メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

中央アフリカ共和国
子どもたちを狙った残虐な暴力が増加 紛争再燃、人道アクセス制限も

【2017年7月18日  バンギ(中央アフリカ共和国)/ダカール(セネガル)/ニューヨーク/ジュネーブ発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、過去数カ月の間に中央アフリカ共和国で再燃した紛争が、子どもの殺害、拉致、強姦、武装グループによる徴用など子どもたちへの暴力の増加を引き起こしているとして、警鐘を鳴らしました。

子どもたちを狙った残虐な暴力が増加

Children associated with the anti-Balaka militia take part in a release ceremony in in Bambari in the Central African Republic. On 14 May 2015 in Central African Republic, more than 300 children, including several under 12 years old, have been released from armed groups in Bambari following a UNICEF-facilitated agreement by the groups’ leaders to free all children in their ranks.  Three separate ceremonies were held near the town of Bambari during which 357 children were released by anti-Balaka militias and the ex-Seleka armed group. The agreement by the leaders of CAR’s 10 armed groups to release children in their ranks was signed during a reconciliation forum held in the capital Bangui last week as the result of a collaboration between UNICEF, the United Nations Multidimensional Integrated Stabilization Mission in the Central African Republic (MINUSCA) and the Government of the Central African Republic. UNICEF and partners have begun efforts to provide psychosocial support and to reunify the children with their families, and will be supporting their reintegration into their communities. The children received medical screenings and had the opportunity to speak with trained social workers. When security conditions permit, children with relatives in the area will be reunited with their families while others will be placed with foster-caregivers until their families can be traced. UNICEF estimates that between 6,000 and 10,000 children are currently connected with the country’s armed factions. This figure includes children serving as combatants, others who are being used for sexual purposes, and those working as cooks, messengers and in other roles. The agreement also commits the groups to ending additional recruitment of children and gives UNICEF and its partners immediate and unrestricted access to the areas under the groups’ control in order to identify and verify the number of affected children and to secure their release.

© UNICEF/UNI184722/Le Du

武装勢力から解放され、解放の式典に参加する子どもたち。(2015年5月撮影)

ユニセフは、過去3カ月間における残虐な行為の被害で苦しむ子どもの実際の数は、多くの地域が治安上の理由で人道アクセスが厳しく制限されているために、公式に報告されている数よりはるかに多いことがほぼ確実だと述べました。アクセスの制限は、人道支援従事者による報告及び被害者を支援する能力を大幅に低下させます。それにもかかわらず、ユニセフが5月以降に収集した情報によると、武装グループが村や町を攻撃する際、頻繁に子どもたちを攻撃の対象としていることが示唆されています。

「過去3年間に中央アフリカ共和国全土を襲った暴力の影響を、過度に被っているのは子どもたちです」とユニセフ・中央アフリカ共和国事務所代表のクリスティーン・ムヒガナは述べました。「武装グループや紛争当事者は、子どもたちの権利への明らかな侵害を止めて、子どもたちの安全を確保するためにあらゆる努力をしなければなりません」

5月と6月に暴力が再燃した際、東部のブリア(Bria)で、武装グループの戦闘員により9歳から16歳の女の子14人が強姦されました。避難所に身を寄せる女の子たちが、自宅に持ち物を取りに戻る道中で起きた出来事です。

多くの性的暴力罪が、依然として報告されません。

5月に、南東部のバンガソウ(Bangassou)では、コンゴ民主主義共和国に逃れるために川を渡ろうとしていた2歳から16歳の子ども5人が殺されました。同月、ベルベラティ(Berberati)近くの村では、13歳から17歳の男の子8人が拉致されました。拉致したグループは、そのうちの1人を殺害し、他の子どもたちの解放の条件として身代金を要求しました。

このような残虐な犯罪に加えて、暴力的な紛争の激化や武装グループによる武力行為によって、何千人もの子どもたちが、教育を受けて健やかに成長するという最も基本的な人権を奪われています。治安悪化のために学校が閉鎖され、全国で推定9万4,000人の小学校に通う児童が、学年末テストを受けられませんでした。さらに、多くの保健センターが武装グループの略奪に遭い、閉鎖に追い込まれ、子どもたちが必要とする基本的なケアや定期的な予防接種を提供できなくなっています。


トップページへ先頭に戻る