メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ロヒンギャ難民危機/バングラデシュ
7.5%が命に関わる重度栄養不良
栄養不良率は半年で2倍 追加調査で子どもの栄養状態把握へ

【2017年11月3日  ジュネーブ/コックスバザール(バングラデシュ)/ニューヨーク発】

バングラデシュ南東部のコックスバザールにあるKutupalong難民キャンプで先週実施された栄養調査によると、ロヒンギャの子どもたちの7.5%が生死にかかわる重度の急性栄養不良で、その割合は今年の5月時点と比べ2倍に増えている、とユニセフ(国連児童基金)は今日発表しました。

長い旅路とキャンプの生活環境によって悪化

A mother receives nutritional advice as her child is fed at a newly opened UNICEF-supported nutrition centre in a remote part of the Uchiprang refugee camp, near Cox's Bazar, Bangladesh, Saturday 21 October 2017. As at 20 October 2017, well over half a million Rohingya people have crossed into Bangladesh’s southern district of Cox’s Bazaar since late August after escaping horrific violence in neighbouring Myanmar. They have joined some 200,000 others who came in earlier refugee influxes. Almost 60 per cent of the latest arrivals are children, crossing at a rate of between 1,200 and 1,800 per day.  High levels of severe acute malnutrition among young children have been found in the camps, and antenatal services to mothers and babies are lacking. Support for children traumatised by violence also needs to be expanded. Expanding the provision of safe water, sanitation and improved hygiene for Rohingya children is the top priority, amid concerns over a possible outbreak of diarrhea and other waterborne diseases. Most Rohingya children are not fully immunized against diseases such as measles. UNICEF is also focused on providing Rohingya children with learning and support services in child-friendly spaces, and working with our partners to address gender-based violence. UNICEF is calling for an end to the atrocities targeting civilians in Myanmar’s Rakhine State, and for humanitarian actors to be given immediate and unfettered access to all children affected by the violence there.  At present, UNICEF has no access to Rohingya children in Northern Rakhine State. At the end of September 2017, UNICEF announced that it is planning to establish more than 1,300 new learning centres for Rohingya children who have fled Myanmar to neighbouring Bangladesh. UNICEF is running 182 learning centres in Rohingya camps and makeshift settlements in Cox’s Bazar, and has enrolled 15,000 children. It plans to increase the number of learning centres to 1,500, to reach 200,000 children

© UNICEF/UN0141020/LeMoyne

子どもの栄養に関するアドバイスを受ける母親。(2017年10月21日撮影)

「キャンプで暮らしているロヒンギャの子どもたちは、ミャンマーのラカイン州北部での恐ろしい体験と危険な旅を生き抜いてきた子どもたちで、すでに惨事の中で苦しんでいるのです」とユニセフ・バングラデシュ事務所代表エドゥアルド・ベイグベデルは述べました。「特に重度の栄養不良に陥っている子どもたちは今、予防や治療が十分に可能な要因によって、命を落としてしまう危険に晒されています」

ラカイン州北部の子どもたちの間の栄養不良率は、すでに緊急事態を指す基準値を超えていました。こうした子どもたちの状況は、国境を越える長い旅路とキャンプの生活環境によってさらに悪化しました。現在およそ2万6,000人が暮らすKutupalongキャンプは、食料も水も圧倒的に不足し、不衛生な生活環境、下痢や呼吸器系感染症の感染率の高さにも直面しています。はしかの症例も報告されています。

Kutupalong難民キャンプでの栄養調査は、ラカイン州北部で暴力が激化した8月25日以前に到着していた難民と以後に到着した難民と双方合わせて405世帯を対象に、10月22日から28日にかけて実施されました。

11月には、他の場所で2回の追加調査が予定されており、そのうちの1回は仮設居住区で行われる予定です。この3回の調査の結果によって、今後数カ月間に重度の急性栄養不良に陥る子どもの数を推定でき、緊急支援の指針となるでしょう。

予防接種と栄養検査キャンペーンの実施

ユニセフが支援する治療センターで、子どもの体重を計る様子。(2017年10月21日撮影)

© UNICEF/UN0141025/LeMoyne

ユニセフが支援する治療センターで、子どもの体重を計る様子。(2017年10月21日撮影)

ユニセフはパートナー団体とともに、15カ所の治療センターで、2,000人以上の急性栄養不良の子どもたちを治療しており、さらに6カ所にセンターの新設を進めています。ユニセフはまた、保健分野のパートナーと協力して下痢や肺炎の子どもを見つけて治療しており、今月は予防接種と栄養検査キャンペーンを予定しています。

ベイグベデルは、「この非常に厳しい状況に置かれている子どもたちを治療し保護するために、人道支援機関はさらに多くのことを為さなければなりません。危機に対する関心を高める必要がありますし、さらに多くの活動資金も必要です。子どもたちは、今すぐにも、支援を必要としているのです」と強調しました。

ロヒンギャ危機への対応に国連全体で必要とされる4億3,400万米ドルのうち、現在までに集まった資金は32%に留まっています。


トップページへ先頭に戻る