メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

太平洋地域・サイクロン
新型コロナウイルス対応最中の災害 道路損壊、ボートで支援物資輸送

【2020年4月24日  スバ(フィジー)発】

太平洋諸島のソロモン諸島、バヌアツ、フィジー、トンガを通過したカテゴリー5のサイクロン・ハロルドは、民家、学校、診療所、さらに作物や給水設備など広範囲に損害を与えており、被災地域の何千人もの子どもたちが、今も緊急支援を必要としています。

新型コロナウイルス対応最中の災害

サイクロン・ハロルドの被害を受けた自宅の後片付けをする4歳のニッキーちゃん。(バヌアツ)

© UNICEF/UNI321252/Shing

サイクロン・ハロルドの被害を受けた自宅の後片付けをする4歳のニッキーちゃん。(バヌアツ)

ユニセフ(国連児童基金)は、バヌアツ、フィジー、ソロモン諸島で、最も困窮している子どもたちに支援を届けるため、政府の対応を支援する一方、新型コロナウイルス(COVID-19)拡大防止のための準備と対応にあたってはさらなる課題に直面しています。

「COVID-19による危機と、カテゴリー5のサイクロンによる災害が、同時に起きてしまいました。これ以上に厳しい状況はないでしょう。しかし、私たちは支援をするためにここにいます。私たちの仕事はかつてないほど重要であり、この二重の緊急事態の影響を受けるすべてのコミュニティ、特に子どもたちを最優先に、引き続き活動していきます」と、ユニセフ太平洋事務所代表シェルドン・ヤッテ(Sheldon Yett)は述べました。

サイクロンは地域全体に大規模な被害をもたらし、31人の命を奪いました。最大の影響を受けたのはバヌアツで、最も甚大な被害があった地域には国内の人口の3分の1以上と2万人以上の子どもたちが暮らしています。サンマ州だけでも、住民の約90%が家を失い、学校の60%が損傷しました。

バヌアツでは、地理的状況や物流の問題で、保健サービスへのアクセスには、平常時でも困難があります。今回の災害によって道路が破壊され保健施設が損傷したことによって、アクセスはさらに困難となり、多くの妊婦が自宅での出産を余儀なくされています。

COVID-19のパンデミックによって特に困難が増すなか、地元当局は、緊急支援活動を展開しています。

道路損壊、ボートで支援物資輸送

被害を受けたメルシシ保健センター。(バヌアツ、2020年4月13日撮影)

© UNICEF/UNI323274/Shing

被害を受けたメルシシ保健センター。(バヌアツ、2020年4月13日撮影)

ユニセフは、オーストラリア政府や欧州連合(EU)から物資輸送支援を受け、太平洋諸国政府と協力しながら、災害によって最も困難な状況にある子どもたちの元へ支援を届けています。道路の破壊と洪水のため、今も多くのコミュニティが支援を受けられずにいることから、バヌアツで最も被害を受けたサント島とペンテコスト島を含む複数のコミュニティに向けて、ボートによる物資輸送も行っています。

ユニセフは、石けん、水容器、バケツなどを含む、水と衛生分野の支援物資を提供することで、水関連インフラのほとんどが破壊された今も、子どもたちや家族が清潔な飲料水を利用できるようにしています。また、重要な医療ケアを提供できるよう、基本的な医薬品、医療用物資、医療機器を含む緊急保健・助産キットも支援しています。

さらに、ユニセフはコミュニティに対し、子どもたちの学習ニーズに応え、できるだけ早く日常の感覚を取り戻すことができるよう、本、鉛筆などの教材・学用品が入ったスクール・イン・ア・ボックスや幼稚園キットを提供し続けています。コミュニティに提供しているテントや防水シートも、子どもたちの学習の再開や人々の緊急避難所として役立つでしょう。


トップページへ先頭に戻る