メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

シリア北西部
またも市民への攻撃、子ども7人死亡
今年に入って、子ども140人犠牲に ユニセフ事務局長声明

【2019年7月7日  ニューヨーク発】

シリア北西部における最近の暴力激化により、また子どもが犠牲になったことを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、子どもを保護するよう求める以下の声明を発表しました。

* * *

またも市民への攻撃、子ども7人死亡

On 3 June 2019 in the Syrian Arab Republic, families fleeing hostilities in Idlib set-up a makeshift camp in Aqrabat village, 45km north of Idlib City, near the Turkish border.  A baby rests with adults beneath a tree. As of 3 June 2019, the ongoing hostilities in the de-escalation zone in north western Syria have forced hundreds of thousands of people to leave their homes to safer areas. Most of them living outside camps and reception centres. This latest displacement follows months of rising violence in the area, which has reportedly left at least 134 children dead and more than 125,000 people internally displaced since the start of the year. Nearly 30 hospitals have come under attack and the spike in violence has forced some of UNICEF’s healthcare partners to suspend their lifesaving operations. Approximately 43,000 children are now out of school, while final exams in parts of Idlib have been postponed, thus affecting the education of 400,000 students. UNICEF’s partners are on the ground in the northwest, working to reach children and families with mobile health clinics, immunization and nutrition services, psychosocial support and water and sanitation supplies.

© UNICEF/UN0318504/Watad

暴力が激化するイドリブから逃れ、トルコ国境近くに設置された簡易キャンプで休む赤ちゃん。(2019年6月3日撮影)

昨日、シリア北西部のMhambel村が攻撃され、少なくとも7人の子どもの死亡が確認されました。報告によると、今回の犠牲者のほとんどは、これまでの度重なる武力衝突により、暮らしていたコミュニティを後にすることを余儀なくされた国内避難民でした。

今回の残虐行為は、この数週間にAl Wadihi、イドリブ南部、アレッポ北部およびハマ北部を含む地域で暴力が激化し、子どもの犠牲が増えている中で起こりました。今年に入ってシリア北西部で犠牲になった子どもは少なくとも140人にのぼります。

子どもたちの安全や幸福をあきらかに無視していることが明白なこれらの攻撃は非道そのものです。失われた幼い命と今も危険な地域に暮らすすべての子どもたちのことを思うと胸が痛みます。

すべての紛争当事者ならびに彼らに影響力を持つ者に対して、シリア北西部および全土の子どもたちを、これらの暴力から保護するよう強くそして明確に求めます。


トップページへ先頭に戻る