる攻撃

On 12 May 2018 in Yemen, women and children fill jerrycans with water in Bajel district of Hodeidah where water is scarce. On 10 June 2018, UNICEF teams delivered antibiotics, syringes, IV fluid, ready-to-use therapeutic food and hygiene kits to UNICEF partners in Hodeidah.  At least 300,000 children currently live in and around the city.  Millions more children throughout Yemen depend on the humanitarian and commercial goods that come through the port of Hodeidah everyday for their very survival.

ホデイダの給水所で水を汲む女性と子どもたち。(2018年5月撮影)

社会インフラ施設やサービスに対する攻撃は、非人道的で国際人道法を侵害するもので、決して受け入れられるものではありません。

ホデイダで続いている暴力と、一般市民の命を守るための社会インフラへ施設への度重なる攻撃は、何万人もの子どもと家族の生存を直接的に脅かしています。

しかしこの数日間、一般市民が生き延びるために必要不可欠な社会サービスと施設に対する攻撃が激しくなっています。

2日前、水と衛生分野の支援物資を含む人道支援物資を保管している、ユニセフが支援する倉庫が2発の空爆を受けました。7月28日には、ザビッド地区(Zabid District)にあるユニセフが支援する衛生施設が攻撃を受け、施設の燃料タンクが損傷しました。7月27日には、ホデイダに水を供給するアルミナ地区(al-Mina District)の給水施設が攻撃されました。

イエメンでは、すでに深刻な飲料水不足が、コレラや急性水様性下痢症の流行に繋がっています。給水施設への攻撃は、新たなコレラや急性水様性下痢症の流行を防ぐために行っている努力を危険に晒しています。

私たちは引き続き、すべての紛争当事者に対して、一般市民と彼らのための社会インフラ施設を保護するよう求めます。

イエメンの戦争に勝者はいません。戦争はイエメンの子どもたちの未来を奪っているのです。


トップページへ先頭に戻る