メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ナイジェリア北東部
ボコ・ハラム危機の影響で学校再開困難 ボルノ州、学校半数以上が閉鎖のまま
教育支援を待つ子ども300万人

【2017年9月29日  マイドゥグリ(ナイジェリア)、 ダカール(セネガル)、ニューヨーク発】

ボコ・ハラムによる暴力の影響により危機的状態にあるナイジェリア北東部において、特に被害の大きいボルノ州では、新学年が始まる時期であるにも関わらず57%以上の学校が閉鎖したままです。

ボコ・ハラム危機の影響で学校再開困難

[Draft caption] Children attend school in the town of Banki, which was recaptured by the Nigerian military in 2015 from Boko Haram, in Banki, Nigeria, 28 September 2017. For more than 8-years, Boko Haram related violence has devastated the lives of families and in particular children across northeast Nigeria. Nearly 1 million children have been displaced by the crisis and around 20,000 people killed, amid horrific violations of child rights. Children who have been killed, maimed and abducted, widespread sexual violence and the forcible recruitment of women and children as ‘human bombs’.  Attacks on children, as well as children forced to carry out attacks, are so common that they are almost expected or accepted as part of the conflict.  UNICEF’s Deputy Executive Director, Justin Forsyth, visits Maiduguri, northeast Nigeria, from 27 September to 29 September 2017. On the trip, Forsyth visited a UNICEF supported clinic, providing inpatient therapeutic care in Maiduguri town. The clinic is providing critical support to children affected by severe acute malnutrition, including an intensive care unit. With Maiduguri hosting so many displaced persons, there is a serious strain on health services. Forsyth met a one month old boy who had been left in a bag by the roadside. Some people thought the baby was a bomb. However, Aisha a mother of seven other children realized it was a baby and rushed the boy, who is now named Mohamed, to the clinic. She is now the surrogate mother.    Banki on the border with Cameroon, has been almost been completely destroyed and now houses thousands of displaced persons who have gathered at a camp for their own safety and to access basic services. In Banki, Forsyth went to a UNICEF supported primary health care clinic that is helping to treat children with severe acute malnutrition, saving many lives. He also sat in on a class at a temporary school set up to provide some opportunities for children to resume school and have some fun a

© UNICEF/UN0126108/Bindra

ボコ・ハラムから解放され、学校に通う子どもたち。 (2017年9月28日撮影)

2009年に暴力が始まって以来、北東部全域で2,295人を超える教員が殺され、1万9,000人の教員が避難を強いられました。約1,400校の学校が破壊され、その半数以上は損傷がひどく、また治安が悪い地域にあるために開校できない状態にあります。300万人の子どもたちが緊急に教育支援を必要としていると推定されます。

「ナイジェリア北東部の子どもたちは、とてつもない恐怖の中で生きています」と、北東部の危機の中心地であるマイドゥグリを3日間にわたって訪問したユニセフ事務局次長ジャスティン・ フォーサイスは述べました。「破壊的な影響を及ぼす栄養不良、暴力、そしてコレラの流行に加えて、学校への攻撃は、失われた世代の子どもたちを生み出す恐れがあり、彼らの未来と国の将来を脅かします」

ボルノ州の避難民キャンプで暮らす子どもたちの中には、生まれて初めて教育を受けている子どもがいます。例えば、マイドゥグリの郊外にあるムナ・ガレージ避難民キャンプでは、初めて学校に通う子どもが90%に上ると推定されます。

ナイジェリア北東部で被害が最も大きい3州において、ユニセフはパートナー団体と協力して350カ所の仮設学習スペースを設置し、子どもたちが教育を受けやすくするための学用品約94,000パックを提供して、今年約75万人近くの子どもたちが学校に通えるようにしました。ユニセフはまた、学校や教室を修復し、将来的により強力な教育システムを構築するために教員の研修を行っています。

国内避難民キャンプで手を洗う親子。 (2017年7月28日撮影)

© UNICEF/UN0119013/Sokhin

国内避難民キャンプで手を洗う親子。 (2017年7月28日撮影)

今日までに、危機により避難を余儀なくされた子どもは100万人近くにのぼり、今年重度の栄養不良に陥ると推定される5歳未満の子どもは45万人います。今年すでに100件近く発生している自爆攻撃への子どもの使用は、北東部のコミュニティ間の不信感を植え付け、コレラ流行の影響を受けている人は、2,450人以上の子どもを含め3,900人以上にのぼります。


トップページへ先頭に戻る