元旦に生まれる赤ちゃん、約38万6千人 2016年の新生児(生後1カ月以内)死亡は260万人 すべての子どもが生き抜ける世界へ、ユニセフ新たな決意 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

元旦に生まれる赤ちゃん、約38万6千人
2016年の新生児(生後1カ月以内)死亡は260万人
すべての子どもが生き抜ける世界へ、ユニセフ新たな決意 「Every Child Alive」
赤ちゃんを守ろう世界キャンペーン開始

【2018年1月1日  ニューヨーク発】

2018年の元旦、世界で約38万6,000人の赤ちゃんが誕生するだろうと、ユニセフ(国連児童基金)は本日述べました。そしてその9割を超える子どもたちは、発展途上地域で生まれるとされています。

元旦に生まれる赤ちゃん

Pranjali, ten-days old baby girl of  Sarvinda Sundarkar, 24 Years, delivered at Primary Health Center in Visora village District Gadchiroli, Maharashtra. UNICEF is supporting Government of India in bringing down the neo-natal mortality and to save the lives of newborns and mothers in the High Priority District of Gadchiroli, Maharashtra. Photo: UNICEF India/2017/Ashutosh Sharma

© UNICEF/UN076876/Sharma

生後10カ月の女の子。(インド)2017年7月撮影

2018年最初の赤ちゃんはキリバス共和国のクリスマス島で生まれ、同日最後の赤ちゃんは米国で生まれることになるでしょう。この日世界で生まれる赤ちゃんの半数以上は、以下の9カ国で生まれると推定されています。

インド:69,070人、中国: 44,760人、ナイジェリア: 20,210人、パキスタン: 14,910人、インドネシア: 13,370人、アメリカ: 11,280人、コンゴ民主共和国:9,400人、エチオピア: 9,020人、バングラデシュ: 8,370人

多くの赤ちゃんが生き残る中で、生まれたその日を生き抜くことのできない赤ちゃんもいるでしょう。2016年、毎日推定2,600人の子どもが、生後24時間以内に亡くなりました。約200万人の新生児にとって、生後第1週目が人生最後の週になりました。合計すると、260万人もの子どもが、生まれて1カ月経たないうちに命を落としたのです。これらの子どもたちの8割以上は、予防や治療が可能な原因、すなわち早産、出産時の合併症、敗血症や肺炎などの感染症を理由に亡くなっています。

「ユニセフの新年の決意は、すべての子どもが、1時間以上、1日以上、1カ月以上長く生き、生き抜いて成長していけるよう支えること」とユニセフ本部保健部長のステファン・ピーターソンは述べました。「政府やパートナー団体に呼びかけ、数百万人もの子どもの命を守るために、実績のある、低費用の解決方法を用いて取り組んでいきます」

この20年間で世界の子どもの生存率は大きく上昇し、5歳未満児の死亡数は2016年で年間560万人にまで削減されました。しかし、新生児の生存率の向上は遅く、5歳未満児死亡数の46%は生まれてひと月目に生じています。

赤ちゃんを守ろう世界キャンペーン開始

肺炎にかかった赤ちゃんを抱く母親。(エチオピア)2014年9月撮影

© UNICEF/UNI169764/Clark

肺炎にかかった赤ちゃんを抱く母親。(エチオピア)2014年9月撮影

来月、ユニセフは「Every Child Alive」と題する赤ちゃんを守るための世界キャンペーンを開始し、支払える費用で、質の高い保健医療サービスをすべての母親と新生児に届けることを訴え、かつ、実行します。これには、保健施設での安全な水や電気の安定した供給、専門の技能を持つ保健スタッフの出産立会い、へその緒の消毒、生まれて1時間以内の授乳、母子の早期の肌と肌のふれあいが含まれます。

「世界のすべての赤ちゃんが22世紀の世界を見る機会を持つべき時代に入っています」とピーターソンは述べました。「しかし残念ながら、今年生まれる約半数の子どもたちはそれが叶わないでしょう。2018年1月にスウェーデンで生まれる子どもは2100年まで生きる可能性が高い一方で、ソマリアで生まれる子どもは2075年を超えて生きる可能性が低いのです」

 

* * *

 

■ 各国の出生数と余命に関するデータ(日本含む)は、こちらよりダウンロード頂けます。

※推定出生数および平均余命は、『国際連合世界人口予測 2017年改訂版』の指標をもとに、World Data Lab (WDL) による計算方法を用いて算出。


トップページへ先頭に戻る