メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

シリア北西部
暴力悪化、2週間で子ども12人死亡 医療や水の支援も困難に
ユニセフ事務局長声明

【2019年5月4日  ニューヨーク発】

シリア北西部で暴力が再燃し、子どもが犠牲になっていることを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、子どもを保護するよう求める以下の声明を発表しました。

* * *

暴力悪化、2週間で子ども12人死亡

On 16 January 2019 in the Syrian Arab Republic, twins Hasnaa and Hawraa are 9 months old. Together with their mother and two siblings, they fled violence in Susa village in Hajin sub-district of Deir-ez-Zor governorate, northeastern Syria.  The family made an arduous journey to Al-Hol camp around two weeks ago. “We were forced to displace a few times, but this time was the worst. I walked for 100 km, carrying my twins and watching over my other children,” says their mother, Halima. In February 2019 in the Syrian Arab Republic, despite a reported respite in violence in southeast Deir-ez-Zor, hundreds of families continue to flee to Al-Hol camp, around 300 kilometers to the north. Having lived without basic services for years and made the arduous journey to the camp, vulnerable children are in even more danger. The tented camp now hosts almost 50,000 internally displaced people, well beyond its capacity.  UNICEF is supporting four mobile health teams of doctors and nurses, as well as a fixed clinic, working around the clock in the camp and reception centers to provide children and mothers with much-needed healthcare services. The teams are screening children for malnutrition and common illnesses, providing necessary nutritional supplements and referring cases to hospitals in Hassakeh. More than 87 children are currently receiving treatment for severe acute malnutrition (SAM) and another 440 for moderate acute malnutrition (MAM).  UNICEF also supports families at Al-Hol through the provision of safe drinking water, the establishment of latrines, shower units and water tanks, the distribution of hygiene items and winter clothes for children and the establishment of child and adolescent friendly spaces and self-learning centres.

© UNICEF/UN0284902/Hasen

暴力が悪化したデリゾール県のハジンから、100km歩いてアルホル難民キャンプに到着した家族。(2019年1月撮影)

シリア北西部の非武装地帯とされている地域において暴力が激化しており、4月20日以降だけでも少なくとも12人の子どもが犠牲になりました。この4月の1カ月間に、暴力から逃れるために家を後にすることを余儀なくされた人の数は3万人を超えています。

最近、保健施設4カ所が攻撃を受け破壊されたために閉鎖され、何千人もの人々が命に関わる医療ケアを受けられない状態にあると報告されています。イドリブとハマでは、複数の学校も攻撃を受け損壊したと報告されています。

この数日間、武力衝突が激しくなったために、ハマ北部ならびにイドリブ南部で活動する私たちのパートナー団体は、安全な水や適切な衛生環境を提供するプログラムの中断を余儀なくされています。少なくとも5,500人がまったく水を得られない状況にあります。治安状況が改善しなければ、給水サービスは再開できません。

現地のユニセフチームはパートナー団体と協力して、人道支援活動にあたっていますが、武力衝突が終わらなければ、できる支援は限られています。私たちは、すべての紛争当事者ならびに彼らに影響力のある者に対して、いかなるときも子どもたちを保護するよう、あらためて強く求めます。子どもを殺害し、生涯残るけがを負わせることは、子どもの権利に対する甚大な侵害です。保健や水、教育関連施設などの社会インフラ施設は攻撃の対象ではなく、攻撃されてはならないのです。


トップページへ先頭に戻る