メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

新型コロナウイルス
ベネズエラに支援物資輸送 医療従事者や子ども向けの緊急キット

【2020年4月8日  カラカス(ベネズエラ)発】

ユニセフ(国連児童基金)が輸送した約90トンの支援物資が本日、ベネズエラの首都カラカスに到着しました。物資には、新型コロナウイルス(COVID-19)と最前線で闘う医療従事者向けの個人用防護具(PPE)キットが含まれています。

緊急キット、酸素濃縮器、小児用ベッドなどを届ける

カラカスの病院に到着した医療物資を確認する様子。(2020年4月2日撮影)

© UNICEF/UNI318349/Párraga

カラカスの病院に到着した医療物資を確認する様子。(2020年4月2日撮影)

また、必須医薬品や衛生物資を含む病院向けキット、最も弱い立場に置かれた子どもとより広い範囲でリスクのある人々をサポートするための教育およびレクリエーションキットも含まれます。

「COVID-19の発生以来、ユニセフが空路を通じてベネズエラに届けた最初の支援物資です」とユニセフ・ベネズエラ事務所代表のエルベ・ルドビック・デ・リスは述べました。「世界の皆さまの寛大なご支援により、ベネズエラの子どもたちとその家族に必要な物資を届けることができます。心より感謝を申し上げます」

支援物資には、11万人の人々に届ける基本的な緊急キット110セットが含まれています。また酸素濃縮器、小児用ベッド、およびCOVID-19の感染疑いのある2万8,000人の患者の検査を可能にするPPEキット約1,000個も含まれます。

パンデミックにより、ベネズエラにおけるすでに不安定だった状況がさらに悪化しています。他国に移住したベネズエラ人の帰還も確認されています。

46カ所中優先度の高い14カ所の軍病院での保健および水と衛生に関するユニセフの支援は、ベネズエラでのCOVID-19のパンデミックに対する国連対応計画の枠組みの中で行われています。ユニセフはまた、毎日2万7,000人の子どもを対象とした給食活動を通じて、外来センターや学校などを支援しています。

子どもや女性の安全を守り、支援を届けるために

支援物資のポスターを広げて確認する様子。(2020年4月2日撮影)

© UNICEF/UNI318355/Párraga

支援物資のポスターを広げて確認する様子。(2020年4月2日撮影)

COVID-19の感染が発生して以降、ユニセフは約700kgの不可欠な医療物資や衛生用品、清潔な水を多くの人々に届けてきました。さらに病院や一次医療施設など公共の場での感染防止を促進するため、リスクコミュニケーションとコミュニティへの関与(RCCE)に関する資料を提供するとともに、国の遠隔教育プログラムに参加する団体を支援しています。

また、「家にいよう(Stay at Home)」、「手をあらおう(Wash your Hands)」やその他社会的距離を保つためのコミュニケーションなど、身を守るための大切なメッセージを発信するキャンペーンの一環として、全国の携帯電話サービスを通じて毎日900万人にメッセージを届けています。

ユニセフは、人々の命を守るために、統合的かつ多角的なアプローチに継続して取り組みます。

ユニセフは、ベネズエラで最も弱い立場に置かれた子どもや女性の安全を守り、支援を届けるため、国際社会に対し、COVID-19対応のための890万米ドルを含む、合計1億6,190万米ドルの支援を求めています。


トップページへ先頭に戻る