メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ラテンアメリカ・カリブ海地域
大型ハリケーンと巨大地震の深刻な被害
子どもたちの心のケアが急務 ユニセフ、緊急支援に1,810万米ドル要請

【2017年9月27日  パナマシティ(パナマ)/ ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は、一連の自然災害により深刻な被害を受けたラテンアメリカとカリブ海地域への人道支援を規模拡大して行っています。

絶え間なく襲う自然災害

Anastasia Chairet, 7, crosses an improvised wooden bridge which she built after Hurricane Irma caused severe damaged in the Five Cays' settlement of Providenciales, in the Turks and Caicos Islands, Saturday 16 September 2017. “I did this bridge myself so people can cross without getting wet,” explains Anastasia, with a cheeky smile. “I know every place and every one around here. Sadly, after the storm everything is a bit smelly,” she says wrinkling her nose. The aftermath of Hurricane Irma, a category five hurricane that hit the Caribbean between Wednesday 6 September and Sunday 10 September, is putting the well-being of hundreds of thousands of children in the Caribbean in danger. The extent of the devastation to Cuba and islands in the Eastern Caribbean is beginning to become clearer as rapid assessments are underway. With high winds, heavy rain and storm surges, Irma caused widespread damage to homes, schools, health centers and basic infrastructure across the region. Needs assessments are underway across all the islands affected by Hurricane Irma. UNICEF staff are on the ground, working in close coordination with government and implementing partners, evaluating the most urgent needs for children and adolescents. As of 14 September 2017, 132 schools are potentially affected in Anguilla, Barbuda, British Virgin Islands and Turks and Caicos islands.

© UNICEF/UN0122368/Moreno Gonzalez

近所の人たちが濡れないよう、橋を作った7歳のアナスタシアちゃん。(タークス・カイコス諸島)2017年9月16日撮影

「今年9月、ラテンアメリカとカリブ海地域は、いくつもの大規模な自然災害に見舞われました」とユニセフ本部緊急支援副局長のグラント・レイティは述べました。「大西洋では記録史上最大のハリケーン『イルマ』を含む4つのハリケーンが連続して発生し、2つの巨大地震がメキシコを襲うなど、この数週間は自然災害に絶え間なく襲われました」

この1カ月の間に、カテゴリー3以上の大型ハリケーンが4回、大西洋とカリブ海地域を引っ掻き回しました。イルマ、ホセ、カティアとマリアの4つの嵐はカリブ海地域および中米・北米大陸にも、深刻な被害を及ぼし、何百万の人々の生活を滅茶苦茶にし、何十万もの人々が家を失い避難を余儀なくされました。

メキシコでは12日間に2回の巨大地震が発生し、メキシコ中央部の広範囲で損傷・損壊の被害に見舞われました。被災地ではその後も4,000回以上の余震が続き、9月23日にはマグニチュード6.1の地震を記録しました。被災地には、700万人にのぼる子どもたちが暮らしています。何千人もが家を失い、基本的サービスを受けられずにいます。

子どもたちの心のケアが急務

木に結びつけて作ったブランコで遊ぶ姉妹。(アンギラ)2017年9月11日撮影

© UNICEF/UN0120821/English

木に結びつけて作ったブランコで遊ぶ姉妹。(アンギラ)2017年9月11日撮影

ユニセフは地域全域で、弱い立場にある子どもたちへの保護、水と衛生、保健および教育の分野における緊急支援を急遽規模を拡大して実施しています。

「このような、心に深い傷を負うような体験をした子どもたちに、必要な心理社会的なケアを提供することが絶対的に必要です」と、今週ユニセフの緊急支援を視察するためにユニセフ・オペレーションセンターを訪問したユニセフ・メキシコ親善大使のタリアは述べました。「ユニセフは子どもにやさしい空間を通して、子どもたちが安心して遊び、学び、そして心の傷を癒し始めることが出来る環境を提供しています」

メキシコの地震の被災地で、ユニセフはパートナー団体と協力して、仮設教室の設置、学校安全ガイドラインの推進、教員を対象とした心理社会的ケアに関する研修、教員や養育者向けの学用品および幼稚園キットの提供を支援しています。

ハリケーンの被害を受けた子どもたちと家族に対しては、ユニセフはパートナー団体および自治政府と協力して安全な水と衛生用品の提供、子どもたちへの心理社会的ケアの提供、そして子どもたちを一日でも早く教育を受けられる環境に戻すための支援を行っています。

ユニセフは、メキシコ、キューバ、東カリブ海地域およびハイチにおける被災した人々への人道支援に必要な資金として、1,810万米ドルを要請しています。

 

* * *

 

自然災害の影響を受ける子どもたちに、緊急・復興支援活動を行うユニセフの活動を支えるため、日本ユニセフ協会は『自然災害緊急募金』を受け付けています。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る