メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

シリア・東グータ
包囲下の40万人、うち半数が子ども
ユニセフの支援物資トラック6台到着 無制限かつ継続的な人道支援の許可求める

【2017年10月31日  アンマン(ヨルダン)発】

ユニセフ(国連児童基金)は昨日、包囲された状態が続くダマスカス郊外の東グータ地区の2つの町(Kafr Batnaおよび Saqba)に向けた国連の人道支援物資輸送の一部として、子どもたちへの物資を届けました。

包囲下の40万人、うち半数が子ども

A child carries nutritional supplements which he received after being examined by health workers at a mobile health clinic in the Al-Hilwanieh neighbourhood of eastern Aleppo, Syrian Arab Republic, Wednesday 14 June 2017. With no functioning public health centers in eastern Aleppo as of July 2017 and little cash among families who are returning to pay for private healthcare, UNICEF-supported mobile health clinics provide essential primary health services free of charge. Every day at nine in the morning, 25 health workers in seven trucks start their journey through the streets of east Aleppo. In order to reach as many people as possible, the trucks park close to crowded bread distribution points. The seven clinics-on-wheels treat more than 400 children and women every day for common illnesses, providing medicine and immunization services, as well as micronutrients and nutritional supplements to treat and prevent malnutrition.  “The most common cases we see are related to malnutrition, diarrhoea and water-borne diseases,” says Dr. Kamal who works in one of the UNICEF-supported mobile clinics. “Living amidst the rubble, combined with a general lack of safe water, means hygiene conditions in the area have worsened, causing more children to fall ill,” he added. As more people return to the area, there is increasing demand for health services. “Although we come here every day for 6 hours, we barely stop work for one minute. We see one child or mother every 10 minutes while dozens of others are lining up outside in the scorching heat,” said Siba, a nurse at one of the clinics. To help prevent malnutrition, a team of community volunteers also accompanies the mobile health clinic, passing on information to mothers and answering questions on how to provide more nutritious diets for their young children. “During one-on-one sessions with mothers, we hear all kinds of dreadful stories. Many women have lost their husbands and are facing the world alone,” s

© UNICEF/UN071674/Al-Issa

保健員の診察を受け、栄養補助剤を受け取った男の子。(アレッポ東部)2017年7月撮影

ユニセフの人道支援物資を載せたトラック6台が、国連の車列に加わりました。ユニセフのトラックに積まれた支援物資には、経口補水塩、子どものための医薬品とビタミン剤、助産キットおよび小児科キットなどの保健医療資材が含まれます。また、家庭用衛生キット、栄養補助剤や高カロリービスケットも含まれています。

2013年中頃に包囲が始まった東グータには、依然として40万人近くの人々が残されており、ユニセフは子どもが半数を占めると推定しています。この地区の人道的ニーズは増え続けています。国連とユニセフが最後に東グータに支援を届けられたのは9月です。

2017年は、東グータへの人道支援が極端に制限され、食品などの日用品の価格の高騰が起きています。生活の糧が深刻なまでに枯渇し、避難生活や治安の悪化により脆弱性が深刻化しています。安全な水や基本的衛生用品を得ることが困難な状態は、子どもを病気に罹りやすくします。

東グータの人道状況の悪化は、子どもたちと母親たちの健康状態を危険に晒しています。「包囲された東グータ地区の町々での過酷な生活環境は、子どもたちと母親たちに最も影響を与えています」と物資輸送に同行したユニセフ・シリア事務所代表のフラン・エクイザ(Fran Equiza)は述べました。

無制限かつ継続的な人道支援の許可求める

栄養不良の検査を受ける子ども。 (東グータ)2017年10月30日撮影

© UNICEF/UN0142212/Tom/OCHA

栄養不良の検査を受ける子ども。 (東グータ)2017年10月30日撮影

2017年初頭からこれまでに、ユニセフが東グータに支援物資を届けられたのは6回のみです。昨年は、ユニセフは国連の人道支援輸送に10回参加することができました。

ユニセフは、今回の人道支援の機会を歓迎するものの、支援を必要とするシリア全土の子どもたちに対するより多くの人道支援が許可されなければなりません。ユニセフは、国のどの地域に暮らしていようとも、すべての子どもたちに無制限で安全な継続的な支援ができるよう、紛争当事者すべてに対して引き続き求めます。

ユニセフは東グータの市民に対する暴力が増加していることを憂慮しています。ユニセフは、すべての紛争当事者に対して、紛争時においても常に子どもを保護するよう重ねて求めます。医療施設や教育施設を含む一般市民の生活インフラは、絶対攻撃されてはなりません。


トップページへ先頭に戻る