メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

シリア紛争9年
ユニセフ、インフォグラフ資料『SYRIA9』を発表
子どもたちへの甚大な影響、数値で可視化

【2020年3月19日  シリア発】

©UNICEF

「SYRIA 9」

平和的なデモに端を発したシリア紛争は、終わりが見えないまま9年が経過しました。

この間に紛争の中に生まれた子どもは480万人にのぼり、さらに100万人が、周辺国で生まれながらの難民として誕生しました。

戦闘、暴力、教育の途絶、保健・医療の崩壊、児童労働や児童婚。この紛争で最大の犠牲を払ってきたのは子どもたちであるとユニセフは訴えます。

紛争が10年目に入った3月15日、ユニセフは子どもたちへの甚大な影響をまとめたインフォグラフ資料『SYRIA9』を発表しました。

 

 

1.シリア紛争下で起きている、子どもに対する重大な権利侵害

  • 死亡した子ども:5,427人
  • 負傷した子ども:3,639人
インフォグラフ1:シリアでの子どもに対する重大な権利侵害

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ1:シリアでの子どもに対する重大な権利侵害(※クリックでダウンロード)

 

2.戦火に生まれた子どもたち

  • シリア紛争開始以降に生まれた子ども:約600万人
    • シリア国内:480万人
    • シリア周辺国:100万人
インフォグラフ2:戦下に生まれた子ども

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ2:戦下に生まれた子ども(※クリックでダウンロード)

 

3.避難を強いられる子どもたち

  • 国内避難民の子ども:260万人(2019年時点)
  • 周辺国で難民として暮らす子ども:250万人
インフォグラフ3:避難

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ3:避難(※クリックでダウンロード)

 

4.児童婚、児童労働、子どもの兵士

インフォグラフ4:生存のための究極の手段

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ4:生存のための究極の手段(※クリックでダウンロード)

 

5.教育への影響

  • 学校に通っていない子ども:280万人
インフォグラフ5:教育

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ5:教育(※クリックでダウンロード)

 

6.保健・栄養分野への影響

  • 約2万人の5歳未満児が栄養不良
インフォグラフ6:保健と栄養

©日本ユニセフ協会

インフォグラフ6:保健と栄養(※クリックでダウンロード)


トップページへ先頭に戻る