シリア・東グータ:続く暴力と包囲、保健システムほぼ崩壊 緊急治療要する子ども137人足止め、5人死亡 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

シリア・東グータ
続く暴力と包囲、保健システムほぼ崩壊 緊急治療要する子ども137人足止め、5人死亡
ユニセフ、人道支援と緊急医療搬送の許可要請

【2017年12月10日  ダマスカス(シリア)/ アンマン(ヨルダン)発】

シリアの首都ダマスカスから10キロほど離れた東グータでは暴力が続いており、ひと月以上、地域の大半の学校が閉鎖され、治療を受けられる場所への医療搬送を必要とする多くの子どもたちが足止めされています。

保健システムほぼ崩壊,続く学校閉鎖

Ahmad, 9, in class at Maysaloon school, Eastern Aleppo. Ahmad is forced to work to support his family.

© UNICEF/UN0145447/Charbonneau

学校に通いながら、家族を支えるために働く9歳のアフマド君。(アレッポ東部)2017年11月8日撮影

腎不全、重度の栄養不良、紛争に関連したけがを抱える生後7カ月から17歳の子ども137人が、緊急の医療搬送を必要としています。子ども5人が必要な医療ケアを受けられずに亡くなったと報告されています。

東グータは、シリアで依然として包囲が続く地区のひとつで、推定40万人が、2013年以来、人道支援からほぼ完全に切り離された状態で暮らしています。

「東グータでの暴力が激化し続ける中、何千人もの子どもたちが静かに苦痛に耐えています」とユニセフ・ シリア事務所代表のフラン・エクイザ(Fran Equiza)は述べました。「状況は、日々悪化しています。保健システムは崩壊しつつあり、学校は1カ月近く閉鎖されています。病気の子どもたちは医療搬送を切実に必要としており、また何千人もの子どもが普通の平和な子ども時代を生きる機会を奪われています」

緊急治療要する子どもたち

栄養不良の検査を受ける子ども。(東グータ)2017年10月30日撮影

© UNICEF/UN0142211/Tom/OCHA

栄養不良の検査を受ける子ども。(東グータ)2017年10月30日撮影

国連の支援物資を載せた車列が、最後に東グータのナシャビエ(Nashabieh)に入ったのは11月29日で、その際に現地入りしたユニセフの保健員たちは、シリア紛争の勃発以降、最悪の保健・栄養状況を目撃していると話しました。重度の栄養不良状態にある2歳の男の子の腕は、小指のように細かったと説明しました。

東グータで急性栄養不良に陥っている5歳未満児の割合は12%近くにのぼり、シリア紛争勃発以降、最も高い割合になっています。

「子どもたちは、今もとてつもない恐怖の中を生きています」とエクイザは話します。「今こそ、すべての紛争当事者たちが、正しいことをし、暴力を終わらせるときです」

首都ダマスカスと東グータでは暴力が激化しており、ダマスカスに撃ちこまれるロケット弾や迫撃砲の数はこの6週間で著しく増えています。

シリアの学齢期の子どものほぼ3人に1人にあたる175万人が学校に通えていないと推定され、学校校舎の3分の1が損傷または破壊されています。

ユニセフは、シリアの子どもたちに対して、妨害されることのない、無制限かつ継続的な人道支援ができるよう要請するとともに、すべての紛争当事者と影響力のある人たちに対して、いかなるときでも子どもを保護し、早急に病人やけが人の医療搬送を許可するよう求めます。


トップページへ先頭に戻る