メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

南スーダン
700万人が深刻な食糧不足のリスク
再び飢饉の危険も 迫る“極限状態”を前に、深刻な資金不足を訴え

【2019年2月22日  ジュバ(南スーダン)発】

国連の3機関は本日、南スーダンの700万人近くが、“lean season”と呼ばれる収穫高が減る5月から7月にかけて深刻な食糧不足に陥る可能性があると警鐘を鳴らし、人道支援の規模拡大と人道支援のためのより良いアクセスを強く求めました。

紛争などが要因で、極限の食糧不足に

Elizabeth Abraham, a mother of five, holds tomato crops before planting them in a demonstration garden in Bentiu, South Sudan, Saturday 27 May 2017. Elizabeth used to have a large plot of land before the conflict in South Sudan started in December 2013. She now plants crops in a UNICEF supported Community Health and Development Organisation (CHADO) project which runs demonstration gardens in Bentiu and Rubkona and aims to train 30,000 mothers, whose children are malnourished, in agricultural practice. The nutrition situation in South Sudan remains dire as the peak lean season approaches. In May 2017, UNICEF and partners screened 149,655 children (six to 59 months) with 6,068 identified with severe acute malnutrition (SAM) and 18,892 with moderate acute malnutrition (MAM). Screenings in nine out of 10 states indicate malnutrition rates above the emergency level. Countrywide, an estimated 5.5 million people are now food insecure. The security situation across the country remains unstable, severely impacting sustained humanitarian access. UNICEF continues to build upon existing community networks and other community-based resources to assess, plan and implement the humanitarian response, in order to strengthen local capacities and ensure accountability to affected populations.

© UNICEF/UN067923/Gonzalez Farran

トマトの苗を手にする、5人の子をもつ母親のエリザベスさん。以前は広い農地で農作物を作っていたが、南スーダンでの紛争の影響で土地を失った。

本日ジュバにおいて南スーダン政府がユニセフ(国連児童基金)、FAO(国連食糧農業機関)および国連WFP(世界食糧計画)と共同して発表した総合的食料安全保障レベル分類 (Integrated Food Security Phase Classification、略称IPC)報告書によると、 深刻な食糧不足に陥っている人々の数は、昨年1月と比較して13%増加しています。この中には、南スーダン東部と中央部のジョングレイ州およびレイク州で、すでに極限の食糧不足の状態(5段階のフェーズのうち「大惨事(フェーズ5)」)に達している3万人を含みます。

報告書は、食糧不足が積み重なった紛争の影響、不十分な食糧生産高、そして住民の避難といったことにより引き起こされていることを示しています。2019年の国内の穀物生産高は必要とされる量の52%しか供給できないと予測され、2018年の61%を下回ることになります。

紛争は、食糧生産を減少させ、家畜を奪い、代替食糧の入手を難しくしています。乾燥期の長期化、洪水、穀物の病気、および害虫被害が、主に雨水に依存する農業生産に深刻な打撃を与えています。貧しい人々は特に、食料価格の高騰や市場で入手できる食料の減少に喘いでいます。

支援がなければ深刻な事態に

ベンティウにある病院で、重度の急性栄養不良の治療を受けている1歳の息子を抱く母親。

© UNICEF/UN067938/Hatcher-Moore

ベンティウにある病院で、重度の急性栄養不良の治療を受けている1歳の息子を抱く母親。

人々の命を守り生計を支える人道支援の規模を拡大するために、緊急により多くの資金が必要です。現在の支援レベルでは、5月から7月の間に約5万人の人々が大惨事(極限の食糧不足)に陥ることになると報告書は指摘します。人道支援が全く届かなければこの人数は26万人にものぼる可能性があります。

国内の全体的な状況が悪化し、人道支援が全く届かない状態が長期化すれば、すでに食糧不足の状態が高い地域では、飢饉が起こるリスクがあります。特にリスクが高い地域はユニティ州、ジョングレイ州、上ナイル州、およびレイク州です。

重度の栄養不良の子ども、86万人

ベンティウにある病院で、重度の急性栄養不良の治療を受けている1歳の息子を抱く母親。

© UNICEF/UN067936/Hatcher-Moore

栄養治療食(RUTF)を幼い子どもに与える母親たち。

多くの地域で深刻な栄養不良が続いており、重度の栄養不良に陥っている5歳未満児の数は約86万人にのぼります。しかし、国内のほとんどの地域で“lean season”には急性栄養不良に陥る子どもの数の増加が予想されます。

「和平プロセスの開始により、支援を必要としている人々へのアクセスが改善され、重度の栄養不良に陥っている子どもたちの治療が成果を見せており、治癒率は80%を超えています」とユニセフ・南スーダン事務所代表代理アンドレア・スレイ(Andrea Suley)は述べました。「しかし、私たちの栄養プログラムは必要な資金の88%にあたる5,540万米ドルが不足しています。すぐに資金が得られなければ、私たちが助けられるはずの子どもたちが亡くなる可能性があります」

ユニセフの支援

ユニセフは2019年に、200万人以上の子どもたちと彼らの母親に対して質の高い栄養サービスを提供する予定です。ユニセフは微量栄養素サプリメント、保健や水と衛生サービスや、急性栄養不良を予防するための乳児への適切な栄養や衛生習慣に関するカウンセリングを提供していきます。栄養サービスを必要としている子どもを早期発見し、重度の急性栄養不良の子どもたちにはすぐに口にすることができる栄養治療食(RUTF)を提供し治療します。ユニセフが対象としている女性と子どもに支援を提供するためには、さらなる資金が必要です。現在までに得られた資金では2019年4月までしか活動が出来ません。

 

* * *

公益財団法人日本ユニセフ協会(会長:赤松良子)は、2019年2月26日(火)14時00分より、ユニセフハウス(東京・品川)にて南スーダン人道危機の現地報告会を開催致します。

是非こちらからお申込みください。

【関連動画】


トップページへ先頭に戻る